札幌TOP楽器屋さんはテナーサックスの買取を行っています。

テナーサックスの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

テナーサックス高価買取

不要なテナーサックスはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはテナーサックスを買取中。

札幌のテナーサックス買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。電話やメールでの簡単見積もりも可能です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 お客様のご自宅に不要になったトランペットやサックス、フルート、クラリネット、ハーモニカやホルンなどございませんか? 管楽器はヤマハやバック、ゲッツェンやセルマー、クランポンだけでなく、アマティやキャノンボール、キングなどの買取も行っております。 また、楽器本体だけでなく、マウスピースや教則本、DVDなどもお売りいただけますので、お気軽にご相談ください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

中学・高校と吹き続けた思い出のサックスをTOPさんにお任せしました

私は中学校と高校の吹奏楽部でテナーサックスを吹いていました。その頃使っていたサックスを、今回TOP楽器買取屋さんで買い取ってもらいました。吹奏楽部に入ったきっかけは、小さい頃からピアノを習っていてクラシック音楽が好きだったので、部活動でもクラシックをやりたいと思っていたからです。どちらかというと弦楽器の方が興味があったのですが、中学で私の所属していた吹奏楽部には、弦楽器はコントラバスしか無くて、そのコントラバスも定員がいっぱいだったので出来ませんでした。そして高校では、みんな中学から演奏している楽器を続ける人が多く、私も中学時代と同じテナーサックスを選びました。高校では楽器はほとんど全員、個人持ちだったので、私もテナーサックスを1本買ってもらいました。毎日毎日サックスばっかり吹いていた日々は、とても良い思い出です。引退前の定期演奏会では、最後までやり遂げた!と充実感でいっぱいになったことは一生忘れないと思います。その後就職し、忙しい毎日を送っているうちにサックスを吹くことは全く無くなりました。今度結婚が決まって実家から離れることになったので、自分のものは整理しようと思い、この思い出のサックスも手放すことに決めました。思えばほんの数年しか使われずに片付けられていたなんて、かわいそうなサックスです。新しい引き取り手が見つかって、また吹いてもらえることを祈っています。

札幌市北区にお住まいのお客様から、店頭買取でテナーサックスを買取させて頂きました。この度のご利用、誠に有難うございます。テナーサックスは最も豊かな表現力を持つサックスと言われジャズでは特にメイン楽器として活躍しますが、吹奏楽においても金管楽器と木管楽器をつなぐ、中低域のハーモニー楽器として重要な役割を果たします。今回買取させて頂きましたのは、ヤマハ製のテナーサックスでした。サックスの有名メーカーとしてはセルマー、ヤナギサワ、キングなどがあげられますが、ヤマハも品質とコストパフォーマンスの良さに定評があります。またお手入れがきちんとされていた様子で、長期間使われていなかったサックスに有りがちな錆やカビなどのトラブルも見られませんでした。ハードケース、購入時の保証書もございましたし、買取に出されるにはとても良い条件でした。サックスは数十年と吹き込んでいくことの出来る楽器ですから、これからまだまだ活躍できる1本だと思います。この度は、思い入れのある品をお売り頂き誠に有り難うございます。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

札幌楽器買取事例

中学・高校と吹き続けた思い出のサックスをTOPさんにお任せしました[この記事を読む]

私は中学校と高校の吹奏楽部でテナーサックスを吹いていました。その頃使っていたサックスを、今回TOP楽器買取屋さんで買い取ってもらいました。吹奏楽部に入ったきっかけは、小さい頃からピアノを習っていてクラシック音楽が好きだったので、部活動でもクラシックをやりたいと思っていたからです。どちらかというと弦楽器の方が興味があったのですが、中学で私の所属していた吹奏楽部には、弦楽器はコントラバスしか無くて、そのコントラバスも定員がいっぱいだったので出来ませんでした。そして高校では、みんな中学から演奏している楽器を続ける人が多く、私も中学時代と同じテナーサックスを選びました。高校では楽器はほとんど全員、個人持ちだったので、私もテナーサックスを1本買ってもらいました。毎日毎日サックスばっかり吹いていた日々は、とても良い思い出です。引退前の定期演奏会では、最後までやり遂げた!と充実感でいっぱいになったことは一生忘れないと思います。その後就職し、忙しい毎日を送っているうちにサックスを吹くことは全く無くなりました。今度結婚が決まって実家から離れることになったので、自分のものは整理しようと思い、この思い出のサックスも手放すことに決めました。思えばほんの数年しか使われずに片付けられていたなんて、かわいそうなサックスです。新しい引き取り手が見つかって、また吹いてもらえることを祈っています。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

テナーサックスについて

サックスは1840年代にベルギーの楽器職人アドルフ・サックスが軍楽隊における木管楽器と金管楽器の音色の融合を目指して考案しました。木管楽器に分類されますが、真鍮を主とする金属で作られていて、操作性の良さと豊かな音色を兼ね備えています。木管楽器と金管楽器は材質によって分けられるのではなく、唇の振動によって鳴らすものが金管楽器、唇以外のリードなどを震わせて鳴らすのが木管楽器です。

サックスは音階の異なる数種類があり、現在は次の7種類が使われています。音域の高い方から、ソプラニーノ、ソプラノ、アルト、テナー、バリトン、バス、コントラバスです。形状はソプラニーノとソプラノが先端がベル状に広がる直管、その他は先端が折り返すように曲がってベル状の口が天を向く曲管です。折り返す長さは大きさによって異なります。テナーはアルトより低く男性的な音程でソロで魅力を発揮します。約140cmで折り返す曲管です。

サックスは当初は軍楽隊で盛んに使われ、その後コンサートでも使われるようになりましたが、作曲家によって好みが分かれ全面的には導入されませんでした。ところが、1920年代にアメリカのシカゴでジャズに使われて注目を浴びるようになり、その結果クラシック音楽でも再注目されて、サックスに重要なソロやパートを担当させる楽曲が作られるようになり次第に地位を確立していきました。

三大メーカーは、日本のヤマハ、ヤナギサワ、フランスのセルマーです。セルマーはアンリ・セルメール・パリの英語読みヘンリー・セルマー・パリの略称です。クラリネット奏者であったアンリ・セルメールが1885年にパリで創業しました。同じくクラリネット奏者であった弟のアレクサンドルが1904年にアメリカのニューヨークに店を開きました。様々な管楽器を製作していましたが、1921年に初のサックスを発売し、1929年にはサックスの生みの親であるアドルフ・サックスの工房を買収しました。1954年から1974年に発売されたマーク6は、サックス奏者マルセル・ミュールの意見を反映し、フランスとアメリカいずれでもハンドメイドで仕上げられた名器で、特にアメリカ製が高い評価を得ています。1970年代に1つ1つ手作りしたマウスピースもヴィンテージとして人気があります。セルマーは現在も操業しています。

札幌楽器買取