大阪TOP楽器屋さんはフルートの買取を行っています。

フルートの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

フルート高価買取

不要なフルートはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

関西エリア 店頭買取

楽器買取専門店 京都TOP楽器買取屋さん桂本店
京都市西京区上桂三ノ宮町54-1

大阪のTOP楽器屋さんはフルートを買取中。

買取事例

大阪市平野区でフルートの買取

宅配買取

大阪市平野区のお客様からフルートを買取させていただきました。

大阪市北区でフルートの買取

出張買取

大阪市北区のお客様からフルートを買取させていただきました。

大阪府守口市でヤマハ フルートの買取

出張買取

大阪府守口市のお客様からヤマハ フルートを買取させていただきました。

大阪府泉佐野市でフルートの買取

宅配買取

大阪府泉佐野市のお客様からフルートを買取させていただきました。

大阪TOP

大阪のフルート買取はTOP楽器屋さんにお任せ下さい。

当店は中古の楽器の買取&販売だけで商売している価格第一の楽器買取屋さんになります。 大阪にある従来の楽器屋さんでは新品の楽器も販売しているため買取価格も低いことが多いですが、当店ではお客様から買取しなければ在庫が足りなくなる為薄利多売にて商売を行っています。 大阪楽器買取屋のTOP楽器屋さんでは【出張買取・宅配買取】、二種類の買取で皆様の楽器の買取をお待ちしております。 売りたい楽器がたくさんある、何が売れるのかわからない、などお困りのことやご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。 また、電話やメールでの簡単見積もりも受け付けております。 お客様のご自宅に不要になったトランペットやサックス、フルート、クラリネット、ハーモニカやホルンなどございませんか? 管楽器はヤマハやバック、ゲッツェンやセルマー、クランポンだけでなく、アマティやキャノンボール、キングなどの買取も行っております。 また、楽器本体だけでなく、マウスピースや教則本、DVDなどもお売りいただけます。

フリーダイヤル:0120-480-150

フルートとリコーダの違い

昔はリコーダーの事をフルートと言っていたそうで、同じ笛として吹く楽器として構造的にもリコーダーとフルートはとても似ている楽器になります。それぞれの違いは楽器の向きと出せる音域の幅で、フルートは横で3オクターブ以上、リコーダは縦で2オクターブ以上の音域が出せる楽器になります。リコーダーは音楽の授業でも取り入れらているように音楽初心者でもやり易く敷居の低い楽器ですが、フルートは扱う音域も広く、音が出せるようになるまでにも少しコツが必要になる楽器です。

フルートの種類

フルートの種類はこちらの3つで、出せる音域によって名称が変わります。

【フルート】名前からも分かるようにスタンダートなタイプになりますが、C管フルートとH管フルートの2種類があります。それぞれの違いは音域の幅で、C管フルートは一般的に明るくて華やかな音、H管フルートはダークで色っぽい音が出ます。

【バスフルート】C管フルートよりも1オクターブ低い音域の出るフルートで、楽器の形もほかのフルートとは異なり先端がU字に曲がっています。フルートの中でも一番低い音域を担当するフルートです。

【アルトフルート】悠々とした存在感ある音が魅力のフルートで通常のフルートよりも低い音域を担当するフルートになります。

ちなみにこれら3つと比較してより高い音域を担当するのがピッコロという楽器で、ソプラノフルートと呼ばれたりします。

まとめ

音楽ジャンルとしては、主にクラシックなどで使われる上品で高潔なイメージがある楽器ですが、クラシックだけに限らずJAZZやポップスなど幅広い音楽で使用される楽器です。また音の特徴などからも女性がやるイメージが強い楽器ですが、男性にもフルート奏者は多くいますので、男性でフルートをやってみたいと考えている方はこれを機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

