京都TOP楽器屋さんではギター、フルート、サックス、キーボードなど楽器の買取を行っています。

楽器の買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

楽器高価買取

不要な楽器はぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

関西エリア 店頭買取

楽器買取専門店 京都TOP楽器買取屋さん桂本店
京都市西京区上桂三ノ宮町54-1

京都のTOP楽器屋さんは楽器を買取中。手数料、査定料、送料などすべてが無料です。

買取事例

京都市西京区でソプラノサックスの買取

店頭買取

京都市西京区のお客様から管楽器のソプラノサックスを買取致しました。

京都市右京区でアコースティックギターの買取

店頭買取

京都市右京区のお客様から弦楽器のアコースティックギターを買取致しました。

京都市上京区でアンプの買取

出張買取

京都市上京区のお客様からアンプを買取致しました。

京都市下京区でディストーションエファクターの買取

出張買取

京都市下京区のお客様からディストーションエファクターを買取致しました。

京都市中京区でベースの買取

出張買取

京都市中京区のお客様から弦楽器の4弦 ベースを買取致しました。

京都市左京区でスネアドラムの買取

出張買取

京都市左京区のお客様から打楽器のスネアドラム ドラム 径約35cmを買取致しました。

京都市伏見区でシンセサイザーの買取

出張買取

京都市伏見区のお客様からシンセサイザーを買取致しました。

京都府宇治市で琵琶の買取

宅配買取

京都府宇治市のお客様から和楽器の琵琶 4弦を買取致しました。

京都の楽器買取は京都TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

当店は古都京都西京区桂に買取専門店を置く中古の楽器の買取&販売だけで商売している価格第一の楽器買取屋さんになります。 京都にある従来の楽器屋さんでは新品の楽器も販売しているため買取価格も低いことが多いですが、当店ではお客様から買取しなければ在庫が足りなくなる為薄利多売にて商売を行っています。 京都に多い和楽器の琴や尺八はもちろんの事、弦楽器のギターやベース、ヴァイオリンやチェロ、木管楽器のサックスやオーボエ、金管楽器のホルンやフルート、打楽器のドラムやティンパニなどあらゆる楽器の買取を行っています。 楽器買取屋さん京都桂本店では【店頭買取・出張買取・宅配買取】、三種類の買取で皆様の楽器の買取をお待ちしております。

〒615-8224 京都市西京区上桂三ノ宮町54-1 (京都本店) フリーダイヤル:0120-480-150

買取事例

京都市西京区でAria-ProⅡ-RS-series-エレキギターの買取

店頭買取

京都市西京区のお客様からAria-ProⅡ-RS-series-エレキギターを買取致しました。

京都市右京区でBarclay-バークレイ-エレキギター-ストラトタイプの買取

店頭買取

京都市右京区のお客様からBarclay-バークレイ-エレキギター-ストラトタイプを買取致しました。

京都市上京区でS.Yairi-ヤイリ-YM-17-アコースティックギターの買取

出張買取

京都市上京区のお客様からS.Yairi-ヤイリ-YM-17-アコースティックギターを買取致しました。

京都市下京区でBUSKER'S-エレキギター-ストラトタイプ-ワインレッドの買取

出張買取

京都市下京区のお客様からBUSKER'S-エレキギター-ストラトタイプ-ワインレッドを買取致しました。

京都市中京区でYAMAHA-SK20の買取

出張買取

京都市中京区のお客様からYAMAHA-SK20を買取致しました。

京都市左京区でCASIO-電子ピアノ-AP-45C-2005年製の買取

出張買取

京都市左京区のお客様からCASIO-電子ピアノ-AP-45C-2005年製を買取致しました。

京都市伏見区でFENDER-U.S.A-フェンダー-ムスタング-MUSTANG-70年代の買取

出張買取

京都市伏見区のお客様からFENDER-U.S.A-フェンダー-ムスタング-MUSTANG-70年代を買取致しました。

京都府宇治市でPhoto-Genic-エレキベース-フォトジェニックの買取

宅配買取

京都府宇治市のお客様からPhoto-Genic-エレキベース-フォトジェニックを買取致しました。

京都市のお客様からYAMAHA 電子ピアノ P-95Sを高価買取中です。 このモデルはヤマハならではの最高品質の音色で、グランドピアノの音を録音したピアノの音を搭載。 自然な弾き心地を実現しており、また鍵盤の重さを音域によって段階的に調節していて、自然なタッチが実現したモデルです。 大変人気のモデルなので高価買取が可能です。

舞鶴市のお客様からChanela DG(デージー) カホン BLKを高価買取中です。 素晴らしい音色のカホンで、響き線が素晴らしい音を出してくれ、繊細なタッチに反応。 低い音は少し出にくいかもしれませんが、叩き方によってうまく出せます。 高い音は華やかで叩く場所や叩き方をちょっと変えれば音が大きく変化して楽しめるカホンとなっています。 さまざまなジャンルの音楽が楽しめるカホンです。

城陽市のお客様からRoland 電子ドラム TD-1KV イシバシ楽器オリジナルスターターパック付き一括セットを高価買取中です。 色々なジャンルのドラム演奏が楽しめる音色をもったドラムキットで、上達に必要なトレーニング機能や録音機能を搭載したモデルです。 家での練習にぴったりな低騒音のビーターレス・キックペダルを搭載しています。

宇治市のお客様からゼンオン 木琴バチ ZXB-01 木製柄を高価買取中です。 立って演奏する木琴に使われるマットは30センチ以上のものが多いのですが、これは子どもでも使いやすいよう、28センチと小さいモデルです。 また、8gしかないので軽くて使いやすいです。

1. セルマー

セルマーは木管楽器やクラリネットなどの楽器を取り揃えている楽器メーカーである。日本の楽器ファンの間ではアメリカン・セルマーとも呼ばれている。セルマーは他にもオーボエやフルートなどの楽器を取り扱っている。これらの楽器は中学・高校のブラスバンド部で使われているので、楽器を見ただけで、懐かしい気分になってくる。
TOP京都ではセルマーのサックス「Reference Alto Saxophone」「Jubilee Super Action 80 SERIE II Alto Saxophone」「Axos Alto Saxophone」などを高価買取中、本体だけでも問題ありませんのでご連絡お待ちしております。

2. ヤマハ

ヤマハは様々な楽器を取り扱っているメーカーである。このメーカーは販売額で世界のトップに君臨するくらいの人気を誇っており、知名度も非常に高い。ヤマハの起源は明治時代からなので、老若男女問わず幅広い知名度がある楽器メーカーだと言える。取り扱っている主な楽器はピアノである。ピアノの種類としてはグランドピアノ、エレクトリックピアノなどがある。これらのピアノは個人経営の音楽レッスンで使われることがあるので、稽古用にも最適なピアノを販売しているメーカーとも言える。ピアノだけでなく、電子オルガンやチェレスタ、ティンパニやマリンバなどの打楽器も取り扱っている。
京都ではピアノの需要が高く、アコースティックピアノからハイブリッドピアノのDisklavier、電子ピアノのClavinovaなど高く買取できる小委品群となっております。

3. ムラマツ

ムラマツは日本のフルートメーカーである。MURAMATSUのブランド名として市民の間で親しまれている。株式会社村松フルート製作所が行っている業務はフルート専門の業務であり、1923年に設立されている。そして1963年に村松楽器販売株式会社が設立されている。この楽器メーカーはフルートのファンが集う「ムラマツ・メンバーズ・クラブ」の組織を運営している。この組織ではフルートに関する情報や研究、活動を行っており、フルートファンの為の積極的な活動を行っている。
とにかく最高の技術をつぎ込むとしてハンドメイドを貫き通しているため、HANDMADE MODELがそろい踏み。9K GOLDや EX MODEL、PLATINUM─どれをとっても高く買い取れます。

