札幌TOP楽器屋さんはフルートの買取を行っています。

フルートの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

フルート高価買取

不要なフルートはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはフルートを買取中。

買取事例

札幌市白石区でフルートの買取

店頭買取

札幌市白石区のお客様からフルートを買取させていただきました。

札幌市東区でフルートの買取

店頭買取

札幌市東区のお客様からフルートを買取させていただきました。

北海道芦別市でヤマハ フルートの買取

出張買取

北海道芦別市のお客様からヤマハ フルートを買取させていただきました。

北海道登別市でフルートの買取

宅配買取

北海道登別市のお客様からフルートを買取させていただきました。

札幌のフルート買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。電話やメールでの簡単見積もりも可能です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 お客様のご自宅に不要になったトランペットやサックス、フルート、クラリネット、ハーモニカやホルンなどございませんか? 管楽器はヤマハやバック、ゲッツェンやセルマー、クランポンだけでなく、アマティやキャノンボール、キングなどの買取も行っております。 また、楽器本体だけでなく、マウスピースや教則本、DVDなどもお売りいただけますので、お気軽にご相談ください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

初めての買取でしたが、良い業者さんで良かったです。

この度はお世話になりました。TOP楽器買取屋さんでフルートを買い取っていただきました。定年退職したのを機に、フルートを習い始めました。以前から管楽器を演奏したいと思っており、体力があまりいらないから定年後に始めるのに向いていると言われるフルートを始めてみようと思いました。フルート奏者である娘の友人に見立ててもらい、インターネットでフルートを購入。フルート教室にも通い始めたのですが、家から少し遠く月1回だけのレッスンです。なのでほとんど独学のような形になったのですが、やはり一人だとなかなか上達しないものです。それに慣れない姿勢を維持しなくてはいけないので体もあちこち痛めてしまい、だんだんとフルートから遠ざかっていました。使わないものを置いておくと気運に良くないといいますし、TOP楽器買取屋さんでこのフルートを買い取って頂きたいと思いました。不要品を買い取っていただくのは初めてでしたが、TOP楽器買取屋さんでは親切丁寧に、買取の段取り等を説明してくださいました。相談にのって頂き宅配サービスを利用することになったのですが、必要なのは楽器を梱包することと所定の用紙に記入をすることだけで、手配していただいた業者の方が家まで荷物を取りに来てくださいましたのでとても便利だと感じました。それからすぐに連絡が来て、そのまま買い取っていただけることとなり、支払いもすぐにして頂けとてもスムーズに買取してもらうことができました。良い業者さんに出会えて良かったです。どうも有難うございました。

千歳市にお住まいのお客様から、宅配買取サービスご利用でフルートを買取させて頂きました。この度はTOP楽器買取屋さんをご利用頂き、誠に有難うございました。フルートの原形である笛型の楽器は、石器時代からその存在が確認されるなど、人類にとってもっとも付き合いの長い楽器とも言えます。息を吹き込むだけというシンプルな奏法であることから、クラシック楽器の中では比較的初心者向けの楽器でもあります。初心者が楽器を選ぶ際にはよく、始めからある程度高価な品質の良いものを選んだ方が上達しやすい、というのはよく言われることですが、フルートに関しては一概には言えず、安いものの方が音は出やすく演奏もしやすく作られているので練習用にはかえって良いということもあるそうです。今回買取させて頂きましたのは、パール製の入門用フルート、洋銀製で最もスタンダードなものでした。フルートの材質には洋銀、銀、金、プラチナ、木などがあり、近頃は樹脂製なども存在するようです。材質が希少金属になると、当然その価格は上がります。しかしその構造は基本的には同じですから、材質が高価であるから良い音がするとは限らず、個人の好みも関わってくるところです。洋銀製は他の金属に比べると軽く、響きやすいので初心者には特に向いていると言えます。洋銀製のデメリットとしては劣化しやすいことで、手の汗に含まれる酸などでもすぐに劣化がすすみますので、お手入れにはひときわ注意したいところです。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