愛用してたフルートでしたが、良い値段で売ることができました。

この度はお世話になりました。TOP楽器買取屋さんで、長年使っていたフルートを買い取って頂いたきました。私はフルートを吹き始めて十数年になりますが、この間に二度、フルートを買い換えました。始めのフルートは初心者向けのもので、三年使い込みました。その後持ち替えたフルートは、知り合いのつてで中古で購入したもので、もう少しグレードの高いものです。こちらは修理やメンテナンスを繰り返し、十年近く使っていました。しかし先日、私の誕生日のお祝いに、と子供たちが新品のフルートをプレゼントしてくれたのです。以前から憧れていたモデルのもので、子供たちには本当に感謝しています。こういうわけで、長年愛用したフルートは使わなくなったのですが、売りに出すのを渋っていました。というのも、以前新品で購入した入門用のフルートを売った折、フルートは傷みの激しい楽器だから、中古になると大幅に値が落ちるのは当たり前だということで、まともな値段がつかなかった経緯がありました。今回は中古で購入、しかも十年使っているものです。ただ同然で売る位なら、手元に置いておこうかとも考えたのです。しかし、やはり査定だけでもと思い、TOP楽器買取屋さんにお電話致しました。お電話でおおよその査定額を教えて頂きましたが、やはり見てみないと分からないということで、出張査定していただくことになりました。査定士の方は熱心にフルートを見てくださり、予想もしていなかった良い値段をつけて下さいました。丁寧に使い込まれています、とおっしゃってくださったのが、私はとても嬉しかったです。TOPさんで無かったら、私は使わなくなったフルートを手放さなかっただろうと思います。本当にありがとうございました。(お住まい:大阪府箕面市 買取方法:出張買取 買取商品:フルート)

この度はTOP楽器買取屋さんをご利用いただき有難うございました。思い入れのある品をお売りいただき、心から感謝しております。10年以上ご愛用されたとのことですから、手放すことを決意された時のお気持ちはお察し致します。フルートの買取相場は、他の楽器に比べて特別悪い、ということはありません。どの楽器にも共通して言えることですが、査定時の楽器の状態は、メーカーやモデル以上に重要なポイントです。致命的な故障の有無、傷の具合、各パーツの消耗度合い、交感が必要なパーツの有無、クリーニングの必要性、等がポイントとなるわけです。ですからもともと低価格の初心者モデルの場合、これらのポイントをクリアしていないと、ほとんど値段はつけられない、となるのも理解できます。今回査定させて頂きましたお客様のフルートは、人気のあるメーカーの中級クラス以上のものでした。まだまだ吹き込んでいく価値のあるものだと判断致しました。何より、とても丁寧に扱われており、状態は良好でした。分解清掃、バランス調整など最低限の費用をさしひいて、今回の様な査定額とさせていただきました。買取にご満足頂けたとのことで、スタッフ一同心から嬉しく思っております。これからも精進してまいりますので、今後ともTOP楽器買取屋さんをよろしくお願いします。

大阪TOP楽器屋さんについて

当店は大阪全域において楽器の買取業務を行っています。 大阪にお住いのお客様から買取して楽器は本店にて、しっかりリペアやメンテンス専門のスタッフが適切に処理した後、また大阪府内や大阪で楽器の必要な方に販売しています。 買取している楽器は和楽器、管楽器、打楽器、弦楽器、民族楽器など幅広く買取しています。 楽器が好きなスタッフによる楽器買い替えの相談も受けていますので、まずは御電話からお願いします。 大阪は楽器の買取業者も多く激戦区ですが当店では低コスト、薄利多売で大阪全域での集客や楽器買取のニーズがあります。 またインターネットサイトの制作が得意なため、広告費が削減でき低価格運営できるため買取価格は常に最大限で提供できてます。 商売の町、大阪において学生の時使ってた楽器や吹奏楽、趣味の沢山の楽器と出会えることを心からお待ちしています。