4. ハンスホイヤー

ハンスホイヤーは管楽器ホルンの楽器メーカーである。このメーカーが製造しているホルンは金色に光っていて、迫力に満ちている。このメーカーが製造しているホルンは色々なアーティストに愛好されていて、今もファンが多い。ホルンの重厚な音と迫力が演奏者にとって魅力的だという評判が多い。ハンスホイヤーは現在注目されている楽器メーカーの一つである。
当店は京都にあるため、京都に根強い人気のダブルホルンを強化買取中。801・801J・6801などお持ちの方がおられましたらご連絡ください。

4. スズキバイオリン

スズキバイオリンは鈴木バイオリン製造株式会社である。取り扱っている製品はバイオリンとマンドリンである。このメーカーで作られているバイオリンはスキルのある職人によって作られている。手工や塗装、仕上げに至るまで、とにかくこだわりのある技術によって楽器が作られている。このように真心を込めて作られている楽器を販売しているメーカーなので、スズキバイオリンが製造しているバイオリンに愛着を持つアーティストがたくさんいる。
京都どころか日本のバイオリンはスズキから始まったといっても過言ではありません。多くの人が持つからこそ需要も同時に高い製品、No.1200やNo.1500・No.1800などが特に高い傾向にあります。

5. ギブソン

ギブソンはギブソン・ギター・コーポレーションの略である。主にギターを販売しているメーカーで、現在の日本の音楽業界でも有名なメーカーである。このメーカーが製造しているギターを愛用しているアーティストには植村花菜、椎名林檎、miwaなどがいる。なので、ギブソンは日本のメジャー音楽シーンを陰で支える重要な楽器メーカーとも言える。
ギターをやってる人もやってない人も知ってるメーカー、ゆえに安定した供給と需要となっています。Les PaulやSG Standardが高額査定の買取一押し商品です。

6. フェンダー

フェンダーは豊富な品数の楽器を取り揃えている楽器メーカーである。メーカーの製造拠点は、娯楽の文化が繁栄しているアメリカ合衆国である。このメーカーが製造している楽器はエレクトリック・ギターである。フェンダーが取り揃えているエレクトリック・ギターには様々な種類があり、豊富な品数を取り揃えている。フェンダーが販売しているエレクトリック・ギターにはブロードキャスターやジャガー、テレキャスター、サイクロンなどの種類がある。その他にはアコースティック・ギターやエレクトリック・ベースを取り揃えている。アコースティック・ギターはアバロンやニューポーター、マリブなどの種類を取り揃えている。そしてエレクトリック・ベースはジャズベースやプレシジョンベース、ムスタングベースを取り揃えている。様々な楽器を提供するフェンダーは音楽界の重要な基盤となっている。
ギブソン同様、メーカーの双璧ともいうべき存在、Mustang Bass PJやPM-TE Travel All-Mahoganyといった商品が特に高額な買取対応ギターとなっています。

7. ローランド

ローランドは主に日本の電子楽器を販売している楽器メーカーである。この楽器メーカーが販売している楽器はシンセサイザーやオルガン、ピアノ、シーケンサーなどである。現在の音楽シーンでシンセサイザーを使用して演奏するアーティストは多いので、現在のニーズに答えてくれるローランドは画期的な楽器メーカーとも言える。
当店ではシンセサイザーを強化買取中。代表格であるローランド製品は中でも最も高く買い取れるモノの一つ。JD-XA、JD-Xiなどお持ちであれば是非お電話を。

8. ヤナギサワ

ヤナギサワは柳澤株式会社の略であり、サクソフォーンメーカーである。このメーカーが販売しているサクソフォーンは、あらゆる国籍問わず色々なアーティストに愛好されており、ファンを着実に増やしつつある注目メーカーである。このメーカーが販売するサクソフォーンはこだわりのある技術で丁寧に制作されている。サクソフォーンは迫力ある音を出せるように設計されているので、演奏するアーティストの覇気も出てくる。
A-WO37・A-WO20・A-WO2といったラッカー仕上のサックスフォンは非常に人気なため常に買取をさせていただいております。

9. フェルナンデス

フェルナンデスはエレキギターやピックアップ、メンテナンス用品、アンプなどの製作を行なっている日本のメーカーです。1969年に設立されています。、あた1985年には学校を設立しミュージシャンの育成にも力を入れています。1990年にはアンプ内蔵ギター「zo-3」を製作し、世界中で売れた大ヒットギターとなりました。布袋寅泰やBUCK-TICKの今井寿氏が使用したTEJシリーズやhideが愛用したMG-380Sなどは有名です。
FERNANDES GUITARが京都では一番売れています。中でもELTシリーズと呼ばれるFR-ELTやRT-ELTに需要が集まっているので売るなら今が一番です。

10. ベッソン

ベッソンはフランスの金管楽器のメーカーである。ベッソンが販売する楽器はコルネットやテューバ、バリトンなどであり、クラシック演奏に欠かせない楽器を数多く輩出している。また大学の音楽系のサークルでもベッソンが販売している楽器を使用しているので、音楽の教養を持った若者にも人気のある音楽メーカーとも言える。
現在トロンボーンの「New Standard 130」が買取強化対象です。もちろんトランペットやコルネットも随時受付中、まずは京都TOPまでご連絡ください。

11. ジルジャン

ジルジャンはシンバルとドラムスティックの老舗メーカーであり、これまであらゆるジャンルのドラマーが音楽の長い歴史の中でこのメーカーのシンバルを使ってきました。元々はトルコのイスタンブールにおいて製造されましたが現在はアメリカ合衆国マサチューセッツ州に本拠地があり、アヴェディスジルジャン社となっています。AシリーズやKシリーズなど様々なジャンルに対応するシンバルがありますのでドラマーなら一度は自分のセットに組み合わせた経験があるでしょう。
昨今はKジルジャン スウィートコレクションがユーザーの中のトレンドとなっているので買取大幅拡大しております。より大きく、より薄いという特長があるジルジャン製品を是非京都TOPへお持ち込みください。

12. エピフォン

トルコ出身のギリシャ人、アナスタシオ・スタトポウロがニューヨークに工房を開いたのが始まりとされています。1928年にエピフォン社を設立しますが1957年にギブソン社に買収されます。ビートルズのポールやジョン、ジョージが使用した「カジノ」は有名です。またエレキギターだけでなくアコースティックギターのHummingbirdなども有名です。
幾つかあるミュージシャンモデルを望まれる声が多いため、TonyIommiやMatteafyの限定商品を高額買取中。安売りされる前に一度ご連絡を。

13. カールヘフナー

カールヘフナーは言わずと知れたドイツの弦楽器老舗メーカーです。バイオリンやチェロを弾いたことがある方ならご存知でしょう。1887年に創設されています。特によく知られているのはビートルズのポールマッカートニーが使用した1961年製のベースギターでしょう。バイオリンに似た形状はたいへん個性的であり憧れを抱いた方も多いはずです。
在庫品切れのため#201~203、#305、#331を高価買取設定にさせていただいております。全国で見てもここまで高いのは京都TOPだけでしょう。

