大阪TOP楽器屋さんはウッドベースの買取を行っています。

ウッドベースの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

ウッドベース高価買取

不要なウッドベースはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

関西エリア 店頭買取

楽器買取専門店 京都TOP楽器買取屋さん桂本店
京都市西京区上桂三ノ宮町54-1

大阪のTOP楽器屋さんはウッドベースを買取中。

大阪TOP

大阪のウッドベース買取はTOP楽器屋さんにお任せ下さい。

当店は中古の楽器の買取&販売だけで商売している価格第一の楽器買取屋さんになります。 大阪にある従来の楽器屋さんでは新品の楽器も販売しているため買取価格も低いことが多いですが、当店ではお客様から買取しなければ在庫が足りなくなる為薄利多売にて商売を行っています。 大阪楽器買取屋のTOP楽器屋さんでは【出張買取・宅配買取】、二種類の買取で皆様の楽器の買取をお待ちしております。 売りたい楽器がたくさんある、何が売れるのかわからない、などお困りのことやご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。 また、電話やメールでの簡単見積もりも受け付けております。 弦楽器は本体だけではなく、弓の買取も行っております。 お売りいただけるメーカーは、カールヘフナーやペルマン、サルヴィなどの海外メーカーや、落合マンドリン、横内の花子や青山ハープ、スズキなどの国内メーカーの楽器の買取も行っております。 また上記以外のメーカーの楽器の買取も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-480-150

ウッドベースの特徴

ウッドベースの魅力は、なんといってもあの響き渡る渋い低音です。低い音域の楽器ですが、曲で使われるとかなりの存在感があり、色々なジャンルの音楽でウッドベースは使用されています。Jazzはもちろんですが、J-POPの去年リリースされた椎名林檎の「長く短い祭」でもウッドベースが使用されていたり、90年代のHipHopでもウッドベースを中心に曲が構成されていたりと、本当に色々なジャンルで大活躍する用途の広い楽器がウッドベースです。どのジャンルで使用されてもウッドベースの強い存在感は変わらないですし、曲の魅力をさらに高めているのがとてもいいですよね。

ちなみにウッドベースはコントラバスとも呼ばれたりしますが、両者それぞれの違いはどのジャンルの音楽で使うかだけで、クラシックなどのオーケストラの場合はコントラバス、JazzやPOPSなどの場合はウッドベースと呼ばれるのが一般的です。

ウッドベースを習得するのは中々大変

とても格好いい音の出るウッドベースですが、習得するまでの過程はなかなか険しいようです。というのもウッドベースの場合は、普通のエレキベースとは違いフレッドがないので、毎回音を出す度に自分の耳で音があっているかを拾っていかないといけません(音痴の人は厳しいかも)。特にジャズやファンクなどのジャンルでウッドベースを使用する場合は、ベースがグルーブを担う重要なパートになるので、音程を自分の耳で取りながらも独特のノリも意識して演奏していく難しさがあります。ウッドベースはとても格好いい楽器ですが、こういった難しさもしっかり踏まえた上で、絶対ウッドベースに使ったお金を無駄にしないように心して練習に取り組みましょう。

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

とても早い対応でした。ありがとうございました。

TOP楽器買取屋さんで、ウッドベースを買い取ってもらいました。トラブルもなくスムーズに買ってもらえて、それに良い値段で買ってもらえたのでおすすめの業者さんです。僕がウッドベースを使っていたのはバンドの為で、もともとはエレキだったのですが、バンドの音楽性の幅を広げる為にアコースティックなジャンルも挑戦しよう、ということで始めました。エレキからウッベへの持ち替えは、やっぱり始めは苦労しました。仲間内の反応は良く、それにあの大きな楽器を弾いていると存在感が全然違います。でも正直なところ、エレキでも同じような音は出せるし敢えてウッベである必要はあるのか、というのが僕の感想です。少なくとも僕等のバンドで使う範囲内では、僕にはそれ程必要性が感じられませんでした。なので、就職してバンドも解散したとき、僕はこれからもエレキベースは続けていくけれどウッドベースはもう使わないだろうと思い、売ることにしました。高級なものを買ったわけでは無いですが、親にも借金して買ったので、できるだけ高く売ろうと思いました。ネットオークションや買取業者、知り合いのつてもあたって、一番良かったのがTOP楽器買取屋さんでした。楽器専門ということもあって、電話をしたらすぐに仮の査定額を無料で教えてもらえました。そこからの対応がとても早くて、翌日に出張査定、その場で現金買取してもらいました。説明も常にクリアだったし、何の不安もなく買い取ってもらえました。この業者さんにして良かったです。ありがとうございました。(お住まい:大阪市西区 買取方法:出張買取 買取商品:ウッドベース)