よくあるご質問

フルートはどんなメーカーのものでも買取は可能ですか?
はい。ヤマハ、ムラマツ、パール、ベルンハルト・ハンミッヒなど、あらゆるメーカーのフルートを取り扱っております。
どんな種類のフルートでも買取していただけるのでしょうか?
はい。アルトフルート、バスフルート、コントラバスフルートなど、どんな種類のフルートでも買取致します。
若いころに使っていた古いフルートなのですが、そのようなものでも買取は可能ですか?
はい。新しいモデルは勿論ですが、古いモデルも買取しております。処分してしまう前にまずは是非当店に査定の依頼をしてみてください。
キズやヨゴレがあるのですが、買取の対象となりますか?
お品物の状態を見てからにはなりますが、キズやヨゴレのあるお品物でも買取が可能なお品物は数多くございますので、まずはお気軽に査定の依頼をしてみてください。
メトロノームやチューナーも買取していただけますか?
はい。フルート本体は勿論ですが、周辺機器の買取も行っております。ヤマハ、KORG、セイコーなどのチューナーも当店にお売りください。
譜面台一点のみでも査定していただけるのでしょうか?
はい。お品物一点のみでもしっかりと査定させていただきます。キクタニ、オオハシ、ARIA、バークレイなどの譜面台高価買取致します。
音楽教室を閉めることになり、楽器が大量にあるのですが、買取していただけますか?
はい。大量の買取も喜んで承ります。数が多いと査定額のアップも期待できますので、買取の際は是非まとめてお出しください。
買取の際に予約は必要ですか?
店頭買取の場合は営業時間内でしたら何時にご来店いただいてもすぐに査定致します。他にお客様が居て少々お待たせしてしまう場合もありますので予めご了承下さいませ。
出張買取は行っていますか?
はい。最短で当日のお伺いが可能な場合もありますし、お客様のご都合に合わせて日時を決定することも可能です。
店舗が非常に遠いのですが...
遠方にお住いの方には宅配買取をお勧めしております。お品物を送っていただき、到着次第すぐに査定に入ります。査定が終わりましたらご連絡を差し上げますので、金額にご納得いただけましたらお支払いとなります。
買取の際に必要なものはありますか?
買取が成立しましたら本人確認を行うために運転免許証や健康保険証などのご提示をお願いしております。
電話での問い合わせで査定額を出してもらうことは可能でしょうか?
おおよその査定額をお出しすることは可能かとは思いますが、状態などが非常に重要となってくるお品物によっては現物を見た際に査定額が大きく変動する場合もございますので予めご了承ください。
査定にはお金がかかりますか?
いいえ。店頭買取、出張買取、宅配買取のどいずれも査定は無料です。
査定額に納得がいかない場合はキャンセルは可能ですか?
はい。査定額が合わない場合はキャンセルすることが出来ます。その際のキャンセル料は一切かかりません。
ケースやケースカバーなども取り扱っておりますか?
はい。ケースやケースカバーも買取いたします。ダブルケースや本革のケースなど高価買取いたします。
頭部管のみの買取も可能ですか?
はい。フルート関連のお品物でしたらどんなものでもお買取りいたします。アリスタ、エマニュエル、シェリダン、フォリジなど、あらゆるブランドの頭部管取り扱っております。
クロスやロッドなども買取していただけるのでしょうか?
はい。フルートのメンテナンス用品も買取させていただきます。
オーケストラのCDやDVDなども買取の対象になりますか?
はい。クラシックのCDやDVDは人気がありますので勿論買取致します。
修理が必要なフルートでも買取していただけるのでしょうか?
はい。お品物の状態によりますが、たいていのお品は買取が可能ですので、まずは楽器買取専門店の当店に査定の依頼をしてみてください。
買取の際は一点一点お値段を付けて頂けるのでしょうか?
一点一点お値段を付けられるお品物はしっかりとお値段を付けさせて頂きますが、一点ずつではお値段が付けづらいお品物に関してはまとめて査定額に上乗せさせて頂きます。
まだ売ろうか迷っているので査定のみお願いしたいのですが...
査定のみでもお気軽にお持ち込み・お問い合わせください。
査定はいつでもしていただけるのでしょうか?
定休日の水曜日を除く営業時間内でしたら基本的に何時でも査定いたします。
メーカーのわからないフルートがあるのですが、このようなものでも買取はしていただけますか?
はい。当店にはあらゆるフルートに詳しい専門スタッフが常駐してりますので、詳細のわからないフルートでも安心してお売りいただけます。
サックスやトランペットなども買取していただけますか?
はい。クラリネット、トロンボーン、ヴァイオリンなど、楽器ならどんなものでも買取致します。
買取の対象にならない楽器はありますか?
基本的にはどんな楽器も買取は可能ですが、あまりにも状態が悪いお品物に関してはお値段が付けづらい場合がございますので予めご了承ください。
フルートをなるべく高く買い取ってもらうためには?
お品物の状態がいいことは勿論ですが、付属品やアクセサリなどが充実していると査定額のアップにつながりますので、お売りいただく際はまとめてお売りください。
宅配買取をお願いしたいのですが、どのようにすればいいのでしょうか?
当社から宅配キットを取り寄せるか、ご自身で梱包材をご用意されて宅配買取申込書に記入し、売却したい商品と同梱して発送してください。
宅配買取の際に必要なものはありますか?
売却したい商品と身分証明書となるもの(住民票・免許証・保険証のコピーなど)、お客様のお名前・ご住所・ご連絡先・お振込先の銀行と銀行口座のメモを同梱して発送してください。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

