大阪TOP楽器屋さんはマンドラの買取を行っています。

マンドラの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

マンドラ高価買取

不要なマンドラはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

関西エリア 店頭買取

楽器買取専門店 京都TOP楽器買取屋さん桂本店
京都市西京区上桂三ノ宮町54-1

大阪のTOP楽器屋さんはマンドラを買取中。

大阪TOP

大阪のマンドラ買取はTOP楽器屋さんにお任せ下さい。

当店は中古の楽器の買取&販売だけで商売している価格第一の楽器買取屋さんになります。 大阪にある従来の楽器屋さんでは新品の楽器も販売しているため買取価格も低いことが多いですが、当店ではお客様から買取しなければ在庫が足りなくなる為薄利多売にて商売を行っています。 大阪楽器買取屋のTOP楽器屋さんでは【出張買取・宅配買取】、二種類の買取で皆様の楽器の買取をお待ちしております。 売りたい楽器がたくさんある、何が売れるのかわからない、などお困りのことやご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。 また、電話やメールでの簡単見積もりも受け付けております。 弦楽器は本体だけではなく、弓の買取も行っております。 お売りいただけるメーカーは、カールヘフナーやペルマン、サルヴィなどの海外メーカーや、落合マンドリン、横内の花子や青山ハープ、スズキなどの国内メーカーの楽器の買取も行っております。 また上記以外のメーカーの楽器の買取も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-480-150

マンドラとは?

マンドラはどんな音がするのかというと、民族楽器のような独特な音のする楽器です。なんとなくフラメンコギターの音色に近いような気もします。弦の構成も特徴的で、2本で1セットの弦が4つあり全部で弦が8本ある構成になっています。 ちなみにマンドラにはそれぞれ楽器の大きさと音域が異なる「マンドラ・テノーレ 」と「マンドラ・コントラルト」の2種類がありますが、コントラルトは最近ではほとんどみなく、マンドラといえばテノーレの方を指す事になります。  またギターのように一つの音の余韻を大事にするアプローチはほとんどなく、音を連続で鳴らして聞かせるのもマンドラの特徴です。

マンドラとマンドリンの違い

マンドラとマンドリンは弦の構成やボディの形も同じですが、それぞれの違いは音域にあり、マンドラの方がマンドリンよりも一回りサイズの大きい楽器で1オクターブ低い音域が出る楽器になります。 またマンドリンの他にマンドロンチェロという楽器もあり、こちらはマンドラよりもさらに低い音が出る楽器で、ギターよりもさらに低い音が出ます。というよりもむしろどちらかというベースの音に近くアコースティクでは珍しい音が出ます。

マンドラの価格はどれくらい?

マンドラの価格は、マンドリンと同じくらいでそれなりものですと8万円前後が相場のようです。他の楽器に比べてそもそもそんなにたくさんの数が流通していないようで、マンドリンやマンドラを専門に扱う楽器店などでないとなかなか手に入らないようです。東京では代々木や新宿にお店があったり大阪では東天満に専門のお店があるようなので、興味がある方は自分の住まいの近くにあるお店を検索して実際に足を運んでみましょう。

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

スタッフの方の対応がよく、安心して売ることができました。

マンドラを買い取って頂く為にTOP楽器買取屋さんを利用しました。私が一番良いと思ったことは、査定をしに来てくださったスタッフの方の対応です。ひとつひとつ説明を丁寧にしてくださって、誠意を感じましたし、安心して売ることができました。一時はネットーオークションなども考えましたが、写真を撮ったりアピールする売り文句をつけたりと手間ですし、トラブルになってしまったら元も子もないですよね。それに値段もその時々で上下するようで、私のような素人が下手に出品しても、買い叩かれるのは目に見えています。結局TOP楽器買取屋さんで買ってもらうほうが総合的にお得でした。ちなみにこのマンドラですが、地域の音楽サークルで使用した物です。主人の転勤で越してきて、友人もおらず退屈していたので、何か趣味のサークルでも、と思いマンドリン合奏に興味を持ちました。誰でも簡単に弾けると聞いたし、年齢層も近いのかなと思ったのですが、やはりそれなりに練習は必要です。もともとひとりで練習をするのは苦手でした。しばらくして妊娠してからはサークルに通うことも少なくなってしまい、出産後はそんな時間はほとんど無くなってしまいました。今後また始めるということも、あまり考えていません。なので、マンドラは必要な人に使ってもらうのが良いと思いました。TOP楽器買取屋さんは、とても便利で良い業者さんでした。(お住まい:大阪市淀川区 買取方法:出張買取 買取商品:マンドラ)