よくあるご質問

フルートはどんなメーカーのものでも買取は可能ですか?
はい。ヤマハ、ムラマツ、パール、ベルンハルト・ハンミッヒなど、あらゆるメーカーのフルートを取り扱っております。
どんな種類のフルートでも買取していただけるのでしょうか?
はい。アルトフルート、バスフルート、コントラバスフルートなど、どんな種類のフルートでも買取致します。
若いころに使っていた古いフルートなのですが、そのようなものでも買取は可能ですか?
はい。新しいモデルは勿論ですが、古いモデルも買取しております。処分してしまう前にまずは是非当店に査定の依頼をしてみてください。
キズやヨゴレがあるのですが、買取の対象となりますか?
お品物の状態を見てからにはなりますが、キズやヨゴレのあるお品物でも買取が可能なお品物は数多くございますので、まずはお気軽に査定の依頼をしてみてください。
メトロノームやチューナーも買取していただけますか?
はい。フルート本体は勿論ですが、周辺機器の買取も行っております。ヤマハ、KORG、セイコーなどのチューナーも当店にお売りください。
譜面台一点のみでも査定していただけるのでしょうか?
はい。お品物一点のみでもしっかりと査定させていただきます。キクタニ、オオハシ、ARIA、バークレイなどの譜面台高価買取致します。
音楽教室を閉めることになり、楽器が大量にあるのですが、買取していただけますか?
はい。大量の買取も喜んで承ります。数が多いと査定額のアップも期待できますので、買取の際は是非まとめてお出しください。
買取の際に予約は必要ですか?
店頭買取の場合は営業時間内でしたら何時にご来店いただいてもすぐに査定致します。他にお客様が居て少々お待たせしてしまう場合もありますので予めご了承下さいませ。
出張買取は行っていますか?
はい。最短で当日のお伺いが可能な場合もありますし、お客様のご都合に合わせて日時を決定することも可能です。
店舗が非常に遠いのですが...
遠方にお住いの方には宅配買取をお勧めしております。お品物を送っていただき、到着次第すぐに査定に入ります。査定が終わりましたらご連絡を差し上げますので、金額にご納得いただけましたらお支払いとなります。
買取の際に必要なものはありますか?
買取が成立しましたら本人確認を行うために運転免許証や健康保険証などのご提示をお願いしております。
電話での問い合わせで査定額を出してもらうことは可能でしょうか?
おおよその査定額をお出しすることは可能かとは思いますが、状態などが非常に重要となってくるお品物によっては現物を見た際に査定額が大きく変動する場合もございますので予めご了承ください。
査定にはお金がかかりますか?
いいえ。店頭買取、出張買取、宅配買取のどいずれも査定は無料です。
査定額に納得がいかない場合はキャンセルは可能ですか?
はい。査定額が合わない場合はキャンセルすることが出来ます。その際のキャンセル料は一切かかりません。
ケースやケースカバーなども取り扱っておりますか?
はい。ケースやケースカバーも買取いたします。ダブルケースや本革のケースなど高価買取いたします。
頭部管のみの買取も可能ですか?
はい。フルート関連のお品物でしたらどんなものでもお買取りいたします。アリスタ、エマニュエル、シェリダン、フォリジなど、あらゆるブランドの頭部管取り扱っております。
クロスやロッドなども買取していただけるのでしょうか?
はい。フルートのメンテナンス用品も買取させていただきます。
オーケストラのCDやDVDなども買取の対象になりますか?
はい。クラシックのCDやDVDは人気がありますので勿論買取致します。
修理が必要なフルートでも買取していただけるのでしょうか?
はい。お品物の状態によりますが、たいていのお品は買取が可能ですので、まずは楽器買取専門店の当店に査定の依頼をしてみてください。
買取の際は一点一点お値段を付けて頂けるのでしょうか?
一点一点お値段を付けられるお品物はしっかりとお値段を付けさせて頂きますが、一点ずつではお値段が付けづらいお品物に関してはまとめて査定額に上乗せさせて頂きます。
まだ売ろうか迷っているので査定のみお願いしたいのですが...
査定のみでもお気軽にお持ち込み・お問い合わせください。
査定はいつでもしていただけるのでしょうか?
定休日の水曜日を除く営業時間内でしたら基本的に何時でも査定いたします。
メーカーのわからないフルートがあるのですが、このようなものでも買取はしていただけますか?
はい。当店にはあらゆるフルートに詳しい専門スタッフが常駐してりますので、詳細のわからないフルートでも安心してお売りいただけます。
サックスやトランペットなども買取していただけますか?
はい。クラリネット、トロンボーン、ヴァイオリンなど、楽器ならどんなものでも買取致します。
買取の対象にならない楽器はありますか?
基本的にはどんな楽器も買取は可能ですが、あまりにも状態が悪いお品物に関してはお値段が付けづらい場合がございますので予めご了承ください。
フルートをなるべく高く買い取ってもらうためには?
お品物の状態がいいことは勿論ですが、付属品やアクセサリなどが充実していると査定額のアップにつながりますので、お売りいただく際はまとめてお売りください。
宅配買取をお願いしたいのですが、どのようにすればいいのでしょうか?
当社から宅配キットを取り寄せるか、ご自身で梱包材をご用意されて宅配買取申込書に記入し、売却したい商品と同梱して発送してください。
宅配買取の際に必要なものはありますか?
売却したい商品と身分証明書となるもの(住民票・免許証・保険証のコピーなど)、お客様のお名前・ご住所・ご連絡先・お振込先の銀行と銀行口座のメモを同梱して発送してください。