北海道札幌市豊平区中の島1条6丁目

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

楽器買取事例

初めての買取でしたが、良い業者さんで良かったです。[この記事を読む]

この度はお世話になりました。TOP楽器買取屋さんでフルートを買い取っていただきました。定年退職したのを機に、フルートを習い始めました。以前から管楽器を演奏したいと思っており、体力があまりいらないから定年後に始めるのに向いていると言われるフルートを始めてみようと思いました。フルート奏者である娘の友人に見立ててもらい、インターネットでフルートを購入。フルート教室にも通い始めたのですが、家から少し遠く月1回だけのレッスンです。なのでほとんど独学のような形になったのですが、やはり一人だとなかなか上達しないものです。それに慣れない姿勢を維持しなくてはいけないので体もあちこち痛めてしまい、だんだんとフルートから遠ざかっていました。使わないものを置いておくと気運に良くないといいますし、TOP楽器買取屋さんでこのフルートを買い取って頂きたいと思いました。不要品を買い取っていただくのは初めてでしたが、TOP楽器買取屋さんでは親切丁寧に、買取の段取り等を説明してくださいました。相談にのって頂き宅配サービスを利用することになったのですが、必要なのは楽器を梱包することと所定の用紙に記入をすることだけで、手配していただいた業者の方が家まで荷物を取りに来てくださいましたのでとても便利だと感じました。それからすぐに連絡が来て、そのまま買い取っていただけることとなり、支払いもすぐにして頂けとてもスムーズに買取してもらうことができました。良い業者さんに出会えて良かったです。どうも有難うございました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

フルートの人気メーカー紹介

みなさん、フルートにはいろんなモデルやメーカーがありますが、どんな基準で選んでいますか?吹きやすさですか?耐久性や操作性の良さですか?それぞれ、いろんな意見がありますし、フルートとの相性が良いか悪いの問題もあると思います。特に吹きにくい楽器だと、やはり相性が合ってないと思いますし、選ぶ時に慎重になります。今回は、フルートの人気メーカーを紹介しますので、フルート選びに悩んでる方は、ぜひ、参考にしてみてください。価格も数万円から何百万円までいろいろあります。

まず、フルート人気メーカーのアルタスを紹介します。アルタスは、フルートの部品をコストダウンをはかるために海外で製造していて、比較的新しいメーカーです。アルタスのフルートのメリットは、良い音程、吹きやすさが好評です。アルタスの人気の楽器、「物語のあるフルート」は大変人気です。キーや音色や他の点でも、他社と違ってこだわって制作しています。アルタスのフルートは、良くても悪くても個性が反映してしまうそうです。音量は大きい音色がでるわけではなく、こじんまりとした音色を響かせるタイプです。パワーを出し過ぎると、迫力ある音色が出せるのも、アルタスフルートの良さでもあります。

次に、ミヤザワを紹介します。ミヤザワのフルートは、音量はかなり出て、アメリカ好みと言われています。機能はと言えば、基本性能がきっちりしていて、精度も良いので、故障になりにくいのは良い点だと思います。ただ、どんな楽器にも言える事ですが雑に扱うと故障しますので、扱いは優しくしましょう。

最後に、パールを紹介します。パールは、もともと、打楽器のメーカーだったのを、みなさんご存知でしたか?打楽器からフルート制作に移行してハンドメイドで制作し、ラインナップを増やしていきました。普及モデルは台湾で制作され、高級フルートは日本で制作されています。