14. アレキサンダー

アレキサンダーはドイツの金管楽器メーカです。1782年にフランツ・アンブロス・アレキサンダーによって設立されています。特にホルン「103」は一流のソロ奏者やオーケストラ奏者から愛されている機種です。特にオーケストラ全体に程よく溶け込む音色で心地よく響く音は世界に名を馳せる代名詞的存在となっています。
アレキサンダー社製のホルンは需要が高く、当店でも高額買取を継続中です。査定だけでもOK、お電話お待ちしております。

15. イーエスピー

イーエスピーは日本のギターメーカーです。1975年に創業しています。1980年代の日本におけるヘヴィメタルブームに乗り一躍人気のギターとなります。海外でもジャーニーのニールショーンやキッスに在籍したブルースキューリック、メタリカのジェイムズヘットフィールドによって使用され世界的に有名な楽器メーカーになります。特にギターという楽器の固定観念にとらわれることのない製作意欲は目を見張るものがあり様々な形状のエレキギターを生み出しています。また音楽に関わる人材の育成にも力を入れており学校も設立されています。
中でも人気が高いHORIZON SERIES / AMOROUS SERIES / SNAPPER SERIES…この3点はTOPでも大きな額の買取が可能なシリーズです、一度査定額をご確認ください。

16. パール

パールは打楽器やフルートを製造するメーカーであり1946年に設立されています。日本のメーカーです。設立当時ウッドシェルが主流だった時代にあってパールはシェルの開発に取り組んでいます。1960年代ファイバーシェルを開発し世に送り出すことで一躍注目を浴び世界的なメーカーへと成長していきます。ディープパープルのイアンペイス、ジュディマリの五十嵐公太、TOTOのジェフポーカロ、ルナシーの真矢など名だたる一流ミュージシャンがパールのドラムセットを愛用しています。
Handmade Maesta "Gold"、そして代表的なHandmade Operaが買取強化中。純18K金製で気品に満ちたは大変価値のあるものとなっております。

17. クランポン

クランポンは1825年にフランスの楽器職人、ドゥニ・ビュッフェによって創業されています。特に、優れた13キーのクラリネットを製作したことで音楽界において知られる存在となりました。今日においては1994年以来「グリーンライン」というシリーズが発売されていますがこれは95パーセントのグレナディラ材の粉末と5パーセントのカーボンファイバーからなっていて木材に生じる割れの危険性を回避することに成功しています。もちろん木材の音質も維持しています。これは世界的な評価に繋がっています。
R-13 B♭、Tradition B♭など世界でもっとも愛されているクラリネットは当店でももちろん買取可能、クランポン強化キャンペーンでさらにお得な可能性も。

18. マーティン

マーティンはアメリカのギターメーカーです。1833年に設立されています。このメーカーのギターを愛用してきたミュージシャンは列挙にいとまがないほど沢山います。エルヴィスプレスリーやポールサイモン、エリッククラプトン、ボブディラン、ジミー・ペイジ、ニールヤングなど音楽好きなら必ず聴いたことのあるミュージシャンの手によって歴史的な音楽が奏でられてきました。日本においても戦後フォークシンガーやギタリストによって愛用され、日本のポップスシーンにおいて先駆けとなったミュージシャン達によってマーティンギターの音色は聴く人の耳に届いています。
基本的に質のいいマーティン、その中でもスペシャルエディションとされる特別なモデルが人気。0-28VS・00-18 Authentic 1931・000-42 Authentic 1939はプレミアもあり非常に高額な買取対象となっています。
いかがでしたか。一流のプレイヤーから愛されている楽器メーカーをご紹介しました。どれも覚えておいて損はないメーカーといえるでしょう。

1. 木管楽器

木管楽器とは、奏者の唇の振動に因らない演奏法で音を発する、管楽器の事です。一言で分かりやすく言うなら、「笛」がそれに該当します。 また、木管楽器には、穴に息を吹き込んで音を出すものと、リードと呼ばれる乾燥させた葦を薄く削ったものを口にくわえて音を出すものがあります。 昔は、楽器を木で作る事が多く、管状の物が多かったので「木管楽器」と呼ばれていますが、木管楽器の定義は年々変わって来ていて、今では素材が木かどうか、管状の形状かどうかではなく、「金管楽器以外の管楽器」を木管楽器と呼んでいます。 代表的な木管楽器としては、クラリネットやフルート、サクソフォンがあり、オカリナも木管楽器として挙げられます。

2. 金管楽器

金管楽器とは、奏者の唇を振動させて音を発する管楽器です。簡単に言うと、ラッパと言われるものが金管楽器に該当します。 金管楽器の本体は主に真鍮で作られる事が多く、サクソフォンやフルートも真鍮やそれに準ずる金属で作られていますが、音の発し方が唇の振動ではない為に金管楽器には属しません。 同じ理由で、軽量化目的で非金属を使用していないスーザフォン等は、唇の振動で音を発するので金管楽器に分類されています。 また、金管楽器に共通している構造として、マウスピースと呼ばれる息の吹き込み口と、音を増大させるベルがあり、それを管で繋いだ形をしています。 音の調整はバルブやスライドなどで変えますが、唇の振動や吹き込む息のスピードで音の高低を変える仕組みになっています。

3. 打楽器

打楽器とは、息以外の方法で音を鳴らす楽器ですが、他の楽器に分類される楽器は打楽器に含まれません。例えば、弦楽器、管楽器、鍵盤楽器などに分類されるものは、奏法が同じでも打楽器には分類されないのです。 打楽器がどんなものであるかを簡単に言うのであれば、太鼓やカスタネット、銅鑼、マラカスなどが挙げられます。 演奏に使用する道具は撥だけではなく、マレットと呼ばれる細い竹の棒の先端を毛糸やゴムで球状に覆ったものを使ったり、自分の手で直接楽器を打ったりと、一様に「表面に皮が貼ってあって、それを撥で打ち鳴らすもの」とは言えないのです。 打楽器の奏法としては、打つ、こする、振る等があり、打楽器には音程を持つものと持たないものがあります。 音程を持つものは、音程を持つ打楽器は旋律に添うように奏でたり、和音を作り上げたりもします。 音程を持たないものは、主にリズムを取ったり盛り上がりを演出したりすることが多いです。この中で代表的な楽器は、ドラムやシンバル、トライアングルやコンガなどが挙げられます。

4. 和楽器

和楽器とは、日本で古くから使用されていた伝統的な楽器の事を言い、邦楽器とも呼ばれています。 和楽器の種類は様々で、日本固有の楽器とされているものや、大陸文化の影響を受けて誕生した楽器もありますが、それらは日本文化の中で形を独自に変化させて、現代にまで受け継がれています。 日本固有の楽器としては、神楽笛や和琴、笏拍子が代表的で、大陸からの影響で生み出された和楽器としては、三味線、能管、小鼓や大鼓が挙げられ、日本文化に馴染みやすく変容してきたものもあります。 また、和楽器は他の楽器に比べて繊細な音色の変化を持っています。奏者によっても勿論違ってきますし、使う道具ひとつ取っても音色が変化する楽器です。

5. 電子楽器

電子楽器とは、電気によって低周波の波形信号を作りだし、音として発する楽器です。 この電子楽器は、音程、音量、音色を制御しており、チューニングがずれる事がありません。 音色なども簡単に帰る事が出来、細かな調律が必要な未電子化の楽器よりは管理が簡単な点は利点で、欠点としては持ち運びが困難な点です。

