京都TOP楽器屋さんは和太鼓の買取を行っています。

和太鼓の買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

和太鼓高価買取

不要な和太鼓はぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

関西エリア 店頭買取

楽器買取専門店 京都TOP楽器買取屋さん桂本店
京都市西京区上桂三ノ宮町54-1
店舗 楽器買取専門店 京都TOP楽器買取屋さん桂本店
営業時間 10:00~20:00
定休日 水曜日(年末年始を除く)
最寄駅 阪急京都線 「桂駅」 西出口
もしくは阪急嵐山線 「上桂駅」
TEL
0120-480-150
住所 〒 600-8006
京都府京都市西京区上桂三ノ宮町54-1
阪急京都線 「桂駅」 西出口もしく阪急嵐山線 「上桂駅」

京都のTOP楽器屋さんは和太鼓を買取中。

京都の和太鼓買取は京都TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

当店は古都京都西京区に買取専門店を置く中古の楽器の買取&販売だけで商売している価格第一の楽器買取屋さんになります。 楽器買取屋さん京都本店では【店頭買取・出張買取・宅配買取】、三種類の買取で皆様の楽器の買取をお待ちしております。 TOP楽器買取屋さんでお売りいただける打楽器は、三味線や琴、尺八、琵琶、鼓などがお売りいただけます。 査定は楽器専門の査定士が行います。 また、和楽器ならジャンク品でも買取できますので、三味線の皮が破れていたり、琴や琵琶の弦が切れていてもお値段をつけさせて頂きます。 上記以外の楽器の買取も行っておりますので、ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

〒615-8224 京都市西京区上桂三ノ宮町54-1 (京都本店) フリーダイヤル:0120-480-150

京都TOP楽器屋さんについて

当店の特徴としては長年、京都市西京区に楽器買取店を経営する楽器買取屋さんになります。 人気の楽器はもちろんマニアックな趣味の楽器あらゆる楽器を京都全域で行っている楽器買取屋さんになります。 近年では持込が難しい方の為に京都全域に無料出張買取を行っています。京都では住民の一割が学生さんということもあり大学などの法人買取、オーケストラ用の楽器の買取が多いのも特徴です。 京都で不要な楽器売るならここで間違いないといわれるようこれからも薄利多売で経営していきます。 また楽器の買取価格も電話での査定も行っていますのでご気軽にお電話下さい。 また当社では自社で楽器のメンテナンスが出来る為、他店楽器屋さんでは買取価格が付き難いジャンク品『潰れた楽器』の買取にも強いです。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

京都

京都で楽器の買取
京都本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

京都市西京区上桂三ノ宮町54-1

営業所

センター

京都で楽器の買取
京都センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

京都府京都市西京区牛ケ瀬奥ノ防町23

 

京都で楽器の買取
京都センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

京都府宇治市志津川南組49

 

京都で楽器の買取
京都センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

京都府京都市右京区西京極前田町27-4

 

京都で楽器の買取
京都センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

京都府京都市右京区西院四条畑町5-3 オーヤマ第2ビル5F

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

京都楽器買取事例

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

京都楽器買取

住所:京都市西京区上桂三ノ宮町54-1

定休日:水曜日(年末年始を除く)

営業時間:AM 10:00-PM 20:00

最寄駅1:阪急京都線 「桂駅」 西出口

最寄駅2:阪急嵐山線 「上桂駅」

フリーダイヤル:0120-480-150

和太鼓とは?
オススメのメーカー

和太鼓は、お祭りや歌舞伎や能などのイベントでよく使用される楽器です。バチというアイテムで太鼓を叩いて音を出します。ちなみに、手で叩く太鼓を鼓と言います。この鼓も同じくお祭りや歌舞伎、能などのイベントでよく使われる楽器です。和太鼓も鼓と同じように使われます。和太鼓の特徴はとても音の響きが良いことと、余韻が残るのが特徴です。和太鼓を叩くと、遠くの人まで響いてインパクトある音ができます。

太鼓の種類には太鼓の両面を叩くタイプと片面を叩くタイプの2つの種類があります。両面で叩くタイプのものは宮太鼓、桶胴太鼓などで、大きいボリュームが出て低音がよく響きます。また、片面を叩くタイプは団扇太鼓等が当てはまり日蓮宗等で使われることがあり、高音で、響きは少ないです。

また太鼓には使われる場所によって3つの種類に分けられます。まず、歌舞伎や能などでよく使われるのが長胴太鼓です。そして直径30cmの締太鼓、最後に桶胴太鼓などがあります。それぞれ個性があり、いろんな場面で使い分けられています。太鼓の胴材はケヤキがメインでしたが国産は近年、材料が不足していますので最近ではシオジ・センがメインになっています。海外からはカリン・ナラなどの堅い木材をくり抜いた円筒形の胴、または板を寄せて円筒を作り桶のようにしたものを使います。

ここで和太鼓のおすすめメーカーをお伝えします。それは大阪にある太鼓正です。太鼓正では和太鼓三昧体験ツアーが行われていますので、興味のある方はぜひ一度参加してみてください。太鼓正で扱っている長胴太鼓を紹介します。長胴太鼓は、「和太鼓」と同じというイメージが多く、日本人にとっては最もなじみ深い太鼓です。くりぬきの胴に鋲で皮を張ったもので音質、音量、見た目の存在感などすべてに優れていて、グループ演奏では大活躍する楽器です。ぜひ、一度、手に取って演奏して、和太鼓の良さを体験して頂きたいです。

京都楽器買取