札幌TOP楽器屋さんはユーフォニアムの買取を行っています。

ユーフォニアムの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

ユーフォニアム高価買取

不要なユーフォニアムはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはユーフォニアムを買取中。

札幌のユーフォニアム買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。電話やメールでの簡単見積もりも可能です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 お客様のご自宅に不要になったトランペットやサックス、フルート、クラリネット、ハーモニカやホルンなどございませんか? 管楽器はヤマハやバック、ゲッツェンやセルマー、クランポンだけでなく、アマティやキャノンボール、キングなどの買取も行っております。 また、楽器本体だけでなく、マウスピースや教則本、DVDなどもお売りいただけますので、お気軽にご相談ください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

かなり古いユーフォニアムだったので、値段つくか不安でしたがTOPさんにお願いして良かったです。

長年使っていなかったユーフォニアムを、TOP楽器買取屋さんで買い取って頂くことが出来ました。かなり古いので買い取っていただけるか不安だったのですが、TOP楽器買取屋さんにお願いして良かったです。このユーフォニアムは私が学生の頃使っていたもので、室内管弦楽団に所属していた当時のものです。社会人になってからはすっかり吹くことも無く、それでもずっと手元に置いていました。時々開いてちょっと吹いてみることもあり、もちろんメンテナンスもしていました。実は、未来の自分の子供が吹きたいと思うかもと考えていたからです。しかしそれもまだまだ先の話で、その頃まで使える状態を保っていられるのか分かりません。思い切って売却することに決めました。TOPさんに連絡してみると、買取して頂けるということで、相談の末、宅配査定をお願いすることになりました。宅配業者さんが荷物を引き取りに来てくださったので、とても便利でした。査定内容もとにかく詳しく丁寧に説明してくださって良心的に感じました。差定額も納得のいくものでしたので、お売りすることに決めました。すぐに振込で支払いして頂けたのも良かったと思います。必要な方に吹いてもらえると思うと私も嬉しいです。どうも有難うございました。

旭川市にお住まいのお客様から、宅配買取サービスをご利用でユーフォニアムを買取させて頂きました。この度はTOP楽器買取屋さんをご指名頂き、誠に有難うございます。ユーフォニアムと言えば吹奏楽ではメジャーな楽器のひとつです。主旋律を吹くこともあれば、伴奏、帯旋律もありと重要なパートを担っています。今回買取させて頂きましたユーフォニアムは、ヤマハ製の中級モデルでした。ヤマハ製のユーフォニアムは操作性が良く、またヤマハの楽器全般に言えることですが、品質が安定していてハズレが無いというのも特徴です。ハイクラスモデルではプロからも高い評価を受けています。今回、傷やへこみも無く非常に良い状態での買取となりましたが、ユーフォニアムは金管楽器ですのでお手入れが十分にされていないと、錆が出る、バルブが動かない、などの不具合が出てしまいます。使用後の水分の拭き取りは必須ですし、度々グリスやオイルもさす必要があります。こういったお手入れがきちんとされていれば、管楽器は非常に長く使うことができます。長い間使わなくなっても、お客様のように定期的にメンテナンスをしておくことは、とても大事です。もう使わないということであれば、必要な方に譲るのも良いでしょう。TOP楽器買取屋さんではそのお手伝いをさせて頂いております。何かございましたら、お気軽にご相談下さい。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

札幌楽器買取事例

かなり古いユーフォニアムだったので、値段つくか不安でしたがTOPさんにお願いして良かったです。[この記事を読む]

長年使っていなかったユーフォニアムを、TOP楽器買取屋さんで買い取って頂くことが出来ました。かなり古いので買い取っていただけるか不安だったのですが、TOP楽器買取屋さんにお願いして良かったです。このユーフォニアムは私が学生の頃使っていたもので、室内管弦楽団に所属していた当時のものです。社会人になってからはすっかり吹くことも無く、それでもずっと手元に置いていました。時々開いてちょっと吹いてみることもあり、もちろんメンテナンスもしていました。実は、未来の自分の子供が吹きたいと思うかもと考えていたからです。しかしそれもまだまだ先の話で、その頃まで使える状態を保っていられるのか分かりません。思い切って売却することに決めました。TOPさんに連絡してみると、買取して頂けるということで、相談の末、宅配査定をお願いすることになりました。宅配業者さんが荷物を引き取りに来てくださったので、とても便利でした。査定内容もとにかく詳しく丁寧に説明してくださって良心的に感じました。差定額も納得のいくものでしたので、お売りすることに決めました。すぐに振込で支払いして頂けたのも良かったと思います。必要な方に吹いてもらえると思うと私も嬉しいです。どうも有難うございました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

ユーフォニアムについて

ユーフォニアムは金管楽器です。内部が空洞になっている管に息を吹き込んで鳴らす管楽器は、金管楽器と木管楽器とに大別されます。金管楽器は英語ではBrass(真鍮)といい金属製の管楽器と捉えられがちですが、木管楽器にも金属製のものがあるように、素材ではなく、音の出し方によって分けられています。木管楽器と金管楽器は材質によって分けられるのではなく、唇の振動によって鳴らすものが金管楽器、唇以外のリードなどを震わせて鳴らすのが木管楽器です。

金管楽器の祖先は新石器時代のメガフォン型のラッパに遡ります。エジプトの出土品の中には金、銀、青銅、土器、貝、象牙、木、樹皮、竹、瓢箪など、様々な素材と形のものが見られます。ギリシア・ローマ時代のサルピンクスは儀式や軍隊や競技でファンファーレや信号として用いられました。真っ直ぐ長い形では戦争や狩猟で持ち運ぶのに不便であったため、次第に管が曲げられるようになります。15世紀に入って管の継ぎ足しができるようになり、17世紀にスライドシステムが生まれ、18世紀にヴァルヴを付けて半音変調するヴァルヴシステムが考案されて、トランペットやトローンボーンが現在の形に近づいて行きました。

この頃はヴァルヴシステムを備えた多種多様な楽器が作られ、その中のF管バス・チューバから現在のチューバが生まれ、同時期にゾンメロフォン、サクソルンなどが生まれました。ユーフォニアムはサクソルンから派生した楽器です。サクソルン自体がチューバの流れを継いでいますのでユーフォニアムも間接的にチューバの流れを継いでいることになりますが、テナー・チューバと外見が似ていて混同されやすく、歴史が浅いことから楽器としての位置づけが確立しておらず、国によっても定義付けが異なっています。

メーカーは、BESSON(ベッソン)、Willson(ウィルソン)、HIRSBRUNNER(ヒルスブルナー)が有名です。ベッソンは音響学を学んだギュスターヴ=オーギュスト・ベッソンが1837年フランスで設立したメーカーです。1858年に拠点をイギリスに移しました。暖かく深い音色が世界のトッププレーヤーに支持されています。ウィルソンは1950年に設立されたスイスのメーカーです。上品な音色が上級者に好まれています。ヒルスブルナーは、1847年に設立されたスイス名門のチューバメーカーです。細部まで神経の行き届いた技術で、世界のトッププレーヤーに支持されています。日本ではヤマハが有名です。

札幌楽器買取