6. 弦楽器

弦楽器とは、弦を振動させてそれを音とする楽器で、多くは音を共鳴させる部位があります。 弦楽器は三つに分類できます。 撥弦楽器の奏法は、弦を指や爪、ピック等で弾く事で音を発します。主な楽器としては、ギターやエレキベースが挙げられます。 擦弦楽器は弓のツルで擦って音を出し、ツルに松脂を塗って摩擦を大きくして音を鳴らします。主な楽器はヴァイオリンや胡弓、モリンホールなどです。 打弦楽器は弦を打って音を鳴らし、その手法は主にハンマーや撥となります。代表する楽器はピアノですが、一部の和楽器もこの打弦楽器に分類されています。

7. 楽器周辺機器

楽器を演奏する上で欠かせないのが、周辺機器です。 例えば、メトロノームは一定のテンポを刻み続ける機器なので、演奏練習には欠かせませんし、譜面台も楽譜を視線の高さに固定する為には必要な道具です。 他にも、ギターや弦楽器を演奏する際に必要になるピックや松脂、木管楽器を演奏するならリードや、それを固定するリガチャー。金管楽器なら楽器に合ったマウスピース。打楽器を演奏するには撥やマレット、それらを収納するケース。サックスやファゴットなどにはストラップも必要になってきます。 この様に、楽器の周辺機器も様々で、演奏する楽器によって必要なものが違ってくるので、調べておく必要もあるんですね。

1. ギター

ギターは、6本の弦を指やピックで弾くことによって演奏する弦楽器です。ギターは大きく分けて、弾いた音を電気信号として拡張するエレキギターと、純粋に弦を弾いた音を響かせるアコースティックギターの2つに分けられます。ロックソングやフォークソングなど、歌と共に演奏される機会が多く、元々は海外から来た楽器ですが、現代では日本においても、とても馴染み深い楽器となっています。
フェルナンデス、バーニー、RKSギターズ、グレコ、アイバニーズ…さまざまなギターメーカーが存在ますが、京都TOPではAriaProⅡなども高価買取しています。

2. ベース

ベースは4本の弦を、指やピックで弾くことによって演奏される弦楽器です。低音を出すために、ギターと比べると弦はとても太いつくりになっています。ギターとおなじように、電気信号として音を拡張するエレキベースと、弦を弾いた音を直接響かせるアコースティックベースに大分されます。アコースティックベースは、ジャズやクラシックなど様々なジャンルの音楽に使用され、そのジャンルによって、ウッドベース、コントラバスなど呼び分けをされることが多いです。バンドの最低音を担当するため、縁の下の力持ちと言われる楽器です。
海外製は不評ながらも国産においてはクオリティが高いとされるメーカー「Bacchus」を現在買取強化中です。多数の買取依頼、お待ちしております。

3. サックス

リードと言われる木製の板に息を吹き込み音を響かせる管楽器です。管楽器は、木製のものを木管楽器、金属製のものを金管楽器と呼び、大分されますが、サックスは、金属製のつくりとなっていながらも、構造としては木管楽器に区分される珍しい楽器です。木管楽器でありながらも金管楽器のような華やかな音色が出せるため、ジャズなどでソロ楽器として活躍しています。
買取おすすめのメーカーはなんといってもビュッフェ・クランポン。老舗として歴史が長く高級感あふれるモデルは査定額が高くなりがちなサックスとなっております。

4. フルート

フルートは、オーケストラ編成に含まれる管楽器の中では珍しく、横笛のつくりとなっている管楽器です。下唇に吹き口を当て、下向きに息を吹き込むことで、楽器を振動させ音を出します。金属製のものがほとんどですが、フルートの起源を辿ると、木製であるため、木管楽器に区分されます。高音が良く響き、装飾的なフレーズを得意としている楽器です。
最近では「癖のない音が響きやすいフルート」の需要が高くなってきており、ヤマハ・パール・三響が販売しているフルートが人気の商品。買取価格も高騰しております。

5. ホルン

ホルンは、マウスピースと呼ばれる金属製の吹き口に息を吹き込み振動させることで音を出す金管楽器です。金管楽器の中ではとても小さなマウスピースを使用するため、ハイトーンを出すことを得意としています。管がくるくると巻いた丸い形をしていて、音の出るベルと呼ばれる部分が、他の管楽器と違い、構えた時に後ろを向く珍しい楽器です。そのためクラシックホールなどでは、ホールの反響を利用して音を響かせることが特徴的です。丸く優しい音色を持つ楽器です。
どのメーカーも音色とコストパフォーマンスが徹底視されており、中でもアレキサンダーはホルン吹きで知らないものはいないと言われるほどのメーカー。需要も高く高額査定が期待できます。

6. オーボエ

ダブルリードと呼ばれる、2枚の木の板が合わさって出来た吹き口を咥えて息を吹き込み、2枚のリードを震わせることで音を出す木管楽器です。吹き口がダブルリードになっている楽器は珍しいため、ビーンと響く独特の音色を持っている楽器です。クラシックなどでよくソロ楽器として使われます。キーを押すことで、音階を変えることができますが、キーの並びが複雑なため、速いパッセージを奏でることがとても難しい楽器です。
当店で人気のモーレンハウエルのイングリッシュホルンは高額買取を実施中。どしどしご連絡ください。

7. トランペット

トランペットは、マウスピースと呼ばれる吹き口に息を吹き込み音を出す金管楽器です。「ラッパ」と呼ばれることも多く、その愛称の通り、多くの人が思い浮かべるラッパ、そのもののような形をしています。木管楽器と比べると、全体的に音が大きい金管楽器ですが、トランペットはその中でもとりわけ大きく華やかな音色が特徴的で、ファンファーレなど高らかなフレーズを奏でる役割を担うことが多い楽器です。
最近買い取ったハレルソンのHT5.1モデルやヴィンセントバックのトランペット TR300はどちらもお客様が大変満足される高額買取となりました。

8. ドラム

ドラムとは、シンバル、スネア、バスドラム、フロアタムなどの複数の打楽器がセットとして組まれているもののことを言います。スティックと呼ばれる木製のバチで規則的にそれらの打楽器を叩いたり、足でペダルを踏むことによってバスドラムにマレットをぶつけ鳴らしたりして演奏します。四肢を上手く使って、一人で多様なリズムを刻むことが可能です。主にロックバンドやジャズバンドなどで、ビートを出す役割を担っています。
人気メーカーのパールから発売されているCarbonply Mapleやスネアドラム チャド・スミス モデルといったものを買取強化中。ほかのパールドラムをお持ちであればいつでもご連絡ください。

9. 尺八

尺八とは、日本古来の木製の和楽器で、吹き口を下唇に当て、息を吹き込み音を出します。材料には竹が使われており、穴が開けられていて、リコーダーのような縦笛の形をしています。穴を塞ぎ音階を変えるだけでなく、息の吹き込み方によっても、音の高低を操ることができます。日本古来の和楽器ではありますが、近年ではクラシック音楽などに使用されることもまれにあり、その魅力を世界に広げています。
著名な都山流から銘ありのもの銘なしのものまで、幅広く買取対応いたしております。京都ならではの和楽器高額査定をご覧ください。

