京都TOP楽器屋さんは三線の買取を行っています。

三線の買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

三線高価買取

不要な三線はぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

関西エリア 店頭買取

楽器買取専門店 京都TOP楽器買取屋さん桂本店
京都市西京区上桂三ノ宮町54-1
店舗 楽器買取専門店 京都TOP楽器買取屋さん桂本店
営業時間 10:00~20:00
定休日 水曜日(年末年始を除く)
最寄駅 阪急京都線 「桂駅」 西出口
もしくは阪急嵐山線 「上桂駅」
TEL
0120-480-150
住所 〒 600-8006
京都府京都市西京区上桂三ノ宮町54-1
阪急京都線 「桂駅」 西出口もしく阪急嵐山線 「上桂駅」

京都のTOP楽器屋さんは三線を買取中。

京都の三線買取は京都TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

当店は古都京都西京区に買取専門店を置く中古の楽器の買取&販売だけで商売している価格第一の楽器買取屋さんになります。 楽器買取屋さん京都本店では【店頭買取・出張買取・宅配買取】、三種類の買取で皆様の楽器の買取をお待ちしております。 TOP楽器買取屋さんでお売りいただける打楽器は、三味線や琴、尺八、琵琶、鼓などがお売りいただけます。 査定は楽器専門の査定士が行います。 また、和楽器ならジャンク品でも買取できますので、三味線の皮が破れていたり、琴や琵琶の弦が切れていてもお値段をつけさせて頂きます。 上記以外の楽器の買取も行っておりますので、ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

〒615-8224 京都市西京区上桂三ノ宮町54-1 (京都本店) フリーダイヤル:0120-480-150

京都TOP楽器屋さんについて

当店の特徴としては長年、京都市西京区に楽器買取店を経営する楽器買取屋さんになります。 人気の楽器はもちろんマニアックな趣味の楽器あらゆる楽器を京都全域で行っている楽器買取屋さんになります。 近年では持込が難しい方の為に京都全域に無料出張買取を行っています。京都では住民の一割が学生さんということもあり大学などの法人買取、オーケストラ用の楽器の買取が多いのも特徴です。 京都で不要な楽器売るならここで間違いないといわれるようこれからも薄利多売で経営していきます。 また楽器の買取価格も電話での査定も行っていますのでご気軽にお電話下さい。 また当社では自社で楽器のメンテナンスが出来る為、他店楽器屋さんでは買取価格が付き難いジャンク品『潰れた楽器』の買取にも強いです。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

京都

京都で楽器の買取
京都本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

京都市西京区上桂三ノ宮町54-1

営業所

センター

京都で楽器の買取
京都センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

京都府京都市西京区牛ケ瀬奥ノ防町23

 

京都で楽器の買取
京都センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

京都府宇治市志津川南組49

 

京都で楽器の買取
京都センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

京都府京都市右京区西京極前田町27-4

 

京都で楽器の買取
京都センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

京都府京都市右京区西院四条畑町5-3 オーヤマ第2ビル5F

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

京都楽器買取事例

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

京都楽器買取

住所:京都市西京区上桂三ノ宮町54-1

定休日:水曜日(年末年始を除く)

営業時間:AM 10:00-PM 20:00

最寄駅1:阪急京都線 「桂駅」 西出口

最寄駅2:阪急嵐山線 「上桂駅」

フリーダイヤル:0120-480-150

三線とは?オススメのメーカー

三線はとても三味線に似ていて、沖縄三味線と呼ばれるケースがあります。現在の三線のスタイルになったのは、17世紀から始まったと言われています。三線の構造は、まず3本の弦がありますが、太さはモデルによって異なります。三線には、南風原型、知念大工型、久場春殿型、久葉の骨型、真壁型、與那型の6つの型があります。三線の音を出す胴の部分に蛇皮を張って胴の尻から棹の先に向けて3本の弦を張り弦を弾いて音を出し、メインは単音でメロディ部分を演奏します。

現在、古典音楽や民謡の他にポップスやクラブミュージックなどいろいろなジャンルで使われ、演奏するアーティストも沖縄音楽や沖縄文化圏に限らないですが、今日でも沖縄文化を象徴する楽器の一つになっています。沖縄県では三線のことを、一般に「さんしん」や「しゃみせん」と呼び、奄美群島では「三味線」「蛇皮線」「ジャミセン」などの呼び方があります。

ではここで三線のおすすめメーカーをお伝えします。それは沖縄県にある華音です。華音の三線は華音独自の工房を持っている三線の製造メーカーです。原料となる木を仕入れて組み立てから皮張りまでを自社の工房で全て行っています。その木はゆし木以上の品質のものしか使用しないとかなりの徹底ぶりです。これもお客様のことを思ってのことです。

サービスやアフターフォローなども徹底していますので、三線のおすすめメーカーとして紹介させて頂いています。三線で使うスタンドやストラップ、弦、ケースなど多く取り揃えていますので、まず困ることはないと思います。三線をこれから弾いてみたい方や初心者の方など、ぜひ一度、華音に連絡してみてはいかがでしょうか?質の高い三線を取り扱っていますので、満足いく製品が見つかると思います。

京都楽器買取