札幌TOP楽器屋さんはトランペットの買取を行っています。

トランペットの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

トランペット高価買取

不要なトランペットはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはトランペットを買取中。

買取事例

札幌市西区でホルトン トランペットの買取

店頭買取

札幌市西区のお客様からホルトン トランペットを買取させていただきました。

札幌市手稲区でYAMAHA トランペット YTR-333の買取

店頭買取

札幌市手稲区のお客様からYAMAHA トランペット YTR-333を買取させていただきました。

札幌市厚別区でトランペットの買取

出張買取

札幌市厚別区のお客様からトランペットを買取させていただきました。

札幌市北区でトランペットの買取

出張買取

札幌市北区のお客様からトランペットを買取させていただきました。

北海道岩見沢市でYAMAHA トランペット YTR-4335Gの買取

出張買取

北海道岩見沢市のお客様からYAMAHA トランペット YTR-4335Gを買取させていただきました。

北海道美唄市でトランペットの買取

出張買取

北海道美唄市のお客様からトランペットを買取させていただきました。

北海道砂川市でYAMAHA ヤマハ トランペット YTR2335 c28715の買取

宅配買取

北海道砂川市のお客様からYAMAHA ヤマハ トランペット YTR2335 c28715を買取させていただきました。

北海道江別市でYAMAHA トランペット ケース付の買取

宅配買取

北海道江別市のお客様からYAMAHA トランペット ケース付を買取させていただきました。

札幌のトランペット買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。電話やメールでの簡単見積もりも可能です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 お客様のご自宅に不要になったトランペットやサックス、フルート、クラリネット、ハーモニカやホルンなどございませんか? 管楽器はヤマハやバック、ゲッツェンやセルマー、クランポンだけでなく、アマティやキャノンボール、キングなどの買取も行っております。 また、楽器本体だけでなく、マウスピースや教則本、DVDなどもお売りいただけますので、お気軽にご相談ください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

買取額と説明で信頼できたので、TOP楽器買取屋さんにお願いしました。

僕は高校時代吹奏楽部でトランペットを吹いていました。そして大学に入ってからも室内楽合奏団に所属しトランペットを続けていたのですが、かけもちしていたインカレサークルが忙しくなり、3年の頃には幹部も任されるようになり、室内楽はあまり参加できなくなりました。そのまま卒業、就職とだんだん忙しくなり、トランペットも吹くことは全くなくなりました。今回引越しするのをきっかけに、不要なものを思い切って処分することに決めたので、このトランペットも売りに出すことになりました。TOP楽器買取屋さんをみつけたのはインターネットでした。評価を見て良さそうだったのでメールで問い合わせて仮査定をしてもらったところ、かなり高く買い取ってもらえそうだったので、お店に楽器を送る形で査定してもらうことにしました。実際に査定してもらい、やはり買取額が良いものだったこと、説明が丁寧で、強引な感じが無く信頼できたことなどが決め手となり、こちらで買取してもらうことに決めました。入金も早くトラブルなく買取が済んで良かったと思います。どうもありがとうございました。

滝川市にお住まいのお客様から、宅配買取サービスでトランペットを買取させて頂きました。この度のご利用誠に有難うございます。買取させて頂きましたのは、バック製のトランペットでした。トランペットのメーカーで最も名高いのがバックです。創業者のヴィンセント・バックはもともと有名なトランペット奏者でした。彼はアメリカでマウスピースの製作を始め、やがてトランペットにおけるストラディバリウスと自ら称した名器バック・ストラディバリウスモデルを産み出しました。バックのトランペットは初心者からプロまで、ジャンルを問わず幅広く愛用されています。今回買取させて頂きましたものは、2009年製のB♭管トランペットでした。長い間使われていなかったということでしたが、幸い錆などの不具合は見られず、若干のメンテナンスは必要となるものの、まだまだ使い込む余地のあるものだと判断いたしました。管楽器は水分に非常に弱いですから、演奏後のお手入れはもちろんのこと、使わずに保管している場合でも定期的にメンテナンスをされるのが良いでしょう。もう使うことが無いと言う場合はお早めに査定に出していただくのも良策です。査定に出される際は今一度楽器のお掃除をされ、ケースや保証書、付属品など、一緒に売れるものはまとめて置けば差定額アップが期待できます。楽器をご売却の際のご参考になれば幸いです。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