10. 三味線

三味線は日本古来の弦楽器であり、四角の胴体から竿が伸び、そこに三本の弦が貼られているつくりになっています。その弦を扇型のバチで叩くようにして音を出します。竿に張られた弦を抑えて音階を変えるところなどはギターなどと同じ原理ですが、バチを四角い胴体にぶつけるようにして音を出す奏法などは、三味線独自のものと言えます。その音色は「ベンベン」と言い表わされることが多いです。近年では、青森の津軽三味線が大変有名で、そのハイテンポな演奏を多くの人が支持しています。
前述の津軽三味線は全国的な需要が集中しているためとても高額な査定が可能。他店には負けない京都の買取根性をお見せします。

11. マンドリン

マンドリンはイタリア発祥の撥弦楽器です。マンドリンにはイチジクを割ったような見た目のナポリ型やフラットバックのポルトガル型、バンジョーの半分サイズのバンジョー型などがある。弦はスチール製の8弦4コース、調弦はヴァイオリンと同じで低いほうからG→D→A→Eとなっています。しかし、ヴァイオリンとは違って指板にはフレットがあるため、弓ではなくピックを使って演奏します。
スズキマンドリンやGrasslandのKM-805辺りが現在高騰中。京都TOPへ価格の確認だけでもしてみてはいかがでしょう。

12. クラリネット

クラリネットは管楽器の一種で1枚のリードを振動源として音を出すシングルリードの木管楽器になります。歴史は古くドイツのデンナーが1700年頃にフランスの古楽器 シャリュモーを改造して作ったのが始まりとされています。クラリネットの音域は記譜で中央ハ音の下のホから上に約4オクターブ弱と言われています。音域は4つに分けることができ、最も低い音域から順にシャリュモー音域→ブリッジ音域→クラリオン音域→アルティッシモ音域となります。
国内でいえばヤマハ、海外でいえばセルマー。この辺のクラリネットをお持ちでしたら高額で買い取ってもらえる可能性が十分にございます。

13. トロンボーン

トロンボーンは金管楽器の一種になります。スライド式のものは2つの長いU字型の管をつなぎ合わせた構造となっており、その部分をスライドさせて音高を変えて演奏します。名前の由来はイタリア語でラッパの意味のtrombaにより大きなものを表現する接尾語oneをつけてトロンボーンとなっています。音域や機能で様々な種類に分けることができ音域による分類ではピッコロ、ソプラノ、アルト、テナー、テナーバス、バス、コントラバスなどに分けられる。
こちらも主にみるのはヤマハ、あるいはBACHと呼ばれるメーカーになります。この2つ以外でも供給が少ないため高い査定になりがちです。

14. ホルン

ホルンは角の意味を持った言葉でもあり、古くから角笛を意味してもいました。イタリア語ではコルノ、フランス語ではコールと呼びます。ホルンと名の付く楽器は数多くありますがマウスピースやバルブの構造などの違いからホルンとは区別されています。ホルンはフレンチホルン、ウィンナホルン、ナチュラルホルンの種類があり、フレンチホルンはシングル、ダブル、トリプルホルンと調性を切り替えることができるものがあります。
ダブルホルンに需要あり。学校が終わって使わなくなった方などから多くご依頼いただいております。

15. ファゴット

ファゴットは木管楽器のひとつでオーボエ同様に上下に組み合わされた2枚のリードによって音を出すダブルリード式の管楽器になります。低音から中音部を担当し、鄭鬼木でも立ち上がりが早く、歯切れのよい持続音を出すことができます。音色はホルンに近いが、表現はより豊かだとされています。
単価が高くなりがちなファゴットは基本的に高く買取することになります。なかでも備品もそろって状態が良いものだと尚更です。

16. チューバ

チューバは大型の低音金管楽器であり、金管楽器の中では最も大きく、最も低い音域を担っています。唇の振動からできる音を管内で共鳴させてベルから音を出すという基本構造は他の金管楽器と同じだが、大きな全長をもつ管は長円状に何度も巻かれ、大型のベルは上部に開いています。音程を変えるためのバルブにはピストン式とロータリー式があり、その数は3つから7つまでと様々あります。チューバの分類は音域によってテナー、バス、コントラバスの3種類に分類できます。
メッキ仕上げされたチューバは美しく貴重なもの。京都TOPでは現在高価買取を行っておりますので、一度ご連絡をよろしくお願いいたします。

17. ピッコロ

ピッコロはフルートの派生楽器であり、フルートと同じ指使いでちょうど1オクターブ高い音が出る楽器になります。構造はフルートとほぼ同じになりますが、フルートよりも高音を出せるように基本的にはフルートの長さを半分にしたような構造となっています。オーケストラの楽器では音域が最も高く、鋭い音色をもつため、フォルティッシモで演奏される金管楽器の中にあってもはっきりと音色を聞き取ることができます。
ヤマハ製が主流となっているので買取もほとんどヤマハとなっております、しかしそれでも品薄なので高い査定額が期待できる分野です。

18. コルネット

コルネットは金管楽器の一種であり、イタリア語でホルンを意味するcornoに縮小語尾のettoをつけたのが語源と言われています。ルネサンス期に用いられていた音孔をもつ楽器もコルネットと呼ばれますが全く別の楽器になります。トランペットと同様にピストンを有しており、形態もトランペットと似ています。吹奏楽やブラスバンド、ジャズなどで使われることが多く、主にB♭管とE♭管の2種類があります。
フランスのCOUESNONが市場でも貴重となっている傾向があります。お持ちの方おられましたら高く売るチャンスです。

19. アコギ

アコギ、アコースティックギターは撥弦楽器であるギターの中で、より古典的な楽器から直接音を出すものを指しています。標準で6本の弦をもち、演奏方法は指で弦を弾くフィンガーピッキングとピックで弦を弾くピック演奏があります。信号変換や電気増幅を伴わないことから生ギターと呼ばれることもあり、広義にはクラシックギター、狭義ではフォークギターを指すものになります。最近ではエレアコ、エレキギターを使用する方も多く、ユーザは増えてきている。
最新のものも好まれていますが、同時にヴィンテージものもプレミア化が進んで価値が高騰している現状。流行り廃りの早い分野ゆえ下がる前に手放すのも一つの手です。

20. チェロ

チェロは西洋音楽で使用されるヴァイオリン属の弦楽器の一種であり、弦の数は4本になります。クラシック音楽における重要な楽器のひとつであり、オーケストラによる合奏や弦楽四重奏、弦楽五重奏、ピアノ三重奏などの重奏の中では低音部を担当します。独奏楽器としても有名であり、チェロ協奏曲やチェロソナタが書かれています。一般的ではないと感じられるかもしれませんが、ポップスやロックの曲中でも用いられることの多い楽器です。 ドイツ・フランス・ヨーロッパ圏のチェロは質が高く代表的なブランドもそろっています。こういったチェロメーカーの買取を依頼するなら京都TOPへ。

1. クリーニングをする

楽器を売るときに汚れていると査定が下がってしまうので、きちんと綺麗にしてから売却するようにしましょう。特にメッキの部分などの光沢部分を綺麗にすると綺麗に見えるのでおすすめです。専用のクロスなどがあると思うのでそれでピカピカに磨いてから売りに出すようにしましょう。

2. 付属品や説明書なども一緒に売却する

楽器によって付属品などがついていますよね。最初から入っていたものはきちんと全てそろえて売ることで査定がアップしますよ。もし、説明書などもあれば説明書もきちんとそろえて売るようにしてくださいね。

3. 売りたいと思ったときにすぐに売る

楽器は出来るだけ新しい方が高く売ることが出来ます。楽器を売ること自体ためらうかもしれませんが、遅くなればなるほど査定額が落ちてしまう可能性があるので売ろうかなと思い立ったらすぐに売るようにしましょう。