TOP買取専門店店舗一覧

センター

大阪

大阪で楽器の買取
大阪センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

大阪府高槻市野見町5番16号 三和ハイツ11号室

店頭買取

京都

京都で楽器の買取
京都本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

京都市西京区上桂三ノ宮町54-1

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

楽器買取事例

愛用してたフルートでしたが、良い値段で売ることができました。[この記事を読む]

この度はお世話になりました。TOP楽器買取屋さんで、長年使っていたフルートを買い取って頂いたきました。私はフルートを吹き始めて十数年になりますが、この間に二度、フルートを買い換えました。始めのフルートは初心者向けのもので、三年使い込みました。その後持ち替えたフルートは、知り合いのつてで中古で購入したもので、もう少しグレードの高いものです。こちらは修理やメンテナンスを繰り返し、十年近く使っていました。しかし先日、私の誕生日のお祝いに、と子供たちが新品のフルートをプレゼントしてくれたのです。以前から憧れていたモデルのもので、子供たちには本当に感謝しています。こういうわけで、長年愛用したフルートは使わなくなったのですが、売りに出すのを渋っていました。というのも、以前新品で購入した入門用のフルートを売った折、フルートは傷みの激しい楽器だから、中古になると大幅に値が落ちるのは当たり前だということで、まともな値段がつかなかった経緯がありました。今回は中古で購入、しかも十年使っているものです。ただ同然で売る位なら、手元に置いておこうかとも考えたのです。しかし、やはり査定だけでもと思い、TOP楽器買取屋さんにお電話致しました。お電話でおおよその査定額を教えて頂きましたが、やはり見てみないと分からないということで、出張査定していただくことになりました。査定士の方は熱心にフルートを見てくださり、予想もしていなかった良い値段をつけて下さいました。丁寧に使い込まれています、とおっしゃってくださったのが、私はとても嬉しかったです。TOPさんで無かったら、私は使わなくなったフルートを手放さなかっただろうと思います。本当にありがとうございました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

フルートの仕組み

昔のフルートは木で制作されてたので、木製フルートが多かったですが、金属で制作されたフルートもなぜか、木管楽器として呼ばれているんです。一般にフルートと言われているのは、グランドフルートやコンサートフルートで、ドイツのフルート演奏家&楽器の制作者ののテオバルト・ベームによって19世紀に改良され、大音量や金属の管体をもつことができました。

フルートはリードをしないで音色をだしますので、タンキングが他の管楽器よりも簡単にでき、指の運びやすさを簡単にできます。そのため、早いパッセンジャーを演奏することができる楽器なのです。管楽器の中で音量は小さい方にはいりますが、高い音域があるので、耳につきやすのがフルートの特徴だと思います。よく、フルートの音色は、鳥の鳴き声にたとえられますが、実際に曲の中でも鳥の鳴き声に使われます。

フルートは長さが70cm程ある長い楽器で、保管する時は、三分割します。フルートには、吹く場所がある頭部管とフルート全体の中で一番長い部分の胴部管と逆に、フルートの全体の中で一番短い部分の足部管があり、頭部管を入れる長さを変えることで、他の楽器とのピッチを調節します。フルートで、音を出すのは、頭部管の部分です。唄口と呼ばれる部分の真ん中に、唄口の下から1/3の部分に下唇を当てて、エッジに向かって息を吹きかけます。エッジというのは、唄口の反対側にある角のことです。音が鳴る場所を見つけるには、頭部管の向きを調節してみてください。慣れると自然に吹けるようになりますので、頑張ってみてください。