この度はTOP楽器買取屋さんをご利用いただき有難うございました。私どものサービスにご満足頂けたとのことで、スタッフ一同心から嬉しく思っております。お客さまの大事な商品に値段をつけて買い取らせて頂きますので、トラブルを避けるためにも十分な事前説明が大切だと考えております。マンドラは、マンドリンをひとまわり大きくした楽器で、マンドリンより丁度1オクターブ低い音域を持っています。マンドリンに比べるとマイナーではありますが、マンドリンオーケストラには欠かせない楽器です。今回お客様から買い取らせて頂いたのは、マンドラでした。ほとんど使われなかったとのことでしたので、本体、ケース、保証書、取扱説明書、替えの弦、とほとんど購入時の状態でした。こういった中古美品は価値が上がりますので、すぐにご売却を決められた判断は確かなものでした。また一式揃っていると、これから新しく始めたい方には重宝されます。予備の弦がついていることも査定額を良くする一因となりました。当店では出張サービスも承っております。 何かございましたらお気軽にお電話ください。今後ともTOP楽器買取屋さんをよろしくお願いいたします。

大阪TOP楽器屋さんについて

当店は大阪全域において楽器の買取業務を行っています。 大阪にお住いのお客様から買取して楽器は本店にて、しっかりリペアやメンテンス専門のスタッフが適切に処理した後、また大阪府内や大阪で楽器の必要な方に販売しています。 買取している楽器は和楽器、管楽器、打楽器、弦楽器、民族楽器など幅広く買取しています。 楽器が好きなスタッフによる楽器買い替えの相談も受けていますので、まずは御電話からお願いします。 大阪は楽器の買取業者も多く激戦区ですが当店では低コスト、薄利多売で大阪全域での集客や楽器買取のニーズがあります。 またインターネットサイトの制作が得意なため、広告費が削減でき低価格運営できるため買取価格は常に最大限で提供できてます。 商売の町、大阪において学生の時使ってた楽器や吹奏楽、趣味の沢山の楽器と出会えることを心からお待ちしています。

TOP買取専門店店舗一覧

センター

大阪

大阪で楽器の買取
大阪センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

大阪府高槻市野見町5番16号 三和ハイツ11号室

店頭買取

京都

京都で楽器の買取
京都本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

京都市西京区上桂三ノ宮町54-1

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

大阪楽器買取事例

スタッフの方の対応がよく、安心して売ることができました。[この記事を読む]

マンドラを買い取って頂く為にTOP楽器買取屋さんを利用しました。私が一番良いと思ったことは、査定をしに来てくださったスタッフの方の対応です。ひとつひとつ説明を丁寧にしてくださって、誠意を感じましたし、安心して売ることができました。一時はネットーオークションなども考えましたが、写真を撮ったりアピールする売り文句をつけたりと手間ですし、トラブルになってしまったら元も子もないですよね。それに値段もその時々で上下するようで、私のような素人が下手に出品しても、買い叩かれるのは目に見えています。結局TOP楽器買取屋さんで買ってもらうほうが総合的にお得でした。ちなみにこのマンドラですが、地域の音楽サークルで使用した物です。主人の転勤で越してきて、友人もおらず退屈していたので、何か趣味のサークルでも、と思いマンドリン合奏に興味を持ちました。誰でも簡単に弾けると聞いたし、年齢層も近いのかなと思ったのですが、やはりそれなりに練習は必要です。もともとひとりで練習をするのは苦手でした。しばらくして妊娠してからはサークルに通うことも少なくなってしまい、出産後はそんな時間はほとんど無くなってしまいました。今後また始めるということも、あまり考えていません。なので、マンドラは必要な人に使ってもらうのが良いと思いました。TOP楽器買取屋さんは、とても便利で良い業者さんでした。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

マンドラとは?

マンドラはどんな音がするのかというと、民族楽器のような独特な音のする楽器です。なんとなくフラメンコギターの音色に近いような気もします。弦の構成も特徴的で、2本で1セットの弦が4つあり全部で弦が8本ある構成になっています。 ちなみにマンドラにはそれぞれ楽器の大きさと音域が異なる「マンドラ・テノーレ 」と「マンドラ・コントラルト」の2種類がありますが、コントラルトは最近ではほとんどみなく、マンドラといえばテノーレの方を指す事になります。  またギターのように一つの音の余韻を大事にするアプローチはほとんどなく、音を連続で鳴らして聞かせるのもマンドラの特徴です。

マンドラとマンドリンの違い

マンドラとマンドリンは弦の構成やボディの形も同じですが、それぞれの違いは音域にあり、マンドラの方がマンドリンよりも一回りサイズの大きい楽器で1オクターブ低い音域が出る楽器になります。 またマンドリンの他にマンドロンチェロという楽器もあり、こちらはマンドラよりもさらに低い音が出る楽器で、ギターよりもさらに低い音が出ます。というよりもむしろどちらかというベースの音に近くアコースティクでは珍しい音が出ます。

マンドラの価格はどれくらい?

マンドラの価格は、マンドリンと同じくらいでそれなりものですと8万円前後が相場のようです。他の楽器に比べてそもそもそんなにたくさんの数が流通していないようで、マンドリンやマンドラを専門に扱う楽器店などでないとなかなか手に入らないようです。東京では代々木や新宿にお店があったり大阪では東天満に専門のお店があるようなので、興味がある方は自分の住まいの近くにあるお店を検索して実際に足を運んでみましょう。

大阪楽器買取