札幌TOP楽器屋さんはアルトサックスの買取を行っています。

アルトサックスの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

アルトサックス高価買取

不要なアルトサックスはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはアルトサックスを買取中。

札幌のアルトサックス買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。電話やメールでの簡単見積もりも可能です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 お客様のご自宅に不要になったトランペットやサックス、フルート、クラリネット、ハーモニカやホルンなどございませんか? 管楽器はヤマハやバック、ゲッツェンやセルマー、クランポンだけでなく、アマティやキャノンボール、キングなどの買取も行っております。 また、楽器本体だけでなく、マウスピースや教則本、DVDなどもお売りいただけますので、お気軽にご相談ください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

楽器を売るのは初でしたが、電話の対応が分かりやすくて信頼できました

TOP楽器買取屋さんでアルトサックスを買い取ってもらいました。思っていたよりもずっと簡単に買取をしてもらえて良かったです。今回買い取ってもらったアルトサックスは、私が学生の頃に友人たちとバンドを組んでいた時に使っていたもので、卒業以来ほとんど吹く機会が無くなったので、荷物整理の為に手放そうと思いました。学生当時は友人と一緒に外で練習したり、スタジオでバンド全体の合わせ練習をしたり、ライブの為に関東の方まで行ったこともありました。いろんなところに持って行ったし、いつでも一緒に過ごしていた、青春時代の象徴とも言えるサックスです。ずっと手元に置いておきたい気持ちもありましたが、使い倒した日々があるからこそ、使われずに仕舞い込まれているのを見るのは胸が痛みます。どうか良い人に巡り会い、新しい音を奏で続けて欲しいと思いました。楽器を売るのは初めてだったので手順などが分からず不安だったのですが、TOP楽器買取屋さんに電話をしたところ、査定のことや買取手続きのことなど、とても親切に分かり易く教えて頂けたので安心しました。査定士の方にも良い状態のサックスだと言っていただけ、とても嬉しく思いました。それにとても良い値段で買い取って頂けました。信頼できる業者さんに買ってもらえて本当に良かったです。有難うございました。

小樽市にお住まいのお客様から、店頭買取でアルトサックスを買取させて頂きました。この度はTOP楽器買取屋さんをご利用いただき、誠に有難うございます。また長年ご愛用された楽器ということで、手放された時の心境はお察し致します。今回買取させて頂きましたのは、セルマーパリ製のアルトサックスでした。サックスの最高峰といえるセルマーはサックスメーカーの中でも不動の人気を誇るメーカーです。その価格は初心者用のモデルでも数十万をくだりませんが、ヴィンテージモデルになると百万を越える価格で取引されることも多々あります。中でもアメセルと呼ばれるアメリカで生産されたものには非常に高い希少価値がつきます。それはこれらが作られた時代、当時のアメリカの環境が、良いサックスを作るのに適していたからです。また広く機械化、大量生産化が始まる前の時代でもあり、ひとつひとつ職人の手で仕上げられたサックスには、個性があり、豊かな響きを持っていると言われます。もちろんヴィンテージモデルだけが良い音を出すということでは無く、サックスという楽器は長い間吹き込むことによって、それぞれに個性ある響きを持ち始めるものでもありますから、良い楽器は中古であっても価値が下がることなく、時には新品以上の価値を持つこともあります。お客様のサックスは、私どもが責任を持って新しい吹き手の方の元へ届けさせて頂きます。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

札幌楽器買取事例

楽器を売るのは初でしたが、電話の対応が分かりやすくて信頼できました[この記事を読む]

TOP楽器買取屋さんでアルトサックスを買い取ってもらいました。思っていたよりもずっと簡単に買取をしてもらえて良かったです。今回買い取ってもらったアルトサックスは、私が学生の頃に友人たちとバンドを組んでいた時に使っていたもので、卒業以来ほとんど吹く機会が無くなったので、荷物整理の為に手放そうと思いました。学生当時は友人と一緒に外で練習したり、スタジオでバンド全体の合わせ練習をしたり、ライブの為に関東の方まで行ったこともありました。いろんなところに持って行ったし、いつでも一緒に過ごしていた、青春時代の象徴とも言えるサックスです。ずっと手元に置いておきたい気持ちもありましたが、使い倒した日々があるからこそ、使われずに仕舞い込まれているのを見るのは胸が痛みます。どうか良い人に巡り会い、新しい音を奏で続けて欲しいと思いました。楽器を売るのは初めてだったので手順などが分からず不安だったのですが、TOP楽器買取屋さんに電話をしたところ、査定のことや買取手続きのことなど、とても親切に分かり易く教えて頂けたので安心しました。査定士の方にも良い状態のサックスだと言っていただけ、とても嬉しく思いました。それにとても良い値段で買い取って頂けました。信頼できる業者さんに買ってもらえて本当に良かったです。有難うございました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

アルトサックスについて

サックスは1840年代にベルギーの楽器職人アドルフ・サックスが軍楽隊における木管楽器と金管楽器の音色の融合を目指して考案しました。木管楽器に分類されますが、真鍮を主とする金属で作られていて、操作性の良さと豊かな音色を兼ね備えています。木管楽器と金管楽器は材質によって分けられるのではなく、唇の振動によって鳴らすものが金管楽器、唇以外の、リードなどを震わせて鳴らすのが木管楽器です。

サックスは音階の異なる数種類があり、現在は次の7種類が使われています。音域の高い方から、ソプラニーノ、ソプラノ、アルト、テナー、バリトン、バス、コントラバスです。形状はソプラニーノとソプラノが先端がベル状に広がる直管、その他は先端が折り返すように曲がってベル状の口が天を向く曲管です。折り返す長さは大きさによって異なります。アルトは3番目に高い音で女性の肉声に近い音と言われています。約70cmで折り返す曲管です。

サックスは当初は軍楽隊で盛んに使われ、その後コンサートでも使われるようになりましたが、作曲家によって好みが分かれ全面的には導入されませんでした。ところが、1920年代にアメリカのシカゴでジャズに使われて注目を浴びるようになり、その結果クラシック音楽でも再注目されて、サックスに重要なソロやパートを担当させる楽曲が作られるようになり次第に地位を確立していきました。

三大メーカーは、日本のヤマハ、ヤナギサワ、フランスのセルマーです。セルマーはアンリ・セルメール・パリの英語読みヘンリー・セルマー・パリの略称です。クラリネット奏者であったアンリ・セルメールが1885年にパリで創業しました。同じくクラリネット奏者であった弟のアレクサンドルが1904年にアメリカのニューヨークに店を開きました。様々な管楽器を製作していましたが、1921年に初のサックスを発売し、1929年にはサックスの生みの親であるアドルフ・サックスの工房を買収しました。1954年から1974年に発売されたマーク6は、サックス奏者マルセル・ミュールの意見を反映し、フランスとアメリカいずれでもハンドメイドで仕上げられた名器で、特にアメリカ製が高い評価を得ています。1970年代に1つ1つ手作りしたマウスピースもヴィンテージとして人気があります。セルマーは現在も操業しています。

札幌楽器買取