札幌TOP楽器屋さんはカホンの買取を行っています。

カホンの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

カホン高価買取

不要なカホンはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはカホンを買取中。

札幌のカホン買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。電話やメールでの簡単見積もりも可能です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 お客様のご自宅で不要になったドラムセットや木琴、ハンドベルや電子ドラム、ドラムのペダルやタム、シンバルなどがお売りいただけます。 取り扱いメーカーは、YAMAHAやPearl、REMOだけではなく、SABIANやジルジャン、PAISTE、PLAY WOODやラテン・パーカッション(LP)などの楽器を取り扱っております。 また上記以外のメーカーの楽器の買取も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

趣味で集めていた楽器ですが、TOPさんにお願いして良かったです

 趣味で集めていた打楽器が増えすぎたので、整理する目的で、大切ないくつかを除いて全て売り払うことに決めました。友人や知り合いのつてで譲ったものもありましたが、カホンが2つ、買ってくれる人が見つからずに手元に残っていました。比較的新しいものだったのであまり安く譲るのはもったいないと思っていたのもありますし、実際に音楽活動で使ってくれる人に譲りたいと思っていました。友人のひとりがTOP楽器買取屋さんはどうかとすすめてくれたので、査定だけでもと思いお店に持っていくことにしました。カホンは最近では大分メジャーになりましたが、それでもなかなかこの打楽器に詳しい人はいないので、ちゃんと査定してもらえるか正直不安でした。でずが、TOP楽器買取屋さんのスタッフさんは打楽器にとても詳しく、私なりに納得のいく査定をしてもらうことができました。自分では気づいていなかった傷などもあり高価買取とはいきませんでしたが、それでも良い値段を付けてもらえたと思います。そのまま買取していただくことになり、現金でお支払いしてもらえました。手続きも簡単で良かったです。また何か売ることがあればこちれでお願いしたいと思いました。

札幌市にお住まいのお客様から、店頭買取でカホンを2台買取させて頂きました。この度のご利用誠に有難うございました。日本でカホンが普及し始めてから久しく、ストリートはもちろんアコースティックミュージックのドラムとして様々なシーンで見かける打楽器となりました。近年ローランドからは電子カホンも発売されており、これからますます活躍の幅が広がりそうです。国内外で多くのメーカーからカホンが売り出されていますが、国内メーカーの特徴としては、小さな工房でひとつひとつ手造りする、といったスタイルのものが多く存在します。簡単な構造であるため、自分で造ることもでき、様々なアレンジを楽しめる打楽器でもあります。今回査定させていただきましたものは、ひとつはドイツの打楽器メーカー、シュラグベルク製のカホン、もうひとつは国内メーカー、ビックフォレスト製のものでした。シュラグベルクはカホンメーカーとしては最も有名なメーカーのひとつです。プロにも多く使用され、とても人気の高いメーカーですので、中古でも高価取引されています。そこそこの使用感がありましたが、演奏には支障ないものでした。ビックフォレストは国内のカホン専門の打楽器メーカーで、カホン製造に関する特許を取得するなど革新的なカホンを作っています。小規模で流通の少ないメーカーですが、ほとんど新品に近い状態、また2台まとめての買取ということで、買取価格は頑張らせて頂きました。当店では全てのメーカーのカホンが取扱い可能です。また壊れている、メーカーが分からない、といった場合でもお気軽にご相談ください。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

札幌楽器買取事例

趣味で集めていた楽器ですが、TOPさんにお願いして良かったです[この記事を読む]

趣味で集めていた打楽器が増えすぎたので、整理する目的で、大切ないくつかを除いて全て売り払うことに決めました。友人や知り合いのつてで譲ったものもありましたが、カホンが2つ、買ってくれる人が見つからずに手元に残っていました。比較的新しいものだったのであまり安く譲るのはもったいないと思っていたのもありますし、実際に音楽活動で使ってくれる人に譲りたいと思っていました。友人のひとりがTOP楽器買取屋さんはどうかとすすめてくれたので、査定だけでもと思いお店に持っていくことにしました。カホンは最近では大分メジャーになりましたが、それでもなかなかこの打楽器に詳しい人はいないので、ちゃんと査定してもらえるか正直不安でした。でずが、TOP楽器買取屋さんのスタッフさんは打楽器にとても詳しく、私なりに納得のいく査定をしてもらうことができました。自分では気づいていなかった傷などもあり高価買取とはいきませんでしたが、それでも良い値段を付けてもらえたと思います。そのまま買取していただくことになり、現金でお支払いしてもらえました。手続きも簡単で良かったです。また何か売ることがあればこちれでお願いしたいと思いました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

カホンについて

カホンはペルー発祥の箱型の打楽器です。カホンとは“大きな箱”という意味です。19世紀半ばにペルーに連れて来られた黒人奴隷が、木箱などを叩いて楽しんでいたのが起源と言われています。

カホンの標準的な大きさは、幅30cm奥行き30cm高さ46~50cmです。中は空洞で、側面の1つを打面とし、その反対側の面にサウンドホールが空けられます。奏者はサウンドホールを背面にしてカホンに跨り、前面の打面を素手で叩きます。平手で叩いたり、指先で叩いたり、叩く場所によっても音色が変わるので、叩き方を工夫すればドラムセットのような役割を果たします。

ペルー黒人音楽ムシカ・ネグラが1950年代に復興するとともに注目されるようになり、1960年代にビクトリア・サンタ・クルスがカホンだけの伴奏でアフロペルー舞踊を踊るなど、カホンを本格的に使うようになって、しだいにカホンはペルー音楽に欠かせない楽器として定着していきました。1970年代に、ペルーを代表するカホン奏者カルロス・カイトロ・ソトが、スペインのギタリストのパコ・デ・ルシアにカホンを贈ったことから、カホンがスペインに持ち込まれてフラメンコの楽器として使われるようになりました。フラメンコダンザーのホアキン・コルテスの舞台でも使われました。今では日本を含み世界で使われています。フラメンコをきっかけに広まったことから、スペインの楽器と誤解されることもあり、ペルーはカホンを国の文化財に指定しました。

カホンメーカーで有名なのはドイツのシュラグヴェルクです。シュラグヴェルクは1982年に創業した打楽器専門メーカーです。美しいデザインとサウンドが評価されています。定番モデルの“カホン・ラ・ペルー”は、カホンブームの礎とも言われ、多くのメーカーに影響を与えました。中でもCP-4007は“シュラグヴェルクの代名詞的モデル”として、ラテン、フラメンコ、ポピュラーなど幅広いジャンルで人気があります。日本では鈴木楽器製作所がカホンを作っています。

札幌楽器買取