4. マニアックなものは売るタイミングを見計らう

楽器は高値で売れる時期があります。需要が高まる時期は高値で売ることが出来るので時期をみはからいましょう。もし、売ろうとした時期があまり高く売れないなら少しだけ待って高く売れる時期に売るようにすると良いです。

5. 劣化しない場所で保管しておくこと

楽器は直射日光の当たらないところに保管する事が基本です。いくらケースに入っているといっても直射日光に当たるとケースが剥げてきてしまい、査定額が下がってしまうので、日の当たらないくらい場所に保管しておく事が大切です。

6. 定期的にメンテナンスをする

楽器は年に1度はお店に持っていって調整などのメンテナンスが必要です。メンテナンスをしっかりしないと売ったときには使い物にならない可能性があり、そうなると査定がかなり低くなってしまうので、定期的にメンテナンスをして売りに出すと良いでしょう。

7. きちんとケースに入れて保管する

楽器にはそれぞれケースがついていると思います。使っていないのにそのまま出しておくとほこりなどがかぶってしまい汚れてしまうので、長い間使わないならケースにしまって保管する事が大切です。

8. 楽器が複数あるなら一度に売る

もし、いくつか使っていない楽器があるなら一つ一つ売るよりも一度にすべて売ると高く買い取ってくれる可能性があります。まったく使わない楽器がいくつかあるならすべて査定してもらいましょう。また、チューナーなど楽器関連のアイテムがあるならそれらも一緒に売ると高く買い取ってくれる可能性があります。もし、使っていないならすべて一緒に持っていくほうがお得なのですべて忘れずに持っていきましょう。

このように楽器を高く売るためのコツをいくつか紹介しました。楽器は使っていなくてもそのまま押入れにしまったままにしている人が大変多いですよね。ですが、絶対に使わないならそのままにしておくのはもったいないので売りに出して誰かに使ってもらった方が良いです。また、しばらく使っていないなら楽器が錆びたり、ホコリがかぶっている可能性があるので綺麗にしてから売りに出すようにしてください。そして、買取する会社によっても査定額がまったく変わってくるので出来るだけ高く買い取ってくれるところを探す事が大切です。売るといっても様々な方方があるので一番お得に買い取ってくれる方法を探す事が大切です。今まで大事にしてきたものであるからこそ、慎重に売る場所を決めて出来るだけお得に売るようにすることが大切です。もし、眠っている楽器があるならまずは手入れなどをして売る場所を決めてくださいね。

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

初めて買った思い出のエレキギターでしたけど、買い取ってもらいました。

大学生の頃にギターをやってみたくなってバイト代を貯めて買ったエレキギターを、TOPさんに買い取ってもらう事にしました。就職してからも実家暮らしで貯金もしやすかったし、ボーナスも出たから新しいエレキギターを買って、前のエレキギターは思い出も色々あるけど眠らせておくのも勿体ないから売ろうと思って、ネットでサイトを見つけたTOPさんが定期で行ける駅にあったからギターを持って行きました。元々リサイクルショップの中古品で値段は諦めていたんですけど、思っていたよりはずっといい金額になったので驚きました。けっこうあちこちに傷があったんですけど、それでも買い取ってもらえて良かったです。TOPさんは買取だけじゃなくて買い替えの相談にも乗ってくれるという話だったんで、またギターや機材を買う時には相談しようと思います。

この度は当店の店頭買取サービスをご利用下さり、誠にありがとうございます。数ある買取店の中から当店を選んで頂けまして大変感謝しております。今回お客様が当店にお持ち寄り下さいましたエレキギターは、ギブソンのレスポールの中でもスタンダードなモデルでございました。御購入になられた時点で中古品だったという事で付属品の欠品や一部のパーツが交換されている状態ではございましたが、演奏は可能な状態で外観の傷も中古品であるという事を考えれば経年相応の物であると判断させて頂きました。演奏に支障をきたすようなヒビやネックの折れなどがある場合ですと査定額に大きく影響するのですが、そうした重度の損傷はございませんでしたので、当店と致しましても可能な限りの査定額をご提示させて頂いた次第です。お客様には査定額にご満足して頂けましたようで何よりでございます。また、当店のサービスもお気に召して頂けましたようで幸いです。当店では買取サービスだけでなく、買い替えの御相談も承っております。お探しの商品などございましたらお気軽に当店まで御相談下さいませ。

吹奏楽部で使っていたクラリネットを買い取ってもらいました。

中学生の頃から6年間、吹奏楽部でクラリネットを演奏していました。でも、大学生になってからはゼミとかで忙しくてクラリネットを練習する時間もなくなったので、ネットで検索してたまたまホームページを見つけたTOPさんに買取をお願いしました。中学の時の顧問の先生にクラリネットの手入れは毎日するように言われていたのですけど、さすがに6年間も使っていたから売り物になるのかな?とちょっと心配でした。それでもTOPさんに買い取ってもらえたのは嬉しかったです。父にお願いして京都本店さんに持って行ったのですが、店員さんも楽器に詳しくてクラリネットの話をできたのは中学生や高校生の頃に戻れたような気持になれて楽しかったです。

この度は当店の店頭買取サービスをご利用をご利用下さり、誠にありがとうございます。今回お客様から査定の御相談を承りましたクラリネットは、YAMAHAのB♭クラリネットでございました。6年間ご利用になられていたとの事ですが、非常にお手入れが行き届いておりまして、付属品も一式が揃っている良品でございました。とても丁寧にご利用になられていたようで、外観に目立った傷や擦れもなく、金属製の部品の劣化も経年数を考えれば十分に美品と評する事ができる状態でございました。YAMAHAのクラリネットはメーカーの知名度もあり、中古商品はクラリネットをお手頃な値段で御購入したいという入門者の方からの需要が高い人気のお品物ですので、当店と致しましても出来る限りの査定額をご提示させて頂きました。お客様には査定額にご満足して頂けましたようで何よりでございます。また、当店スタッフの対応にもご満足して頂けましたようで幸いです。当店ではお客様の大切なお品物を預かる者として、豊富な知識とおもてなしの心で接客を心掛けております。当店に御来店頂きまして、お客様が安心して思い出の品を手放す事が出来たのであれば、当店スタッフとしてもお役に立てて幸いでございます。当店では楽器の他にも様々な商品をお取り扱いしておりますので、機会がございましたらお気軽に御来店下さいませ。お客様のまたのご利用を心よりお待ちしております。

京都府のライブハウス情報

LIVEHOUSE 音屋 AFTER BEAT

広い楽屋が好評のライブハウス
良心的な価格と応対に人気を集めています。

取り扱い アイテム一覧

音楽コンサート

京都府京都市上京区丸太町通堀川西入ル西丸太町185 京都二条ハイツ B1F

Tel: 075-821-3744

京都METRO

関西の音楽シーン牽引するライブハウス
機材や施設が揃った店舗は利用のために県外からくるお客さんも絶えないほど。

取り扱い アイテム一覧

音楽コンサート

京都府京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82恵美須ビルB1 (京阪神宮丸太町駅2番出口)

