京都TOP楽器屋さんはハーモニカの買取を行っています。

ハーモニカの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

ハーモニカ高価買取

不要なハーモニカはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

関西エリア 店頭買取

楽器買取専門店 京都TOP楽器買取屋さん桂本店
京都市西京区上桂三ノ宮町54-1
店舗 楽器買取専門店 京都TOP楽器買取屋さん桂本店
営業時間 10:00~20:00
定休日 水曜日(年末年始を除く)
最寄駅 阪急京都線 「桂駅」 西出口
もしくは阪急嵐山線 「上桂駅」
TEL
0120-480-150
住所 〒 600-8006
京都府京都市西京区上桂三ノ宮町54-1
阪急京都線 「桂駅」 西出口もしく阪急嵐山線 「上桂駅」

京都のTOP楽器屋さんはハーモニカを買取中。

京都のハーモニカ買取は京都TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

当店は古都京都西京区に買取専門店を置く中古の楽器の買取&販売だけで商売している価格第一の楽器買取屋さんになります。 楽器買取屋さん京都本店では【店頭買取・出張買取・宅配買取】、三種類の買取で皆様の楽器の買取をお待ちしております。 お客様のご自宅に不要になったトランペットやサックス、フルート、クラリネット、ハーモニカやホルンなどございませんか? 管楽器はヤマハやバック、ゲッツェンやセルマー、クランポンだけでなく、アマティやキャノンボール、キングなどの買取も行っております。 また、楽器本体だけでなく、マウスピースや教則本、DVDなどもお売りいただけます。 上記以外のメーカーや楽器の買取も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

〒615-8224 京都市西京区上桂三ノ宮町54-1 (京都本店) フリーダイヤル:0120-480-150

京都TOP楽器屋さんについて

当店の特徴としては長年、京都市西京区に楽器買取店を経営する楽器買取屋さんになります。 人気の楽器はもちろんマニアックな趣味の楽器あらゆる楽器を京都全域で行っている楽器買取屋さんになります。 近年では持込が難しい方の為に京都全域に無料出張買取を行っています。京都では住民の一割が学生さんということもあり大学などの法人買取、オーケストラ用の楽器の買取が多いのも特徴です。 京都で不要な楽器売るならここで間違いないといわれるようこれからも薄利多売で経営していきます。 また楽器の買取価格も電話での査定も行っていますのでご気軽にお電話下さい。 また当社では自社で楽器のメンテナンスが出来る為、他店楽器屋さんでは買取価格が付き難いジャンク品『潰れた楽器』の買取にも強いです。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

京都

京都で楽器の買取
京都本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

京都市西京区上桂三ノ宮町54-1

営業所

センター

京都で楽器の買取
京都センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

京都府京都市西京区牛ケ瀬奥ノ防町23

 

京都で楽器の買取
京都センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

京都府宇治市志津川南組49

 

京都で楽器の買取
京都センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

京都府京都市右京区西京極前田町27-4

 

京都で楽器の買取
京都センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

京都府京都市右京区西院四条畑町5-3 オーヤマ第2ビル5F

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

京都楽器買取事例

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

京都楽器買取

住所:京都市西京区上桂三ノ宮町54-1

定休日:水曜日(年末年始を除く)

営業時間:AM 10:00-PM 20:00

最寄駅1:阪急京都線 「桂駅」 西出口

最寄駅2:阪急嵐山線 「上桂駅」

フリーダイヤル:0120-480-150

ハーモニカとは?
オススメのメーカー

ハーモニカは、フリーリードを使用した楽器でメインはポピュラー音楽や民俗音楽で使われていて、ハモニカとも呼ばれます。現在では全く使われないですが、かつては口風琴と言われた時代がありました。ハーモニカの発明者はいろいろ言われていますが、起源は1820年頃に作られたオルガンの調律用の道具だと言われています。ハーモニカの原初的な楽器は全ての音階がシンプルで全て吹音楽器でした。商業的なハーモニカはウイーンにて1824年に初めて発売されました。当時、吹くだけの楽器でしたがジョセフ・リヒターによって吹く吸うを交互に繰り返したヒター・チューニングが発明され、その後西洋式音階配列のハーモニカがメインとなっていきます。

ハーモニカのリードは金属で作られていて一般的には合金である真鍮をメインとして使用されています。また、いろんな種類の金属を混ぜた複雑な合金製の物もあって真鍮リードと言っても国内で使用が許可された真鍮合金は11種類もあります。最近では真鍮ではないステンレスを使ったリードを持つハーモニカも発売されています。これは真鍮性の物より丈夫で、真鍮性の約3倍の楽器の寿命が延びます。ハーモニカのリードは音域の周波数と同じ回数を1秒間に振幅して音をだします。薄い金属片が1秒間に400回以上震えますが、長い間使ったりして過度に使用すればおのずと金属は疲労を起こし音程がずれてきます。

ではここでハーモニカのおすすめメーカーをお伝えします。それは東京荒川区にあるトンボ楽器製作所です。そのトンボ楽器製作所のメジャーボーイNO1710を紹介します。メジャーボイはスタンダードなハーモニカを発売して以来30年間トップを君臨してきました。ブルース、ポップス、ウエスタン、ロックなど多くの音楽ジャンルから、いろんな世代から愛用されてきました。このモデルの特徴は優れた耐久性と樹脂製本体、メンテナンスの利便性などあります。ぜひ一度、演奏してみてください。

京都楽器買取