札幌TOP楽器屋さんは電子オルガンの買取を行っています。

電子オルガンの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

電子オルガン高価買取

不要な電子オルガンはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんは電子オルガンを買取中。

札幌の電子オルガン買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。電話やメールでの簡単見積もりも可能です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 TOP楽器買取屋さんでは、電子ピアノ、電子オルガンやシンセサイザー、キーボード、デジタルピアノなどの買取を行っております。 また、売りたい楽器が大きくて持っていくのが大変、というお客様はぜひ出張買取をご利用ください。札幌近郊なら主張料金無料でご自宅まで伺わせていただきます。 出張買取の対応地域や買取方法などのご質問ございましたら、お気軽にご連絡ください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

札幌楽器買取事例

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

電子オルガンについて

電子オルガンは電気的に音を出すオルガン型の楽器です。英語ではエレクトロニックオルガンと呼びます。鍵盤楽器としてピアノと並び称されますが、ピアノは鍵盤で弦を叩いて弦を振動させて音を出す打弦楽器であり、オルガンは空気を振動させて音を出す多管楽器です。

ピアノは鍵盤の弾き方で弦の振動が変わり音の強弱や長短が変わります。オルガンは空気がパイプを鳴らしますが、空気量は一定で鍵盤の押し方で空気量が変わるわけではありません。したがって、電子ピアノは生ピアノと同等のキータッチが求められますが、オルガンにはそもそもキータッチがありません。オルガンには手鍵盤だけでなく足鍵盤もあり、音の強弱を出すには、ペダルで多少空気量を調節する以外は、音色を重ねるなど専ら奏者の技術に頼ります。電子オルガンではメーカーそれぞれが独自のタッチを開発しています。

電子オルガンと電気オルガンの定義付けが難しいのですが、電子オルガンやシンセサイザーの先駆けと言われているのは、ハモンドが1937年に発表したノバコードです。163本の真空管を使用し、弦楽器のような持続音からピアノのような減衰音まで広範な音色を出すことができました。その後、アーレン、ボールドウィン、ウーリッツァ、エスティなど、ピアノやオルガンの老舗メーカーがそれぞれ独自の電子オルガンを開発しました。国内初の電子オルガンは1955年のクロダオルガンのクロダトーンです。1958年に日本ビクターがビクトロンを、1959年に日本楽器(現ヤマハ)がトランジスタを使用したエレクトーンを発売しました。エレクトーンはヤマハの登録商標ですが日本では電子オルガンの代名詞のように使われています。

メーカーはアーレン(Allen)、アールボーン(AHLBORN)、ホフリヒター(HOFFRICHTER)が人気があります。アーレンはアメリカの老舗メーカーです。確かな技術で多くの教会や施設に納入し、オーケストラ業界でも信頼されています。アールボーンはイタリアのメーカーです。多くの古典調律に切り換えができ、奏者がペダルをプリセットすることもできて演奏の幅が広がることから、オルガニストを目指す人に支持されています。ホフリヒターはドイツのメーカーです。手鍵盤、足鍵盤、スタンドを分解して乗用車で運べるブロックオルガン、オプションの木製手鍵盤などユニークな製品を開発しています。

日本では、ヤマハ、カワイ、ローランド、鈴木楽器製作所があります。鈴木楽器製作所はかつて一世を風靡したハモンドオルガンの独特の音色を再現した製品を展開しています。

札幌楽器買取