札幌TOP楽器屋さんはシンセサイザーの買取を行っています。

シンセサイザーの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

シンセサイザー高価買取

不要なシンセサイザーはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはシンセサイザーを買取中。

札幌のシンセサイザー買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。電話やメールでの簡単見積もりも可能です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 TOP楽器買取屋さんでは、電子ピアノ、電子オルガンやシンセサイザー、キーボード、デジタルピアノなどの買取を行っております。 また、売りたい楽器が大きくて持っていくのが大変、というお客様はぜひ出張買取をご利用ください。札幌近郊なら主張料金無料でご自宅まで伺わせていただきます。 出張買取の対応地域や買取方法などのご質問ございましたら、お気軽にご連絡ください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

思っていたより簡単に売れました

新しくシンセサイザーを買い足したいと思い、今持っているもののうちから1台売ろうと思いました。現在5台のキーボードを持っているのですが、今回新しく1台導入するにあたって、変わりに1台手放すことに決めました。この1台はステージでもあまり使うことの無かったものです。持ち込みを出来るところが近くに無かったので、ネットで探したところ、TOP楽器買取屋さんを見つけました。電話をしてみると良い感触だったので、宅配査定サービスというのを利用することに決めました。購入当時の箱などがあったので梱包は簡単でした。お願いした時間に宅配の方が集荷に来てくださり、引き渡して後は待つだけです。すぐに電話で査定結果の連絡がありました。状態がほぼ新品のようだということで、高く買い取って頂くことが出来ました。想像以上に簡単にシンセサイザーを売ることが出来て満足です。また機会があればこちらでお願いしたいと思いました。ありがとうございました。

岩見市にお住まいのお客様から、宅配買取でシンセサイザーを買取させて頂きました。この度のご利用誠にありがとうございます。シンセサイザーというと鍵盤を使って演奏するもののイメージが強いですが、電気信号を合成し音を出す機器の総称がシンセサイザーですから、実際にはドラムシンセやギターシンセもありますし、またEWIなどもシンセサイザーです。DTMの音源として使われることも多く、ライブステージなど演奏だけでなく、あらゆるシーンで音楽制作に欠かせないツールとなっています。主に音色を作り出すことに特化したものをアナログシンセサイザー、あらかじめセットされた多数の音色の波形を呼び出して演奏する目的のものをデジタルシンセサイザーと区別して呼ぶこともあります。今回買取させて頂きましたものは、コルグのシンセサイザー、クロノスシリーズです。こちらはいわゆるデジタルシンセサイザーで、多数の音色を標準搭載し、音色の切り替え等ライブでの操作性にも優れた設計がされています。と同時にコルグ独自開発のMIDI生成機能KARMAやドラムトラック機能、サンプリング、オーディオ録音、MIDIシーケンサーなどあらゆる機能を備えもっており、音楽制作にも大活躍のマルチな1台です。実際コルグではこれをミュージックワークステーションと名付け、シンセサイザーとは別のカテゴリで取り扱っています。たいへん人気のシリーズで2011年に発売開始以来、今のところ大きなモデルチェンジはありません。状態も新品同様でしたので、良い価格がつけられたと思います。TOP楽器買取屋さんではあらゆるタイプのシンセサイザーを取扱いしております。まずはお気軽にお問い合わせください。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

札幌楽器買取事例

思っていたより簡単に売れました[この記事を読む]

新しくシンセサイザーを買い足したいと思い、今持っているもののうちから1台売ろうと思いました。現在5台のキーボードを持っているのですが、今回新しく1台導入するにあたって、変わりに1台手放すことに決めました。この1台はステージでもあまり使うことの無かったものです。持ち込みを出来るところが近くに無かったので、ネットで探したところ、TOP楽器買取屋さんを見つけました。電話をしてみると良い感触だったので、宅配査定サービスというのを利用することに決めました。購入当時の箱などがあったので梱包は簡単でした。お願いした時間に宅配の方が集荷に来てくださり、引き渡して後は待つだけです。すぐに電話で査定結果の連絡がありました。状態がほぼ新品のようだということで、高く買い取って頂くことが出来ました。想像以上に簡単にシンセサイザーを売ることが出来て満足です。また機会があればこちらでお願いしたいと思いました。ありがとうございました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

シンセサイザーについて

シンセサイザーは、電子工学的手法によって音を合成する電子楽器です。ミュージックシンセサイザー、音源と呼ばれることもあります。多くは鍵盤をスイッチとしているためキーボードと同じカテゴリーに入れられることがありますが、必ずしも鍵盤があるわけではありません。

シンセサイザーの起源は古く、19世紀末に遡ります。1897年にアメリカのサディウス・ケイヒルが作ったテルハーモニウムは、全長200m、重さ200t、蒸気によって145個の発電機を動かして作った正弦波を重ね、電話回線を通して受話器で聴くというものでした。1919年にロシアのレフ・テルミンが発明したテルミン(エーテルフォン)は、周波数発信機を内蔵し、2本のアンテナに奏者が手をかざすことによって、周波数にうなりを起こして音を発生させました。奏者によって静電量が異なるため演奏には熟練を要しました。その後、様々な発明を経て、1946年に世界初のコンピュータENIACが登場し、1950年にオーストラリアで世界初のコンピュータ音楽が演奏され、1956年にアメリカの電子機器メーカーRCAがRCA MarkⅡサウンドシンセサイザーを開発しました。このとき初めてシンセサイザーという言葉が使われました。

1965年にアメリカのロバート・モーグが作ったモーグシンセサイザーを使って、1968年にウォルター・カルロスが出したスウィッチト・オン・バッハというアルバムが世界でヒットして、シンセサイザーが注目されました。スウィッチト・オン・バッハに出会った冨田勲が1971年にモーグを個人輸入して作った月の光というアルバムがアメリカのビルボード第2位となり、1978年にはシンセサイザーを取り入れた日本の音楽グループYMO(イエローマジックオーケストラ)が全米デビューしてテクノポップの時代が始まり、シンセサイザーはますます発展していきました。

シンセサイザーの国内メーカーはローランド、コルグ、ヤマハ、カシオが有名です。海外では前述のモーグシンセサイザーを作ったモーグが人気があります。モーグは2014年に前述のテルミンの現代版テルミニを発売しました。

札幌楽器買取