以上、人気メーカーを紹介しました。フルートを選ぶ際に参考にしてください。

フルートの名曲

フルートを演奏してる方、普段、どんな楽曲を吹いてらっしゃいますか?どんな曲で練習していますか?フルートで演奏できる曲は数多くあります。今回は、フルートで演奏に向いている名曲をいくつか紹介したいと思います。これから紹介する楽曲を現在、みなさんが練習してるとしたら、すごい偶然です。その楽曲のことを少し簡単に説明をしますので、こんなこともあるんだあとか知らなかったあなど、少し知識を頭に入れて頂けるとありがたいと思います。

まず、1曲目は、ハンガリー田園幻想曲です。この作品は、フランツ・ドップラーがフルートと管弦楽のための制作された有名な作品です。フランツ・ドップラー自身、フルート演奏家で、かなりのオペラやバレエの作品やフルートのための協奏曲や小品などの作品を残しています。「ハンガリー田園幻想曲」は、ドップラーがウイーンに拠点を移す前に、ブダペスト歌劇場のフルート奏者をしていたころの作品と言われています。「ハンガリー田園幻想曲」は、楽曲の構成は、ニ短調で約10分程の演奏時間構成になっています。「ハンガリー田園幻想曲」は全部で、3つの構成になっていて、最初はゆったりとした曲調で始まりますが、だんだん、テンポが速くなっていき、最後はきれいにまとめて終わります。

2曲目は、「牧神の午後への前奏曲」を紹介します。この曲はフランスの作曲家のクロード・ドビュッシーが1892年から1894年の2年間の歳月をかけて作曲した作品で、出世作としても有名です。「牧神の午後への前奏曲」は、ドビュッシーが尊敬していた詩人マラルメの『牧神の午後』に感動してその影響で書かれた作品と言われています。詩人マラルメに熱い思いがあったのではないでしょうか。演奏する時は、こういうことを頭の中でイメージして吹くと良いと思います。感情があふれ出て、演奏にも感情が入ってきて、良い音を奏でられると思います。

いくつか、楽曲を紹介してみましたが、どうでしたか?知ってる楽曲はありましたか?まだまだいろいろありますので、調べてみてください。

フルートについて

フルートは、木管楽器です。内部が空洞になっている管に息を吹き込んで鳴らす管楽器は、金管楽器と木管楽器とに大別されます。金管楽器は英語ではBrass(真鍮)といい金属製の管楽器と捉えられがちですが、木管楽器にも金属製のものがあるように、素材ではなく、音の出し方によって分けられています。木管楽器と金管楽器は材質によって分けられるのではなく、唇の振動によって鳴らすものが金管楽器、唇以外のリードなどを震わせて鳴らすのが木管楽器です。

木管楽器の音の出し方は3種類に大別できます。エアリードは、管の吹き口のエッジに息を吹きかけて空気を振動させて音を出します。シングルリードとダブルリードは、葦の仲間のケーンという植物の茎を縦に割って薄く削ってマウスピースに取り付け、マウスピースを口にくわえて吹くことで、その葦の切片を草笛のように振動させて音を出します。リードが1枚ならシングルリード、2枚ならダブルリードです。元々リードとは英語で葦のことです。

フルートはエアリードの木管楽器です。横笛はローマ時代の硬貨の横笛を吹く人の図に彫られた後、11、2世紀まで姿を見せません。専らゲルマン諸国で宮廷音楽や軍楽に使われ、15世紀になって他国へ広がり始めます。当時は継ぎ目のない円筒管に6つの指孔を空けただけでした。様々な改良を経て、19世紀半ばに現在のフルートの形になりました。

メーカーはPowell(パウエル)、Hammig(ハンミッヒ)、BRANNEN BROTHERS(ブランネンブラザーズ)が有名です。パウエルは1927年にVeme Q.パウエルが設立したアメリカのメーカーです。楽器だけでなくオーラマイトという材料も開発するクラフトマンシップ溢れるメーカーです。ハンミッヒは1780年に設立されたドイツの名門木管楽器メーカーです。優れたデザインとクラフトマンシップで世界中のプロミュージシャンに支持されています。ブランネンブラザーズは1978年に設立したアメリカのメーカーです。最先端の設計技術と音響学を駆使したハンドメイドによる品質の良さが高く評価されています。日本ではヤマハ、ムラマツ、ミヤザワが有名です。

よくあるお問い合わせ

買取に関するご質問はありませんか?
気になる質問をタップしてください。