札幌TOP楽器屋さんはCDJの買取を行っています。

CDJの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

CDJ高価買取

不要なCDJはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはCDJを買取中。

札幌のCDJ買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 TOP楽器買取屋さんでは、ターンテーブルやCDJ、デジタルDJなどのDJ機材や、MIDI音源、サンプラー、エフェクターなどの楽器関連の機材や楽器の教則本や教則DVDなどのの買取を行っております。 売りたい楽器や機材が大きくて持っていくのが大変、というお客様はぜひ出張買取をご利用ください。札幌近郊でしたら、主張料金無料でご自宅まで伺わせていただきます。 電話やメールでの簡単見積もりも可能です。出張買取の対応地域や買取方法などのご質問ございましたら、お気軽にご連絡ください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

昔、仕事で使っていたCDJを結婚を機に売ることにしました。

僕は以前、クラブDJとして活動していたことがあります。バイト先がクラブだったので、いろんなDJのプレイを目にする機会がもともとあり、自分でもやるようになりました。そのうちイベントでまわしてみないかと誘われるようになり、一時期はほとんど毎晩DJの仕事をしていました。しかし安定した仕事とは言えず、生活も完全に夜型なので体力的に辛くなり、辞めてしまいました。今は結婚もして家庭をもつようになったので、DJとして活動することはもうないと思います。子供が生まれるのを機に、DJ関連機器は処分することに決めました。僕はいわゆるCDJというのを使っていたので、それ程大きなものではありません。買取してくれるお店に直接持って行くことにしました。TOP楽器買取屋さんは以前からしっていて、幅広いジャンルで買取してもらえるということで気になっていました。実際、DJ機器を取り扱っているお店は少ないと思います。TOP楽器買取屋さんでは、CDJ2台とミキサー1台を無事買取してもらうことが出来ました。予想よりもずっと良い値段で買ってもらえましたし、とても満足です。どうもありがとうございました。

札幌市南区にお住まいのお客様から、店頭買取でDJ機器一式を買取させて頂きました。この度はTOP楽器買取屋さんをご利用頂き、誠に有り難うございます。クラブDJはクラブに来ているお客さんを楽しませる目的で、たくさんの曲をノンストップで次々に流すのが仕事ですが、選曲はもちろんのこと、曲の入れ替えの部分が自然につながるように調整したり、時には曲自体のテンポを変えてお客さんのノリを作るなどしています。大きく分けて、アナログDJ、デジタルDJとありますが、最近はデジタルDJがより一般的になりつつあります。やはり音源の豊富さと操作性の良さ、コンパクトであることなどが人気の理由ではないでしょうか。これからDJを始めるという方はほとんどの方がデジタルDJを選ばれますが、既に持っているCDや音楽データを音源として使えるだけでなく、自分で曲をremixしたり、イベントごとに編集したCDを使ったりということにも対応できるからです。今回買取させて頂きましたのは、パイオニア製のCDJでした。パイオニアの製品は低価格帯モデルでも品質が高く、とても人気です。CDJ2台とミキサーを合わせて買取させて頂きましたので、これからDJを始める方にぴったりの一式セットとして販売することができます。また何かございましたらお気軽にご連絡ください。スタッフ一同心からお待ちしております。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

札幌楽器買取事例

昔、仕事で使っていたCDJを結婚を機に売ることにしました。[この記事を読む]

僕は以前、クラブDJとして活動していたことがあります。バイト先がクラブだったので、いろんなDJのプレイを目にする機会がもともとあり、自分でもやるようになりました。そのうちイベントでまわしてみないかと誘われるようになり、一時期はほとんど毎晩DJの仕事をしていました。しかし安定した仕事とは言えず、生活も完全に夜型なので体力的に辛くなり、辞めてしまいました。今は結婚もして家庭をもつようになったので、DJとして活動することはもうないと思います。子供が生まれるのを機に、DJ関連機器は処分することに決めました。僕はいわゆるCDJというのを使っていたので、それ程大きなものではありません。買取してくれるお店に直接持って行くことにしました。TOP楽器買取屋さんは以前からしっていて、幅広いジャンルで買取してもらえるということで気になっていました。実際、DJ機器を取り扱っているお店は少ないと思います。TOP楽器買取屋さんでは、CDJ2台とミキサー1台を無事買取してもらうことが出来ました。予想よりもずっと良い値段で買ってもらえましたし、とても満足です。どうもありがとうございました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

CDJについて

CDJ(シーディージェイ)は、アナログレコードではなくCDでDJアクションを行うためのCDプレーヤーです。通常のCDプレーヤーとは違って、ピッチやテンポを変更できます。アナログレコードでDJアクションをするためのターンテーブルのように、スクラッチというCDに直接触れて曲を前後にする機能があるものもあります。現在は、iCDXの機能で外付けハードディスク、iPod、SDメモリカード等と接続できるよう設計されるなど、デジタルターンテーブルに発展してきています。

メーカーはパイオニアが群を抜いています。クラブのスタンダードプレーヤーといわれるのはパイオニアのフラグシップモデルCDJ-2000NXSです。DJバトルの新興勢力Red Bull Thre3Style の公認CDJでもあります。業界初でWi-Fi/USB接続されたスマホやタブレットの曲を使うことができるようになりました。かつてクラブのスタンダードといわれていたCDJ-800は生産を終了しています。

後継機CDJ-850はクラブに近い環境を自宅で再現するマルチプレーヤーと謳われています。現在のスタンダードCDJ-2000NXSと同等のレイアウトです。スクラッチ機能があり、USBメモリ経由でMP3、AAC、WAV、AIFFの音楽フォーマットを呼び出すことができます。DJ用のコントローラーとしても使うことができます。

DENONのDN-S3700は、回転式の大きなJOGダイアルでアナログのような操作感で使うことができます。JOGダイアルの重さを変えることもできます。ディスプレイ表示が2行なので見やすく、スクラッチ用のディスプレイも付いています。USBメモリを付ければMP3を再生することもでき、逆再生や速度など再生エフェクトもあります。スクラッチ中心、MP3中心に最適のモデルです。

パナソニックの音響機器ブランドであるテクニクスは、DMC(ディスコミックスクラブ)というDJ世界No.1を競う大会でターンテーブルが公認されて、チャンピオンにはゴールドのSL-1200が贈られていました。SL-DZ1200は、アナログターンテーブルのように手で送ってスピード調整ができ、バイナルシュミレーターという機能でアナログ音声を再現することができ、プラッターを回転させてエフェクトのかかり具合を調節できるというように、アナログと同じ操作性を追求したモデルです。デザインも洗練されています。2010年にテクニクスブランドが終了して現在は生産されていません。

札幌楽器買取