京都TOP楽器屋さんはハープの買取を行っています。

ハープの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

ハープ高価買取

不要なハープはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

関西エリア 店頭買取

楽器買取専門店 京都TOP楽器買取屋さん桂本店
京都市西京区上桂三ノ宮町54-1
店舗 楽器買取専門店 京都TOP楽器買取屋さん桂本店
営業時間 10:00~20:00
定休日 水曜日(年末年始を除く)
最寄駅 阪急京都線 「桂駅」 西出口
もしくは阪急嵐山線 「上桂駅」
TEL
0120-480-150
住所 〒 600-8006
京都府京都市西京区上桂三ノ宮町54-1
阪急京都線 「桂駅」 西出口もしく阪急嵐山線 「上桂駅」

京都のTOP楽器屋さんはハープを買取中。

京都のハープ買取は京都TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

当店は古都京都西京区に買取専門店を置く中古の楽器の買取&販売だけで商売している価格第一の楽器買取屋さんになります。 楽器買取屋さん京都本店では【店頭買取・出張買取・宅配買取】、三種類の買取で皆様の楽器の買取をお待ちしております。 弦楽器は本体だけではなく、弓の買取も行っております。 お売りいただけるメーカーは、カールヘフナーやペルマン、サルヴィなどの海外メーカーや、落合マンドリン、横内の花子や青山ハープ、スズキなどの国内 メーカーの楽器の買取も行っております。 また上記以外のメーカーの楽器の買取も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

〒615-8224 京都市西京区上桂三ノ宮町54-1 (京都本店) フリーダイヤル:0120-480-150

京都TOP楽器屋さんについて

当店の特徴としては長年、京都市西京区に楽器買取店を経営する楽器買取屋さんになります。 人気の楽器はもちろんマニアックな趣味の楽器あらゆる楽器を京都全域で行っている楽器買取屋さんになります。 近年では持込が難しい方の為に京都全域に無料出張買取を行っています。京都では住民の一割が学生さんということもあり大学などの法人買取、オーケストラ用の楽器の買取が多いのも特徴です。 京都で不要な楽器売るならここで間違いないといわれるようこれからも薄利多売で経営していきます。 また楽器の買取価格も電話での査定も行っていますのでご気軽にお電話下さい。 また当社では自社で楽器のメンテナンスが出来る為、他店楽器屋さんでは買取価格が付き難いジャンク品『潰れた楽器』の買取にも強いです。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

京都

京都で楽器の買取
京都本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

京都市西京区上桂三ノ宮町54-1

営業所

センター

京都で楽器の買取
京都センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

京都府京都市西京区牛ケ瀬奥ノ防町23

 

京都で楽器の買取
京都センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

京都府宇治市志津川南組49

 

京都で楽器の買取
京都センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

京都府京都市右京区西京極前田町27-4

 

京都で楽器の買取
京都センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

京都府京都市右京区西院四条畑町5-3 オーヤマ第2ビル5F

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

京都楽器買取事例

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

京都楽器買取

住所:京都市西京区上桂三ノ宮町54-1

定休日:水曜日(年末年始を除く)

営業時間:AM 10:00-PM 20:00

最寄駅1:阪急京都線 「桂駅」 西出口

最寄駅2:阪急嵐山線 「上桂駅」

フリーダイヤル:0120-480-150

ハープとは?
オススメのメーカー

ハープは西洋の音楽で使われる弦鳴楽器で、ハープ属の一つとして数えられます。ハープの人口が年々増えていて、音色に魅了されてハープの世界にはまっていく人が多いです。ハープは弓を使用せずに、はじいて音を出す楽器です。ハープの全長およそ1.8mあり、弦の本数は、47本のフルコンサートタイプと46本のセミコンサートタイプが存在します。ハープの弦が46本の場合、最低音の弦が1本少なくなります。

ハープの材質は、3種類で構成されていて、一般的に低音域に金属弦、中音域にガット弦、高音域にナイロン弦の材質が使用されています。ハープの弦には赤い弦と黒い弦、そして無色の弦があり、赤い弦はドを表し、黒い弦はファを表し、音を見分ける為に色がついています。ハープの弦は47本、ピアノは88鍵で数に差はかなりありますが、音域がほとんど変わらないのが特徴です。現在は弦が47本で7本のペダルのダブル・アクション・ハープが一般的になっていますので覚えておきましょう。

ハープには7本のペダルがあって、ドからシの7音に対応しています。上がフラット、真中がナチュラル、下がシャープという構成になっています。高温と多湿が苦手な楽器ですので、特に梅雨から秋にかけての管理は神経質に行わないといけません。弦がもし切れてしまった場合は自分で張り替えを行ってください。

ここでハープのおすすめのメーカーをお伝えします。それはサルヴィ・ハープです。サルヴィハープはイタリアのハープメーカーです。現在はペダルハープ18種類、レバーハープ8種類を生産しています。金箔や彫刻を施したハープ、アンプにつなげるエレクトリックハープ、練習用の安価なハープまでいろいろあります。興味ある方はぜひ、一度弾いてみてください。そして、ハープは高温と多湿が苦手な楽器ですので、楽器を長持ちさせるために、手入れを忘れないようにしてください。

京都楽器買取