札幌TOP楽器屋さんはコルネットの買取を行っています。

コルネットの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

コルネット高価買取

不要なコルネットはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはコルネットを買取中。

札幌のコルネット買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。電話やメールでの簡単見積もりも可能です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 お客様のご自宅に不要になったトランペットやサックス、フルート、クラリネット、ハーモニカやホルンなどございませんか? 管楽器はヤマハやバック、ゲッツェンやセルマー、クランポンだけでなく、アマティやキャノンボール、キングなどの買取も行っております。 また、楽器本体だけでなく、マウスピースや教則本、DVDなどもお売りいただけますので、お気軽にご相談ください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

評判通りの対応でした。また何か売る時に利用したいと思います。

私はジャズバンドを組んでいて、トランペットを吹いています。中学の頃、吹奏楽部で始めたトランペットでしたが、もともとジャズに憧れて始めたものだったので、高校の頃には友人とジャズバンドを組み、ライブ活動などもするようになりました。最近は仲間と集まってセッションする時が私にとっては最も楽しい時間です。さて、私はトランペットを1本とコルネットを2本、持ち替えで持っているのですが、このうちあまり使っていない方のコルネットを売りに出し、新しくトランペットを購入したいと考えていました。このコルネットは社会人になってすぐの頃購入したもので、当時はよく使っていましたが、新しいコルネットを購入した数年前からあまり使わなくなりました。仲間うちでTOP楽器買取屋さんが良いという評判を聞いたので、さっそく電話させていただきました。電話での対応は好感触だったので、すぐにお店で見てもらうことにしました。お店での対応もとてもスムーズで、さすがに楽器の査定は手慣れているという印象を受けました。少し古いものだったので差定額はどうかなと思っていたんですが、納得の金額で買い取ってもらうことが出来ました。お店の方も感じが良く、気持ちいい対応だと感じましたし、優良業者さんだと思います。また楽器の売却の際にはお世話になりたいと思います。今回は有難うございました。

石狩市にお住まいのお客様から、店頭買取でコルネットを買取させて頂きました。この度はTOP楽器買取屋さんをご利用頂き、誠に有難うございます。コルネットとトランペットの違いを見てみると、形の特徴としてはまずコルネットの方がコンパクトで持ち運びが楽です。音の特徴としては、良く言われるようにコルネットの方が丸みのある柔らかな音色であること、また表情がつけやすいということも言われます。早い動きが演奏しやすいのもコルネットです。このように、とても似たような楽器でありながら異なる性質を持つので、トランペットの持ち替えとしてコルネットを持つ方、またはその逆で利用する方はとても多いです。さて今回買取させて頂きましたのは、ブージー&ホークス製のコルネットで、80年代に製造されたサテンシルバーのモデルです。ブージー&ホークス社は今では楽譜出版社として知られていますが、その楽器製造部門は現在ベッソンのブランド名で、最も有名なコルネットメーカーのひとつです。コルネットと言えばベッソンと言える程、広く普及しています。査定させて頂きましたところ、経年の割には良い状態を保っていて、サテンの状態も良いものでした。ケースも付けてご売却頂けるということで、良い条件での買取となりました。お客様にご満足頂けて私どもも嬉しく思っております。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

札幌楽器買取事例

評判通りの対応でした。また何か売る時に利用したいと思います。[この記事を読む]

私はジャズバンドを組んでいて、トランペットを吹いています。中学の頃、吹奏楽部で始めたトランペットでしたが、もともとジャズに憧れて始めたものだったので、高校の頃には友人とジャズバンドを組み、ライブ活動などもするようになりました。最近は仲間と集まってセッションする時が私にとっては最も楽しい時間です。さて、私はトランペットを1本とコルネットを2本、持ち替えで持っているのですが、このうちあまり使っていない方のコルネットを売りに出し、新しくトランペットを購入したいと考えていました。このコルネットは社会人になってすぐの頃購入したもので、当時はよく使っていましたが、新しいコルネットを購入した数年前からあまり使わなくなりました。仲間うちでTOP楽器買取屋さんが良いという評判を聞いたので、さっそく電話させていただきました。電話での対応は好感触だったので、すぐにお店で見てもらうことにしました。お店での対応もとてもスムーズで、さすがに楽器の査定は手慣れているという印象を受けました。少し古いものだったので差定額はどうかなと思っていたんですが、納得の金額で買い取ってもらうことが出来ました。お店の方も感じが良く、気持ちいい対応だと感じましたし、優良業者さんだと思います。また楽器の売却の際にはお世話になりたいと思います。今回は有難うございました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

コルネットについて

コルネットは金管楽器です。内部が空洞になっている管に息を吹き込んで鳴らす管楽器は、金管楽器と木管楽器とに大別されます。金管楽器は英語ではBrass(真鍮)といい金属製の管楽器と捉えられがちですが、木管楽器にも金属製のものがあるように、素材ではなく、音の出し方によって分けられています。木管楽器と金管楽器は材質によって分けられるのではなく、唇の振動によって鳴らすものが金管楽器、唇以外のリードなどを震わせて鳴らすのが木管楽器です。

金管楽器はその形状から、円錐管のホルン・チューバ系と、円筒管のトランペット・トロンボーン系に大別できますが、コルネットはちょうど中間に位置する楽器です。コルネット(Cornet)はイタリア語でホルンを意味するCornoと小さいという意味の語尾-ettoで、小さいホルンという意味の言葉です。郵便馬車が使っていたポストホルンが発展したものと考えられています。ポストホルンは郵便馬車の到着を知らせたり、馬車が走っている時にクラクションの役目も果たしました。

19世紀にヴァルヴシステムを備えた多種多様な楽器が作られた時、このポストホルンにもヴァルヴシステムが取り入れられてコルネットが生まれたと考えられています。コルネットは管が短く演奏し易いことからパリで流行し、イギリスに伝わってコーノピアン(Cornopean)と呼ばれて普及しました。当初はオーケストラでトランペットと併用されていましたが、現在はオーケストラでは使われず、吹奏楽で重用されています。

メーカーはBESSON(ベッソン)、C.G.Conn(コーン)、Courtois(クルトワ)が有名です。ベッソンは音響学を学んだギュスターヴ=オーギュスト・ベッソンが1837年フランスで設立したメーカーです。1858年に拠点をイギリスに移しました。暖かく深い音色が世界のトッププレーヤーに支持されています。コーンは、コルネット奏者チャールズ・ジェラルド・コーンがアメリカで設立し、1893年のシカゴ万国博覧会で最高栄誉賞を受賞したメーカーです。柔らかな音色が特徴で、特にクラシック界で称賛されています。クルトワは、楽器職人の娘アントワンヌ・クルトワが1803年に設立したフランスのメーカーです。艶がある軽快な音色で、ヨーロッパで絶大な人気を誇っています。日本ではヤマハが有名です。

札幌楽器買取