札幌TOP楽器屋さんは琴の買取を行っています。

琴の買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

琴高価買取

不要な琴はぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはを買取中。

札幌の琴買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。電話やメールでの簡単見積もりも可能です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 TOP楽器買取屋さんでは、三味線や琴、尺八、琵琶、鼓、太鼓などの和楽器がお売りいただけます。 また、和楽器ならジャンク品でも買取できますので、三味線の皮が破れていたり、琴や琵琶の弦が切れていてもお値段をつけさせて頂きます。 まずはお気軽にご連絡ください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

サークル仲間に教えてもらいました。とても良いサービスでした。

私は大学で邦楽サークルに入っていたことがあります。お琴が素敵だと思ったので、箏も一式買い揃えて、演奏会ではきちんと着物も揃えて、とても楽しかった思い出です。しかし卒業してサークルも引退してしまい、練習も演奏もする機会がなくなりました。新たにお琴教室に通うことも考え、色々調べてみたのですが、大学のサークルに比べると厳しいところが多いようで、それにお金もかなりかかるような印象だったので諦めました。思うに、私は同年代の仲間たちと気軽に演奏できたことが一番楽しかったのだと思います。いつかまた使うかもと思ったのですが、既に1年以上も弾くこと無く仕舞われているので、箏も手放すことに決めました。和楽器の買取をしてもらえるところを探したのですが、なかなか見つからず困っていたところ、サークルの仲間にTOP楽器買取屋さんを教えてもらいました。電話してみると感じが良さそうだったので、さっそくお店に持っていきました。査定してもらった結果、良い値段をつけてもらえたので、そのまま買い取ってもらうことに決めました。査定内容も詳しく説明してもらえて、サービスはとても良かったと思います。どうもありがとうございました。

札幌市北区にお住まいのお客様から、店頭買取で箏一式を買取させて頂きました。この度はTOP楽器買取屋さんをご利用頂き、誠に有難うございます。その流儀や奏法において伝統を重んじる傾向にある琴(箏)ですが、現代では演奏されるのは古典曲ばかりでなくJポップやクラシックの名曲、童謡などを演奏することも多く、自由な楽しみ方ができる和楽器です。もともと雅楽で使われる楽器であった箏は、独自の調弦を持ち雅楽音名で表されますが、三味線と合奏する時は三味線の音階で、尺八と合奏する時は尺八のピッチで、とその歴史と供に様々な異なる音階表記を取り入れてきたために、実際には箏の調弦は非常に複雑になっています。その歴史の深さ故に敷居の高い楽器でした。しかし最近では主として現代の音楽ばかりを演奏する目的で、ピアノと同じ音階で調弦され、楽譜も五線譜を使用する現代琴というものも存在し、琴の存在はますます身近に一般的になりつつあります。楽器そのものも手に入れやすい価格で流通するようになりました。近年、和楽器は国内外を問わずその価値が見直されつつあります。琴もこれからますます注目の高まっていく楽器と言えるでしょう。TOP楽器買取屋さんでは和楽器も幅広く取り扱っております。まずはお電話でお気軽にご相談ください。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

札幌楽器買取事例

サークル仲間に教えてもらいました。とても良いサービスでした。[この記事を読む]

私は大学で邦楽サークルに入っていたことがあります。お琴が素敵だと思ったので、箏も一式買い揃えて、演奏会ではきちんと着物も揃えて、とても楽しかった思い出です。しかし卒業してサークルも引退してしまい、練習も演奏もする機会がなくなりました。新たにお琴教室に通うことも考え、色々調べてみたのですが、大学のサークルに比べると厳しいところが多いようで、それにお金もかなりかかるような印象だったので諦めました。思うに、私は同年代の仲間たちと気軽に演奏できたことが一番楽しかったのだと思います。いつかまた使うかもと思ったのですが、既に1年以上も弾くこと無く仕舞われているので、箏も手放すことに決めました。和楽器の買取をしてもらえるところを探したのですが、なかなか見つからず困っていたところ、サークルの仲間にTOP楽器買取屋さんを教えてもらいました。電話してみると感じが良さそうだったので、さっそくお店に持っていきました。査定してもらった結果、良い値段をつけてもらえたので、そのまま買い取ってもらうことに決めました。査定内容も詳しく説明してもらえて、サービスはとても良かったと思います。どうもありがとうございました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

琴について

琴は日本の伝統楽器です。琴(こと)は広義では弦楽器すべてを指します。“こと”には、琴(きん)、箏(そう)、和琴(わごん)、一絃琴(いちげんきん)、二絃琴(にげんきん)があります。現在一般に“おこと”と呼んでいるのは箏です。

琴(きん)と箏(そう)の違いは柱(じ)があるかどうかです。琴は板の上に絃を張り、左手の指で絃を抑えて音程を決めます。抑える位置でいろいろな音程を出すことができますので、絃の本数は少なくて済みます。

一方箏(そう)は、柱と呼ばれる支柱を絃に立てて音程を決めます。例えば13絃であれば13の音を奏でることができます。柱は動かすことができるので、曲目に合わせた13音を作ることができます。“平調子”“半雲井調子”など古典的な音の組み合わせパターンがあります。

箏の起源は奈良時代に唐から伝来した13弦の弦楽器です。中国では春秋戦国時代(紀元前403年~紀元前221年)に使われるようになったといわれています。箏の部位には龍の字を使った名称が付けられています。横に長い姿を龍になぞらえて、奏者から見て右端を龍頭、左端を龍尾、胴の表面を龍甲、裏面を龍腹、というように呼びます。中国では龍を大変崇めていました。龍の字が付けられていることから、箏がいかに大切なものであったかをうかがい知ることができます。

箏の名工は、幕末から明治時代に活躍した菊岡太助です。太助が作った箏は浜松市楽器博物館が3面所蔵しています。現在主流の箏は、長さが6尺(約182cm)幅が約24cmの、細長い中空の胴に、13本の絃を張り、柱を立てて調絃し、箏爪(ことづめ)と呼ばれる爪を指先につけた右手の3本の指、親指、人差し指、中指ではじきます。奏者は横長に置いた箏に向かって座して演奏します。洋楽器の多くは大量生産を前提とする工業製品ですが、邦楽器は今も職人の手作業に頼っています。琴は職人の工房で購入するのが一般的です。

札幌楽器買取