滋賀TOP楽器屋さんは馬頭琴の買取を行っています。

馬頭琴の買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

馬頭琴高価買取

不要な馬頭琴はぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

関西エリア 店頭買取

楽器買取専門店 京都TOP楽器買取屋さん桂本店
京都市西京区上桂三ノ宮町54-1

滋賀のTOP楽器屋さんは馬頭琴を買取中。

滋賀TOP

滋賀の馬頭琴買取は滋賀TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

滋賀県楽器買取センターは滋賀県安曇川に買取センターがあり、滋賀県全域に出張買取を受け付けてます。 滋賀県買取センターは店舗買取はできないですが、お客様のご自宅までスタッフが査定に伺います。 宅配買取もありますので自宅で売却するのに特化した楽器買取センターになります。 大津市のお客様はもちろんの事、草津市や長浜市のお客様でも出張買取ができるのが滋賀県楽器買取センターの強みになります。 滋賀県のお客様で楽器をできるだけ高く売りたい方いましたら、まずは電話査定からでもお問い合わせください。 また、滋賀県楽器買取センターでは和楽器の高価買取を行っております。 TOP楽器買取屋さんでお売りいただける和楽器は、三味線や琴、尺八、琵琶、鼓などがお売りいただけます。 また、和楽器ならジャンク品でも買取できますので、三味線の皮が破れていたり、琴や琵琶の弦が切れていてもお値段をつけさせて頂きます。 まずはお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル:0120-480-150

【馬頭琴の概要】

馬頭琴の構造は馬の形を模した棹と、四角い共鳴箱、2本の弦から構成されていて現在手にすることの出来る馬頭琴のほとんどが木製で作られています。ネックの一番上に必ず馬の頭の彫刻がついているのが馬頭琴の大きな特徴です。そのほかにもいくつかの特徴があります。まず馬頭琴は弦楽器ですが他の弦楽器よりも弦が少なくたったの2本、しかも正確には弦ではなく馬の尻尾の毛を2組束ねたものです。その数は低音弦は100〜130本、高音弦は80〜100本、弓は150本〜180本程と言われています。しかし近年では馬頭琴の弦がナイロンで作られているものがあります。馬の尻尾と同じく細いものを何本も合わせて作られています。ナイロンのものは比較的製造しやすく、現地の製造所でも作られていますが、馬の尻尾を使ったものの方がきれいな音を奏でることができます。しかし、その分手軽に手にいれることができ、日本でもネットショッピングなどで手に入れることができます。

【馬頭琴の高価買取のコツ】

馬頭琴を高く売るにはとにかく手入れが必要です。本体は傷がついていないか、そして汚れがついていないかしっかりと確認しましょう。もしもついていたならできる限りタオルなどで拭き取ったり取り除いておきましょう。同じ製品でも値段に差がつくことがあります。馬頭琴の弦は希少価値が高い分、ナイロンでつくられたものよりも馬の尻尾でつくられたものの方が高価買取になる確率が高いです。また馬頭琴を保管する際は最新の注意が必要です。保管には涼しく乾燥した場所が適しています。温度や湿度によって馬頭琴に使われている木や馬の毛が伸びてしまうことがあります。なので丁寧に扱うことが大事です。もしも湿気を帯びた際は短時間強い日光などにあてると改善されます。しっかりとした状態で査定にだしましょう。またケースなどの付属品があるとさらに高くなるはずです。

滋賀TOP楽器屋さんについて

滋賀県に特化した楽器買取サービスが売りの当店は毎日滋賀県のお客様からたくさんの楽器の買取があります、 地元のリサイクルショップで楽器を手放してませんか? やはり楽器の売却は楽器の買取のプロが運営するTOP楽器買取屋さん系列の滋賀県楽器買取センターがオススメです。 滋賀県の楽器買取業者様で満足していませんか? 大切な楽器は出来るだけ高く売りましょう。 当店では管楽器は管楽器の査定士、ギターはギターの査定士、和楽器は和楽器の査定士が常時在中していますので何処よりも楽器高く買取出来ます。 また楽器の買い替えの相談も行ってますので買取の際はご気軽にお電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

センター

滋賀

滋賀で楽器の買取
滋賀センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

安曇川営業所

店頭買取

京都

京都で楽器の買取
京都本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

京都市西京区上桂三ノ宮町54-1

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

滋賀楽器買取事例

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

【馬頭琴の概要】

馬頭琴の構造は馬の形を模した棹と、四角い共鳴箱、2本の弦から構成されていて現在手にすることの出来る馬頭琴のほとんどが木製で作られています。ネックの一番上に必ず馬の頭の彫刻がついているのが馬頭琴の大きな特徴です。そのほかにもいくつかの特徴があります。まず馬頭琴は弦楽器ですが他の弦楽器よりも弦が少なくたったの2本、しかも正確には弦ではなく馬の尻尾の毛を2組束ねたものです。その数は低音弦は100〜130本、高音弦は80〜100本、弓は150本〜180本程と言われています。しかし近年では馬頭琴の弦がナイロンで作られているものがあります。馬の尻尾と同じく細いものを何本も合わせて作られています。ナイロンのものは比較的製造しやすく、現地の製造所でも作られていますが、馬の尻尾を使ったものの方がきれいな音を奏でることができます。しかし、その分手軽に手にいれることができ、日本でもネットショッピングなどで手に入れることができます。

【馬頭琴の高価買取のコツ】

馬頭琴を高く売るにはとにかく手入れが必要です。本体は傷がついていないか、そして汚れがついていないかしっかりと確認しましょう。もしもついていたならできる限りタオルなどで拭き取ったり取り除いておきましょう。同じ製品でも値段に差がつくことがあります。馬頭琴の弦は希少価値が高い分、ナイロンでつくられたものよりも馬の尻尾でつくられたものの方が高価買取になる確率が高いです。また馬頭琴を保管する際は最新の注意が必要です。保管には涼しく乾燥した場所が適しています。温度や湿度によって馬頭琴に使われている木や馬の毛が伸びてしまうことがあります。なので丁寧に扱うことが大事です。もしも湿気を帯びた際は短時間強い日光などにあてると改善されます。しっかりとした状態で査定にだしましょう。またケースなどの付属品があるとさらに高くなるはずです。