トランペット買取事例

買取額と説明で信頼できたので、TOP楽器買取屋さんにお願いしました。[この記事を読む]

僕は高校時代吹奏楽部でトランペットを吹いていました。そして大学に入ってからも室内楽合奏団に所属しトランペットを続けていたのですが、かけもちしていたインカレサークルが忙しくなり、3年の頃には幹部も任されるようになり、室内楽はあまり参加できなくなりました。そのまま卒業、就職とだんだん忙しくなり、トランペットも吹くことは全くなくなりました。今回引越しするのをきっかけに、不要なものを思い切って処分することに決めたので、このトランペットも売りに出すことになりました。TOP楽器買取屋さんをみつけたのはインターネットでした。評価を見て良さそうだったのでメールで問い合わせて仮査定をしてもらったところ、かなり高く買い取ってもらえそうだったので、お店に楽器を送る形で査定してもらうことにしました。実際に査定してもらい、やはり買取額が良いものだったこと、説明が丁寧で、強引な感じが無く信頼できたことなどが決め手となり、こちらで買取してもらうことに決めました。入金も早くトラブルなく買取が済んで良かったと思います。どうもありがとうございました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

トランペットについて

トランペットは金管楽器です。内部が空洞になっている管に息を吹き込んで鳴らす管楽器は、金管楽器と木管楽器とに大別されます。金管楽器は英語ではBrass(真鍮)といい金属製の管楽器と捉えられがちですが、木管楽器にも金属製のものがあるように、素材ではなく、音の出し方によって分けられています。木管楽器と金管楽器は材質によって分けられるのではなく、唇の振動によって鳴らすものが金管楽器、唇以外のリードなどを震わせて鳴らすのが木管楽器です。

金管楽器の祖先は新石器時代のメガフォン型のラッパに遡ります。エジプトの出土品の中には金、銀、青銅、土器、貝、象牙、木、樹皮、竹、瓢箪など、様々な素材と形のものが見られます。アッシリア時代に描かれた直管のラッパもトランペットの始祖を思わせますが、明確にトランペットの祖先とされているのはギリシア・ローマ時代のサルピンクスです。当時は儀式や軍隊や競技でファンファーレや信号として用いられました。

中世のイタリアで作られたトゥベクタ(tubecta)がトランペット(trumpet)の名の由来であると言われています。真っ直ぐ長い形では戦争や狩猟で持ち運ぶのに不便であったため、次第に管が曲げられるようになります。さらに15世紀に入って管の継ぎ足しができるようになり17世紀にはスライドシステムが生まれ、18世紀にはヴァルヴを付けて半音変調するヴァルヴシステムが考案されました。音楽の発展と共に進化し、19世紀末にほぼ現在の形になりました。

現在は、ピストン・トランペットとロータリー・トランペットの2種類のトランペットがあります。ピストン・トランペットは華やかな音色で、主に日本やアメリカやフランスで使われ、ロータリ・トランペットは柔らかい音色で主にドイツや東ヨーロッパで使われています。

メーカーはBach(バック)、Schilke(シルキー)、Martin(マーチン)が有名です。バックは、ウィーン生まれのトランペット奏者ヴィンセント・バックが設立したアメリカのメーカーです。トランペットといえばバックといわれ、クラシック・ポピュラーを問わず広く普及しています。現在はスタインウェイ・ミュージカル・インスツルメンツ傘下のブランドです。シルキーは、シカゴ交響楽団の首席トランペット奏者であったR.O.シルキーが設立したアメリカのメーカーです。酸性溶液を使わない手作りで高品質を守り、トランペットの最高峰と言われています。マーチンは、ドイツ人の楽器職人ジョン・ヘンリー・マーティンがアメリカで設立したメーカーです。ジャズの帝王マイルス・デイヴィスが使い、ジャズの名器としてジャズ奏者に愛されましたが、2007年に生産が終了しました。日本ではヤマハが有名です。