この度はTOP楽器買取屋さんをご利用いただき有難うございました。この度の買取にご満足頂けたとのことで、スタッフ一同心から嬉しく思っております。ウッドーベースは、主にジャズやクラシックの演奏で使われることの多い楽器ですが、最近ではポップスやロックのシーンでもよく見かけるようになりました。価格も手頃な物が生産されており、ますます身近になりつつあります。今回お客様から買い取らせて頂いたのは、2001年に国内で製造されたウッドベースでした。新品でご購入されたとのことで、買取時、ソフトケース、保証書、取扱説明書、お手入れ道具等の付属品が付いていました。また使用感はほとんど無く、中古でも美品の部類であると判断しました。一般的に、最近の楽器は使用年数が上がるほど、その買取相場は下がりますので、早いうちにご売却を決められたのが良かったと思います。この度のご利用、誠にありがとうございました。お客様により良いサービスを提供するために日々精進してまいります。今後ともTOP楽器買取屋さんをよろしくお願い致します。

大阪TOP楽器屋さんについて

当店は大阪全域において楽器の買取業務を行っています。 大阪にお住いのお客様から買取して楽器は本店にて、しっかりリペアやメンテンス専門のスタッフが適切に処理した後、また大阪府内や大阪で楽器の必要な方に販売しています。 買取している楽器は和楽器、管楽器、打楽器、弦楽器、民族楽器など幅広く買取しています。 楽器が好きなスタッフによる楽器買い替えの相談も受けていますので、まずは御電話からお願いします。 大阪は楽器の買取業者も多く激戦区ですが当店では低コスト、薄利多売で大阪全域での集客や楽器買取のニーズがあります。 またインターネットサイトの制作が得意なため、広告費が削減でき低価格運営できるため買取価格は常に最大限で提供できてます。 商売の町、大阪において学生の時使ってた楽器や吹奏楽、趣味の沢山の楽器と出会えることを心からお待ちしています。

TOP買取専門店店舗一覧

センター

大阪

大阪で楽器の買取
大阪センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

大阪府高槻市野見町5番16号 三和ハイツ11号室

店頭買取

京都

京都で楽器の買取
京都本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

京都市西京区上桂三ノ宮町54-1

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

大阪楽器買取事例

とても早い対応でした。ありがとうございました。[この記事を読む]

TOP楽器買取屋さんで、ウッドベースを買い取ってもらいました。トラブルもなくスムーズに買ってもらえて、それに良い値段で買ってもらえたのでおすすめの業者さんです。僕がウッドベースを使っていたのはバンドの為で、もともとはエレキだったのですが、バンドの音楽性の幅を広げる為にアコースティックなジャンルも挑戦しよう、ということで始めました。エレキからウッベへの持ち替えは、やっぱり始めは苦労しました。仲間内の反応は良く、それにあの大きな楽器を弾いていると存在感が全然違います。でも正直なところ、エレキでも同じような音は出せるし敢えてウッベである必要はあるのか、というのが僕の感想です。少なくとも僕等のバンドで使う範囲内では、僕にはそれ程必要性が感じられませんでした。なので、就職してバンドも解散したとき、僕はこれからもエレキベースは続けていくけれどウッドベースはもう使わないだろうと思い、売ることにしました。高級なものを買ったわけでは無いですが、親にも借金して買ったので、できるだけ高く売ろうと思いました。ネットオークションや買取業者、知り合いのつてもあたって、一番良かったのがTOP楽器買取屋さんでした。楽器専門ということもあって、電話をしたらすぐに仮の査定額を無料で教えてもらえました。そこからの対応がとても早くて、翌日に出張査定、その場で現金買取してもらいました。説明も常にクリアだったし、何の不安もなく買い取ってもらえました。この業者さんにして良かったです。ありがとうございました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

ウッドベースの特徴

ウッドベースの魅力は、なんといってもあの響き渡る渋い低音です。低い音域の楽器ですが、曲で使われるとかなりの存在感があり、色々なジャンルの音楽でウッドベースは使用されています。Jazzはもちろんですが、J-POPの去年リリースされた椎名林檎の「長く短い祭」でもウッドベースが使用されていたり、90年代のHipHopでもウッドベースを中心に曲が構成されていたりと、本当に色々なジャンルで大活躍する用途の広い楽器がウッドベースです。どのジャンルで使用されてもウッドベースの強い存在感は変わらないですし、曲の魅力をさらに高めているのがとてもいいですよね。

ちなみにウッドベースはコントラバスとも呼ばれたりしますが、両者それぞれの違いはどのジャンルの音楽で使うかだけで、クラシックなどのオーケストラの場合はコントラバス、JazzやPOPSなどの場合はウッドベースと呼ばれるのが一般的です。

ウッドベースを習得するのは中々大変

とても格好いい音の出るウッドベースですが、習得するまでの過程はなかなか険しいようです。というのもウッドベースの場合は、普通のエレキベースとは違いフレッドがないので、毎回音を出す度に自分の耳で音があっているかを拾っていかないといけません(音痴の人は厳しいかも)。特にジャズやファンクなどのジャンルでウッドベースを使用する場合は、ベースがグルーブを担う重要なパートになるので、音程を自分の耳で取りながらも独特のノリも意識して演奏していく難しさがあります。ウッドベースはとても格好いい楽器ですが、こういった難しさもしっかり踏まえた上で、絶対ウッドベースに使ったお金を無駄にしないように心して練習に取り組みましょう。

大阪楽器買取