札幌TOP楽器屋さんはハーモニカの買取を行っています。

ハーモニカの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

ハーモニカ高価買取

不要なハーモニカはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはハーモニカを買取中。

札幌のハーモニカ買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。電話やメールでの簡単見積もりも可能です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 お客様のご自宅に不要になったトランペットやサックス、フルート、クラリネット、ハーモニカやホルンなどございませんか? 管楽器はヤマハやバック、ゲッツェンやセルマー、クランポンだけでなく、アマティやキャノンボール、キングなどの買取も行っております。 また、楽器本体だけでなく、マウスピースや教則本、DVDなどもお売りいただけますので、お気軽にご相談ください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

大量のハーモニカでしたが、一つ一つ丁寧に査定してもらいました。

私はハーモニカという楽器が好きで、たくさん持っています。自分でも演奏しますし、年季が入っているのでそこそこ吹けますが、プロ並というわけではありません。どちらかというとコレクターに近いです。そんな私のコレクションも、現在50本を越えました。小さなものですがここまで溜まるとさすがに場所もとるので、家内にも少し処分してはどうかと長年言われてきました。自分でもさすがに把握しきれなくなってきたところがあるので、今回大幅に減らして23本程まとめて処分することに決めましたが、捨てるのはやはり忍びないので、TOP楽器買取屋さんでまとめて買い取っては頂けないかとご相談した次第です。数が数でしたので査定にも時間がかかるということで、宅配サービスを利用し査定してもらうことにしました。電話で伺っていた通り、後日連絡がメールで来たのですが、分かりやすく査定内容に写真などもつけてくださって、とても見やすくまとめて頂きました。こんな良心的な業者さんがあるのだなあと私は感動を覚えた程です。メールの後に年の為と電話で連絡もしてくださって、本当に感じの良いスタッフさんでした。査定はひとつひとつのハーモニカに対して細かくされていて、差定額に納得がいけば売却、そうでなければ保留ということで選択することができました。送ったものの内ひとつ、手違いで送ってしまったものがあったことにも気づき、事情を話すと快く返送を承諾して頂け、後日、無事手元に返ってきました。まさに至れり尽くせりのサービスだったと思います。買取額にも大満足です。本当に有難うございました。

函館市にお住まいのお客様から、宅配買取サービスをご利用でハーモニカを買取させて頂きました。この度はTOP楽器買取屋さんをご利用頂き有難うございます。ハーモニカは一時期は日本の学校教育でも使われていたように、手に入りやすく演奏も比較的簡単なので、誰にも親しみやすい楽器のひとつです。しかし熟練した奏者によれば非常に豊かな表現力を持った魅力的な楽器でもあります。種類も豊富にあり広く普及している為、コレクターも実はかなり存在すると言われています。近年音楽シーンではフォークやポップスのミュージシャンが使っているのをよく見かけますが、これらは10穴式ハーモニカで、ホーナー社の商品ブルースハープがあまりに有名な為、一般名として普及している程です。楽器によってそれぞれ調が決まっているので、曲の調に合わせて楽器を変える必要があるので、数本合わせて所有するのが一般的です。今回買取させて頂きました22本のハーモニカには、ホーナー社のブルースハープをはじめ、へリングハーモニカ、スズキ楽器のクロマチックハーモニカなど様々なものが御座いました。今回の査定にご満足頂けてとても嬉しく思っております。また、たくさんの貴重なコレクションをご売却頂き、誠に有難う御座います。また御用の際はお気軽にご連絡ください。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

札幌楽器買取事例

大量のハーモニカでしたが、一つ一つ丁寧に査定してもらいました。[この記事を読む]

私はハーモニカという楽器が好きで、たくさん持っています。自分でも演奏しますし、年季が入っているのでそこそこ吹けますが、プロ並というわけではありません。どちらかというとコレクターに近いです。そんな私のコレクションも、現在50本を越えました。小さなものですがここまで溜まるとさすがに場所もとるので、家内にも少し処分してはどうかと長年言われてきました。自分でもさすがに把握しきれなくなってきたところがあるので、今回大幅に減らして23本程まとめて処分することに決めましたが、捨てるのはやはり忍びないので、TOP楽器買取屋さんでまとめて買い取っては頂けないかとご相談した次第です。数が数でしたので査定にも時間がかかるということで、宅配サービスを利用し査定してもらうことにしました。電話で伺っていた通り、後日連絡がメールで来たのですが、分かりやすく査定内容に写真などもつけてくださって、とても見やすくまとめて頂きました。こんな良心的な業者さんがあるのだなあと私は感動を覚えた程です。メールの後に年の為と電話で連絡もしてくださって、本当に感じの良いスタッフさんでした。査定はひとつひとつのハーモニカに対して細かくされていて、差定額に納得がいけば売却、そうでなければ保留ということで選択することができました。送ったものの内ひとつ、手違いで送ってしまったものがあったことにも気づき、事情を話すと快く返送を承諾して頂け、後日、無事手元に返ってきました。まさに至れり尽くせりのサービスだったと思います。買取額にも大満足です。本当に有難うございました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

ハーモニカについて

ハーモニカは、1821年にドイツのオルガン職人の息子クリスチャン・ブッシュマンが発明したといわれています。当時16歳だったクリスチャンが作った、わずか10cmで15音階を奏でる楽器はオーラ(AURA)と呼ばれました。1827年に時計職人のクリスチャン・メスナーが作った“マウス・ハープ”は現在のハーモニカとほとんど同じものでした。1857年にマシアス・ホーナーがハーモニカの商業生産を始めました。ドイツ語で“ムンド・ネリオーネ”、1865年にアメリカで販売した際は、英語で“マウス・オルガン”と表記されました。

1891年に日本に入って来たときは、直訳されて“口琴”と呼ばれ、1895年の新聞広告では“西洋横笛”と書かれました。“ハーモニカ”という呼称がいつどこでどのようにしてついたのかははっきりしていません。その手軽さからヨーロッパで広まり、アメリカに渡るとブルース、カントリー&ウェスタン、フォーク・ソングなどに使われ、世界中に広まっていきました。ホーナー社によれば、1986年に10億本目のハーモニカを出荷したそうです。

ハーモニカは、口の中に入れて演奏できるほど小さいものから60cmほどのものまで外形は様々です。息を吹き吸いする四角いマウスピースに、振動して音を出すリードを付けたものを並べたシンプルな構造です。よく使われているのは、10穴、クロマチック、復音の3種類です。10穴は“テン・ホールズ”あるいはブルースでよく使用されるので“ブルースハープ”と呼ばれる、リードが付いたマウスピースが10個並んだハーモニカです。クロマチックはスライドレバーを押すと半音高くできるハーモニカです。日本で学校教育のために考案されました。復音は、トレモロハーモニカとも呼ばれ、マウスピースが2段に分かれているハーモニカです。上下から音が出るのでビブラートがかかって豊かな音色になります。

トップメーカーはドイツのホーナー社です。国内では、鈴木楽器製作所とトンボ楽器製作所が人気があります。

札幌楽器買取