Tel: 075-752-4765

DEWEY

木屋町の真ん中に位置する隠れ家的ライブハウス
これといった制約を設けていない為、さまざまなイベントで活用されています。

取り扱い アイテム一覧

音楽コンサート

京都府京都市中京区河原町三条下ル山崎町246クラリオンビルB1F

Tel: 075-755-8747

京都TOP楽器屋さんについて

当店の特徴としては長年、古都京都西京区桂に買取専門店を置き、中古の楽器の買取りと販売だけで商売している価格第一の楽器買取屋さんです。
阪急上桂駅や特急電車の止まる桂駅から徒歩圏内にあり、電車でのアクセスが大変便利です。
お車でお越しの方も国道9号線(五条通り)に面しており、駐車場も2台完備!京都市内はもちろんのこと亀岡市や滋賀県からのお客様にも大変アクセスしやすくなっております。
京都にある従来の楽器屋さんでは新品の楽器も販売しているため買取価格も低いことが多いですが、当店ではお客様から買取しなければ在庫が足りなくなる為、薄利多売にて商売を行っています。
当店ではギター、ベースはもちろんのことサックス、トランペット、フルート、ホルンなどの管楽器やヴァイオリンやマンドリンなどの弦楽器や京都に多い和楽器の琴や尺八、三味線、龍笛などあらゆる楽器の買取を行っています。
現在京都TOP楽器屋さんではFender(フェンダー)のUSAやGibson(ギブソン)のギター、ベースを高価買取強化中です! ギターでは大人気のこちらの二大メーカーはヴィンテージはもちろんのことレギュラーモデルでも中古市場にてお取引の数が多く比較的高価買取が可能となっております。
引っ越しの際の出張買取も歓迎しております!京都は学生の街のため、就職で京都から離れる際に学生時代に取り組んだバンド活動や吹奏楽などの部活動でご使用になられた楽器などを手放そうとお考えの方も多いのではないでしょうか。
引っ越し準備などでいそがしくて時間がないという方には出張にて買取に伺わさせていただきます。
また京都店では和楽器のお取引きも盛んに行われており、絶賛買取強化中です。
遺品などででてきた和楽器などは、価値がわからず捨ててしまう方も多くおられます。
故人が大切にされていた楽器を捨ててしまうのはなんだか悲しいですよね。
楽器買取店にお売りいただけれがプロの査定員が楽器の価値をしっかりと見極めお買取いたします。
京都で生き抜いてきた京都TOP楽器屋さんはどんな楽器も買取します。
定番のギターや電子ピアノはもちろんのこと馬頭琴や二胡、カホンなどの民族楽器もお買取しております。
中古市場に流通量の少ないマイナーな民族楽器などは価値を見極められず不当に安く買い取られたり、時には買取をお断りされることもございます。
当店では長年の知識と経験からそういった希少な民族楽器も適正価格にてお買取いたします。
楽器買取屋さん京都桂本店では【店頭買取・出張買取・宅配買取】、三種類の買取方法で皆様の楽器の買取をお待ちしております。
店頭買取は店頭にお持ちこみいただければ、事前予約なしでもすぐに査定いたします。
早い場合ですと10分程度でお買取完了。
即現金にてお買取致します。
ドラムや電子ピアノなどの持ち込みが難しい大型楽器などをお売りの際や、店頭に持ち込むのが困難、時間がないと行った方には出張買取にてお伺いいたします。
京都、大阪、滋賀、奈良、兵庫など関西圏内ならどこでもお伺いいたします!出張にかかる手数料や買取価格の減額などはございません、万が一買取価格に納得いかなかった場合のキャンセル料金なども全て無料にて承っております。
また京都TOP楽器屋さんは事前に電話でも簡易査定も受け付けております。
楽器の種類、メーカー、型番、購入日、状態などわかる範囲でお伝えいただければ簡易査定も行います。
その他地域にお住まいの方も宅配買取にてご利用いただけます。
宅配買取にかかる送料、手数料、またお買取不成立の際の返送料も全て無料でご利用いただけます。
またご希望の方には梱包材も当店でご用意いたします。
お客様の空いた時間に気軽にご利用いただける宅配買取は全国のお客さまより大変ご好評をいただいております。
買取店舗の少ない地域の方などからは大変便利だといった声も多く届けられており、買取のリピート率も非常に高くなっております。
京都楽器買取と言えば京都TOP楽器屋さんにお任せください! 高価買取のポイントは正常に動作することはもちろんのこと、ボディの傷や購入した際の元箱、付属品の有無も買取価格に関わります。
また商品を売却する際は綺麗にお掃除してお売りいたただければ楽器の評価も上がりますよ!お客様のお気遣いに感謝の気持ちを忘れず買取価格にて還元いたします!! もちろん傷の多いものや故障しているジャンク品もお買取対象です。
京都や札幌で有名なTOP楽器買取センターでは長年の楽器のメンテナンスや修理に携わるリペアマンも常時在籍しております。
商品に破損状況により適切な修理価格を算出し、ジャンク品の中でもランクを分けて適切な買取価格でお買取しております。
当店は買取件数が違います!毎日京都本店、札幌店での店頭買取、出張買取のほか全国より宅配にて何十点もの商品をお買取しております。
毎日の買取で培った確かな目と長年の買取で積み上げてきた確かな買取相場のデータ、またインターネットでの最新の中古市場などを駆使し、適切な価格にてプロの楽器買取査定員があなたの楽器高価買取します。

楽器高価買取中!

楽器買取専門のTOP楽器屋さんは不要な楽器をお待ちしております。

よくあるご質問

どんなメーカーの楽器でも買取していただけるのでしょうか?
はい。ギターならギブソン・フェンダー・モーリスなど、管楽器なら、クランポン、セルマー、バックなど、ピアノならローランド、カワイ、ヤマハなど、あらゆるメーカーの楽器を取り扱っております。和楽器も管楽器も弦楽器も楽器の事ならなんでも買取はおまかせください。
電話での問い合わせで査定額を出してもらうことは可能でしょうか?
おおよその査定額をお出しすることは可能かとは思いますが、骨董の価値が強いものビンテージ商品など状態などが非常に重要となってくるお品物によっては現物を見た際に査定額が大きく変動する場合もございますので予めご了承ください。
楽器ならどんな種類のものでも買取の対象になりますか?
はい。ギター、ヴァイオリン、サックス、クラリネット、ドラム、三味線、琴、ピアノ、ミキサー、DJ機器など、楽器ならどんなものでも買取致します。ギターのギブソンやフェンダー、サックスのセルマーやクラリネットのクランポン、綾杉の琴や三味線、パイオニアのDJ機材など人気商品は特に高価買取出来ます。
30年ぐらい前に購入した古いギターがあるのですが、買取は可能でしょうか?
はい。楽器なら新旧問わず買取致します。古いお品物でもヴィンテージの価値がついて高価買取できる場合もございますので、楽器の買取なら京都桂本店にお任せください。エピフォンのギブソンヘッドなどビンテージギターの買取はお任せください。
トランペットのケースがなく、本体のみの状態なのですが大丈夫でしょうか?
はい。本体の状態からしっかり査定し、お値段をつけさせていただきますので安心してお売りください。ハードケースの場合ケース単体でも買取価格が付くためもし見つかったら後ほどでもお売り下さい。
動作しない電子ピアノの買取もしていただけますか?
お品物にもよりますが、ジャンク品でも買取できるお品物がございますので、処分してしまう前に当店に査定の依頼をしてみてください。基本的に電子ピアノは2010年以降の物が買取価格が付きやすいです。
アンプやチューナーなども買取の対象になりますか?
はい。楽器本体はもちろんですが、アンプ、エフェクター、チューナーなどの周辺機器も買取致しますので、是非ご一緒にお売りください。マーシャルやBOZZなどはもちろんエフェクターやギターのシールドでも高価買取致します。
マウスピース一点だけでも査定はしていただけるのでしょうか?
はい。マウスピース、弓、撥など、一点からでも買取致します。象牙の撥などは高価買取致します。アトリエモモやベストブラスなど楽器本体が無くても買取出来ます。
音楽教室を閉めることになり、大量に楽器があるのですが買取はしていただけるのでしょうか?
はい。大量の楽器の買取も喜んでお受けいたします。数が多いと査定額のアップも期待できます。お持ち込みなどが大変かと思いますので、京都桂本店の出張買取サービスをお勧めいたします。ドラムセットや音響機材など大型の物スタジオの解体もお任せください。
買取の際に予約は必要ですか?
店頭買取の場合は営業時間内でしたら何時にご来店いただいてもすぐに査定致します。日曜日や祝日などは他にお客様が居て少々お待たせしてしまう場合もありますので予めご了承下さいませ。

