札幌TOP楽器屋さんはウクレレの買取を行っています。

ウクレレの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

ウクレレ高価買取

不要なウクレレはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはウクレレを買取中。

札幌のウクレレ買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 札幌TOP楽器買取屋さんでは、ギターメーカーの、ESPやポールリードスミス、アイバニーズ、 ギブソン、フェンダー、リッケンバッカー、マーチンやYAMAHA(ヤマハ)など幅広いメーカーの買取に対応してます。 また、ギター本体以外のケーブルやアンプ、エフェクターなどの買取も行っておりますので、ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

ハワイで買ったウクレレを買い取ってもらいました

荷物整理をと思い、3本あるウクレレのうちひとつを手放すことにしました。7、8年前にウクレレを始めた時に楽器店で購入したものと2年程前にハワイ旅行した時に購入したもの、この2つのうちどちらかを売りたいと思っていました。もう1つは結婚記念日に妻からプレゼントしてもらったもので、こちらは手放せません。どちらを売るかを決めるのに、参考にしようと思い2つとも査定することにしました。まず楽器店に持ち込んだのですが、どちらにもあまり納得のいく値段がつかず売り渋っていたところ、ネットで評判の良かったTOP楽器買取屋さんを見つけ、さっそくお店で査定してもらうことにしました。楽器店の時は渋い顔をされたので、今回TOPさんには売りたいのはひとつだけなので、もうひとつは査定だけになってしまうことを前もって伝えましたが、快く引き受けて下さりほっとしました。査定内容も細かく説明していただいて、とても良心的に感じましたし、2つのウクレレともかなり高価な値段をつけていただきました。結局ハワイで購入した新しい方のウクレレを売ることにしたのですが、実は長く使っている方のウクレレが思わぬ価値があると分かったので、手放すのが惜しくなったからです。こうして無事にウクレレを1本買い取ってもらうことができました。TOP楽器買取屋さんは楽器にも詳しく、信頼できる業者さんだと感じました。

札幌市中央区にお住まいのお客様から、店頭買取でウクレレを査定、買取させて頂きました。この度のご利用誠に有り難うございます。今回はウクレレを2本、査定させていただきました。その内の1本は、NAKANISHI製作のソプラノウクレレです。中西製作所は日本のウクレレビルダーの巨匠、中西清一氏による国内楽器メーカーで、その製造技術の高さからウクレレメーカーの最大手、マーチン社より正式にコピーモデルの製作を依頼されていました。今回査定させて頂きましたものも、マーチンのコピーモデルでPMシリーズのものです。PMシリーズは1990年代に製作されており、中西氏が製作者として引退する前のものですから非常に価値があります。長年ご愛用されたとのことですが、目立った打痕や割れなどもなく、きれいな状態でした。もう1本はKAMAKA製のテナーウクレレでした。KAMAKAは現存するハワイで最も古いウクレレメーカーで、非常に人気が高いため日本国内はもとより現地でも入手が困難と言われるメーカーです。こちらはほとんど新品同様で、購入時の保証書、ハードケースも揃っていました。どちらも相応の差定額を付けさせて頂きました。ご満足頂けたとのことで、とても嬉しく思っております。当店では、マーチン、フェイマス、ギブソン、コアロハ、その他全てのメーカーのものを取扱いしております。ウクレレのご売却の際は、お気軽にご相談ください。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

札幌楽器買取事例

ハワイで買ったウクレレを買い取ってもらいました[この記事を読む]

荷物整理をと思い、3本あるウクレレのうちひとつを手放すことにしました。7、8年前にウクレレを始めた時に楽器店で購入したものと2年程前にハワイ旅行した時に購入したもの、この2つのうちどちらかを売りたいと思っていました。もう1つは結婚記念日に妻からプレゼントしてもらったもので、こちらは手放せません。どちらを売るかを決めるのに、参考にしようと思い2つとも査定することにしました。まず楽器店に持ち込んだのですが、どちらにもあまり納得のいく値段がつかず売り渋っていたところ、ネットで評判の良かったTOP楽器買取屋さんを見つけ、さっそくお店で査定してもらうことにしました。楽器店の時は渋い顔をされたので、今回TOPさんには売りたいのはひとつだけなので、もうひとつは査定だけになってしまうことを前もって伝えましたが、快く引き受けて下さりほっとしました。査定内容も細かく説明していただいて、とても良心的に感じましたし、2つのウクレレともかなり高価な値段をつけていただきました。結局ハワイで購入した新しい方のウクレレを売ることにしたのですが、実は長く使っている方のウクレレが思わぬ価値があると分かったので、手放すのが惜しくなったからです。こうして無事にウクレレを1本買い取ってもらうことができました。TOP楽器買取屋さんは楽器にも詳しく、信頼できる業者さんだと感じました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

ウクレレについて

ウクレレはハワイの楽器です。ポルトガルからの移民が持ち込んだブラギーニャが改良されたといわれています。

ハワイ語で、蚤(ウク)が跳びはねる(レレ)という意味です。当時の人気奏者のあだ名とも、奏者の指が目まぐるしく動くさまからともいわれ定かではありません。ハワイ王朝末期に王族に気に入られてハワイの楽器として広められました。かつてはハワイ国歌で今は州歌である「ハワイ・ポノイ」はカラカウア王が、「アロハ・オエ」は妹のリリウオカラニ女王が作った名曲です。ハワイ王国の復興と民族意識の高揚という願いが込められていたそうです。

ウクレレには4つのサイズがあります。小さい方から、ソプラノ、コンサート、テナー、バリトンと呼ばれています。ソプラノ・コンサート・テナーはチューニングが同じなので、手の大きさや抱えやすさで選びますが、ボディが大きいほど音が大きく深くなりますので用途で選ぶこともあります。バリトンはチューニングが低くなります。ボディはギターのようなひょうたん型が一般的ですが胴がくびれないパイナップル型もあります。弦はナイロン弦の4弦が一般的です。スタンダードは一番小さいソプラノです。

トップメーカーはハワイ最大最古のカマカです。1916年にサミュエル・カイアリイリイ・カマカがオアフ島で始めました。パイナップル型を考案したのもこのカマカです。オアフ島のコアロハ、ハワイ島のGストリングとでハワイ三大メーカーと言われています。

日本では1919年に創業したキワヤが有名です。1.6mmの薄さの合板トリプルレイヤードでリーズナブルな価格を実現したフェイマスというブランドが人気があります。アメリカのギターメーカーのギブソンやマーチンもかつては作っていましたが今は作っていません。ポール・マッカートニーが故ジョージ・ハリスンの「サムシング」をウクレレを弾きながら歌うのはコンサートの定番になりましたが、ポールが弾いているのはジョージからもらったというギブソンのUke-3です。今では1920年代の貴重なヴィンテージです。

札幌楽器買取