札幌TOP楽器屋さんはサイレントチェロの買取を行っています。

サイレントチェロの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

サイレントチェロ高価買取

不要なサイレントチェロはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはサイレントチェロを買取中。

札幌のサイレントチェロ買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。電話やメールでの簡単見積もりも可能です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 札幌TOP楽器買取屋さんでは、弦楽器は本体だけではなく、弓の買取も行っております。 お売りいただけるメーカーは、カールヘフナーやペルマン、サルヴィなどの海外メーカーや、 落合マンドリン、横内の花子や青山ハープ、スズキなどの国内メーカーの楽器の買取も行っております。 また上記以外のメーカーの楽器の買取も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

サイレントチェロを使ううちに本物のチェロが欲しくなり、TOPさんにお願いしました。

私は社会人になってからチェロを習い始めました。子供の頃からなんとなく憧れていたのですが、高価な楽器ですしなかなか縁もありませんでした。そんなある時、クラシックの生演奏が聴けるレストランでチェロの演奏を聴く機会があり、やはり自分も弾いてみたい、と強く思いました。さっそくチェロのレッスンを受けられるところを見つけ通い始めました。楽器はスクールから貸し出してもらえるのですが数人で共有するので持ち出しは禁止、始めたばかりでとにかく弾きたくてたまらなかったので、とうとうサイレントチェロを購入することにしました。時間を気にせず練習したかったのでサイレントチェロは私にぴったりでした。レッスンを続けていくうちにますますチェロの魅力にはまり、今年でかれこれ5年になりますが、やはり自分の楽器が欲しいと思うようになりました。本格的なチェロとなると、価格もそれなりになってきます。今回TOPさんにサイレントチェロの買取をお願いしたのは、本物のチェロ購入の資金にしようと思ったからです。TOPさんはクラシック楽器から電子楽器まで幅広く楽器を取り扱っていると聞き、こちらでお願いしようと思いました。評判どおりとてもスピーディに対応して頂けて、サイレントチェロを手間無く、高く、買取して頂くことが出来ました。どうもありがとうございました!

札幌市西区にお住まいのお客様から、店頭買取でサイレントチェロを買取させて頂きました。この度はTOP楽器買取屋さんをご利用いただき有難うございました。サイレントチェロは、練習用の静音チェロとして開発された共鳴胴を持たないチェロですが、ピックアップした音に様々な効果を加えることで本物さながらの演奏感を得られる造りになっています。チェロ奏者の練習用としての用途だけでなく、最近ではギターのエフェクターをつなぐなどしてエレキチェロとして使うという試みもされています。このように注目が高まる楽器である上に、また昨今の住宅事情もあり、サイレント製の楽器は人気があり中古市場でも高値で取引される傾向にあります。今回査定させて頂きましたお客様のサイレントチェロは、品質、信頼性の高さから一番人気を誇るヤマハ製のもので、動作にも問題がなく状態はとても良いものでした。電子楽器は家電製品と同じで劣化がすすむと買い取ってもらうことが難しくなりますので、いずれ売ることを考えているなら、使い倒してしまう前に売るのがベストと言えるでしょう。当店ではサイレント楽器も幅広く取り扱っております。サイレントチェロ、サイレントヴァイオリン、サイレントギターなどをご売却の際はお気軽にご相談ください。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

札幌楽器買取事例

サイレントチェロを使ううちに本物のチェロが欲しくなり、TOPさんにお願いしました。[この記事を読む]

私は社会人になってからチェロを習い始めました。子供の頃からなんとなく憧れていたのですが、高価な楽器ですしなかなか縁もありませんでした。そんなある時、クラシックの生演奏が聴けるレストランでチェロの演奏を聴く機会があり、やはり自分も弾いてみたい、と強く思いました。さっそくチェロのレッスンを受けられるところを見つけ通い始めました。楽器はスクールから貸し出してもらえるのですが数人で共有するので持ち出しは禁止、始めたばかりでとにかく弾きたくてたまらなかったので、とうとうサイレントチェロを購入することにしました。時間を気にせず練習したかったのでサイレントチェロは私にぴったりでした。レッスンを続けていくうちにますますチェロの魅力にはまり、今年でかれこれ5年になりますが、やはり自分の楽器が欲しいと思うようになりました。本格的なチェロとなると、価格もそれなりになってきます。今回TOPさんにサイレントチェロの買取をお願いしたのは、本物のチェロ購入の資金にしようと思ったからです。TOPさんはクラシック楽器から電子楽器まで幅広く楽器を取り扱っていると聞き、こちらでお願いしようと思いました。評判どおりとてもスピーディに対応して頂けて、サイレントチェロを手間無く、高く、買取して頂くことが出来ました。どうもありがとうございました!

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

サイレントチェロについて

サイレントチェロはエレクトリックチェロのことです。チェロはヴァイオリンの仲間で、ヴァイオリン、ヴィオラに次ぐ大きさで、ヴィオラより1オクターブ低い音を出します。この低音を出すために当然ボディは大きく、ヴァイオリンやヴィオラのように肩に載せられる大きさではなくなり、ボディの下端のエンドピンと呼ばれる支柱によって床に立てて演奏します。

楽器の音は時と場所によっては騒音となるものであるため、昔から音を抑える工夫がされてきました。弦楽器の場合はミュートと呼ばれる消音器を弦に取り付けることで、振動を抑え共鳴を低減して音を小さくする方法が一般的です。ミュートは金属やゴムでできていて、和風の櫛のような半月に4本の溝を入れた形をしています。それを4本の弦の上に被せるように差し込んで弦の振動を抑え込むのです。しかし、消音器と呼びながら、音を1~2割程度小さくするだけで消すことはできません。また、ミュートを取り付けることは、本来響こうとする楽器にとっては決して良いことではありません。

この問題を電子機器で解消しようとしたのがエレクトリックチェロです。“サイレントチェロ”はヤマハの登録商標名ですので他メーカーは使用しませんが、一般にはヤマハに限らず総称として“サイレントチェロ“と呼んでいます。

サイレントチェロは奏法を変えないようにアコースティックと同じ大きさで作られますが、電気的に音を出すので共鳴胴は必要がないことと、電気部品が付いて重くなった分を軽くするためもあって、ボディは型枠だけのような斬新なデザインになっています。それでも総重量はアコースティックより重くなります。また弦や駒など基本的な部分は変わらないので、サイレントとはいっても音が消えるわけではありません。アコースティックより2~3割程、前述のミュートよりは小さい音になります。

トップメーカーは先駆者のヤマハです。電気的な機能や斬新なデザインが、サイレント機能を必要としないユーザーをも惹きつけています。

札幌楽器買取