スタッフからお客様へ

買取専門スタッフからのごあいさつ

京都TOPは沢山ある楽器買取の中でもギターやベースの高価買取を実施中です。
エレキギター・アコギ・クラシックギター・ブズーキ・エレアコ・フラメンコギター・フォークギター・セミアコ・ソリッドギター・セミソリッドギター・シタールギター・スティールギター・リゾネーターギター… 多種ある弦楽器でも最大の人気を誇る各種ギターたち、そんなギターには皆様思い入れが深いアイテムが多いはず。
当店ではそんな皆様の大切なギターたちを安価な査定をせず、高額で買取! 楽器が好きなスタッフが勢揃いしている京都TOPでは即日即金が可能で、お電話一本でも京都中に出張いたします。
見積もり費用、出張代など当然無料。
高額査定により高いリピート率を誇ります。
リサイクルショップ等では出せない買取専門店ならではの買取金額にきっと満足いただけると思います、「自分の持ってるギターはいくらなんだろう?」と思ったらお気軽にご相談ください。
ギブソンやフェンダーは世界的にも有名なメーカーであるため、特に買取価格がお高いですよ!お待ちしております。

最新買取情報:

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

京都

京都で楽器の買取
京都本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

京都市西京区上桂三ノ宮町54-1

営業所

センター

京都で楽器の買取
京都センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

京都府京都市西京区牛ケ瀬奥ノ防町23

 

京都で楽器の買取
京都センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

京都府宇治市志津川南組49

 

京都で楽器の買取
京都センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

京都府京都市右京区西京極前田町27-4

 

京都で楽器の買取
京都センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

京都府京都市右京区西院四条畑町5-3 オーヤマ第2ビル5F

お申し込み・相談のお問い合わせ

PAGE TOP

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

京都楽器買取事例

初めて買った思い出のエレキギターでしたけど、買い取ってもらいました。[この記事を読む]

大学生の頃にギターをやってみたくなってバイト代を貯めて買ったエレキギターを、TOPさんに買い取ってもらう事にしました。就職してからも実家暮らしで貯金もしやすかったし、ボーナスも出たから新しいエレキギターを買って、前のエレキギターは思い出も色々あるけど眠らせておくのも勿体ないから売ろうと思って、ネットでサイトを見つけたTOPさんが定期で行ける駅にあったからギターを持って行きました。元々リサイクルショップの中古品で値段は諦めていたんですけど、思っていたよりはずっといい金額になったので驚きました。けっこうあちこちに傷があったんですけど、それでも買い取ってもらえて良かったです。TOPさんは買取だけじゃなくて買い替えの相談にも乗ってくれるという話だったんで、またギターや機材を買う時には相談しようと思います。

吹奏楽部で使っていたクラリネットを買い取ってもらいました。[この記事を読む]

中学生の頃から6年間、吹奏楽部でクラリネットを演奏していました。でも、大学生になってからはゼミとかで忙しくてクラリネットを練習する時間もなくなったので、ネットで検索してたまたまホームページを見つけたTOPさんに買取をお願いしました。中学の時の顧問の先生にクラリネットの手入れは毎日するように言われていたのですけど、さすがに6年間も使っていたから売り物になるのかな?とちょっと心配でした。それでもTOPさんに買い取ってもらえたのは嬉しかったです。父にお願いして京都本店さんに持って行ったのですが、店員さんも楽器に詳しくてクラリネットの話をできたのは中学生や高校生の頃に戻れたような気持になれて楽しかったです。

京都楽器買取

住所:京都市西京区上桂三ノ宮町54-1

定休日:水曜日

営業時間:AM 10:00-PM 20:00

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

使用しなくなった楽器が押入れや倉庫に眠っているという人もいるのではないでしょうか。使わないけど、もったいないから捨てられないという人がほとんどですよね。楽器は元々安いものではないので簡単に捨てることが出来ないと思います。そこで、おすすめなのが楽器を売却するという事なのですが、少しでも高く売るためにはどうしたらいいのかそのコツを紹介したいと思います。

1. クリーニングをする

楽器を売るときに汚れていると査定が下がってしまうので、きちんと綺麗にしてから売却するようにしましょう。特にメッキの部分などの光沢部分を綺麗にすると綺麗に見えるのでおすすめです。専用のクロスなどがあると思うのでそれでピカピカに磨いてから売りに出すようにしましょう。

2. 付属品や説明書なども一緒に売却する

楽器によって付属品などがついていますよね。最初から入っていたものはきちんと全てそろえて売ることで査定がアップしますよ。もし、説明書などもあれば説明書もきちんとそろえて売るようにしてくださいね。

3. 売りたいと思ったときにすぐに売る

楽器は出来るだけ新しい方が高く売ることが出来ます。楽器を売ること自体ためらうかもしれませんが、遅くなればなるほど査定額が落ちてしまう可能性があるので売ろうかなと思い立ったらすぐに売るようにしましょう。

4. マニアックなものは売るタイミングを見計らう

楽器は高値で売れる時期があります。需要が高まる時期は高値で売ることが出来るので時期をみはからいましょう。もし、売ろうとした時期があまり高く売れないなら少しだけ待って高く売れる時期に売るようにすると良いです。

5. 劣化しない場所で保管しておくこと

楽器は直射日光の当たらないところに保管する事が基本です。いくらケースに入っているといっても直射日光に当たるとケースが剥げてきてしまい、査定額が下がってしまうので、日の当たらないくらい場所に保管しておく事が大切です。

6. 定期的にメンテナンスをする

楽器は年に1度はお店に持っていって調整などのメンテナンスが必要です。メンテナンスをしっかりしないと売ったときには使い物にならない可能性があり、そうなると査定がかなり低くなってしまうので、定期的にメンテナンスをして売りに出すと良いでしょう。

7. きちんとケースに入れて保管する

楽器にはそれぞれケースがついていると思います。使っていないのにそのまま出しておくとほこりなどがかぶってしまい汚れてしまうので、長い間使わないならケースにしまって保管する事が大切です。

8. 楽器が複数あるなら一度に売る

もし、いくつか使っていない楽器があるなら一つ一つ売るよりも一度にすべて売ると高く買い取ってくれる可能性があります。まったく使わない楽器がいくつかあるならすべて査定してもらいましょう。また、チューナーなど楽器関連のアイテムがあるならそれらも一緒に売ると高く買い取ってくれる可能性があります。もし、使っていないならすべて一緒に持っていくほうがお得なのですべて忘れずに持っていきましょう。

よくあるお問い合わせ

買取に関するご質問はありませんか?
気になる質問をタップしてください。