フルートはみなさんもご存知の通り、オーケストラ、吹奏楽や独奏などで用いられ、重要な楽器の一つです。フルート奏者の人口は、他の管楽器と比べても数多くいらっしゃいます。それだけ、フルートに大きな魅力を感じてるのだと思います。

日本のフルート奏者

みなさんは、フルートというキーワードで何を想像しますか?フルートと言えば、学校の吹奏楽部で使用されたり、クラシックコンサート、オーケストラなどで使用されたりしますが、昨今では、JAZZでもフルートを使用するようになってきたようです。また、珍しいですが、ロックバンドでもフルートを担当する方がいるほど、今ではフルートは人気の楽器になっています。

その人気のフルート奏者を何人か紹介したいと思います。まず、1人目は、癒しの演奏家と呼ばれている、須藤栄二さん。須藤英二さんは、1961年生まれで京都市の芸術大学音楽部を卒業。現在、東京を中心に、国内外で「癒しのフルート」という活動を行っている方です。また、病院、施設などの場所で、「薬を使わない音楽治療」という活動も須藤英二さんはされています。須藤英二さんは、作曲もされていて、2009年に自作曲を集めた作品を発表していて、音楽祭でも受賞してるほど、実力のある方です。

2人目は、JAZZのフルート演奏家のYUKARIさんです。YUKARIさんは、クラシックフルートを10歳から習い、大学で語学や民族の問題に興味をち、それを学ぶために20ヵ国以上をバックパッカーでまわり、各地の音楽にふれた経験を持っています。そして、YUKARIさんはバークリー音楽院のOutstanding Musicianshipを受賞しているフルート演奏家です。

3人目は、多久潤一朗さんです。多久潤一朗さんは、フルートのパフォーマンス集団「マグナムトリオ」でリーダーをやられています。民族音楽や現代の音楽をアレンジをおこなったり、個性的な音楽を演奏しています。イギリスやカナダなど、日本以外にも世界でも活動されています。

有名なフルート演奏家を3人紹介しましたが、まだまだ世界や日本で活躍してるフルート演奏家はいますので、興味がある方は調べてみてください。

フルートとリコーダの違い

昔はリコーダーの事をフルートと言っていたそうで、同じ笛として吹く楽器として構造的にもリコーダーとフルートはとても似ている楽器になります。それぞれの違いは楽器の向きと出せる音域の幅で、フルートは横で3オクターブ以上、リコーダは縦で2オクターブ以上の音域が出せる楽器になります。リコーダーは音楽の授業でも取り入れらているように音楽初心者でもやり易く敷居の低い楽器ですが、フルートは扱う音域も広く、音が出せるようになるまでにも少しコツが必要になる楽器です。

フルートの種類

フルートの種類はこちらの3つで、出せる音域によって名称が変わります。

【フルート】名前からも分かるようにスタンダートなタイプになりますが、C管フルートとH管フルートの2種類があります。それぞれの違いは音域の幅で、C管フルートは一般的に明るくて華やかな音、H管フルートはダークで色っぽい音が出ます。

【バスフルート】C管フルートよりも1オクターブ低い音域の出るフルートで、楽器の形もほかのフルートとは異なり先端がU字に曲がっています。フルートの中でも一番低い音域を担当するフルートです。

【アルトフルート】悠々とした存在感ある音が魅力のフルートで通常のフルートよりも低い音域を担当するフルートになります。

ちなみにこれら3つと比較してより高い音域を担当するのがピッコロという楽器で、ソプラノフルートと呼ばれたりします。

まとめ

音楽ジャンルとしては、主にクラシックなどで使われる上品で高潔なイメージがある楽器ですが、クラシックだけに限らずJAZZやポップスなど幅広い音楽で使用される楽器です。また音の特徴などからも女性がやるイメージが強い楽器ですが、男性にもフルート奏者は多くいますので、男性でフルートをやってみたいと考えている方はこれを機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

よくあるお問い合わせ

買取に関するご質問はありませんか?
気になる質問をタップしてください。