札幌TOP楽器屋さんはウッドベースの買取を行っています。

ウッドベースの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

ウッドベース高価買取

不要なウッドベースはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはウッドベースを買取中。

札幌のウッドベース買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。電話やメールでの簡単見積もりも可能です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 札幌TOP楽器買取屋さんでは、弦楽器は本体だけではなく、弓の買取も行っております。 お売りいただけるメーカーは、カールヘフナーやペルマン、サルヴィなどの海外メーカーや、 落合マンドリン、横内の花子や青山ハープ、スズキなどの国内メーカーの楽器の買取も行っております。 また上記以外のメーカーの楽器の買取も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

サービスも金額にも満足です。ありがとうございました

TOP楽器買取屋さんでウッドベースを買い取ってもらいました。私は数年前から組んでいるスカバンドでエレキベースを弾いているのですが、新しくウッドベースを使用した曲をやってみようということになり思い切って購入しました。エレキベースからウッドベースへの持ち替えは割とすんなりと出来て、曲もいい感じで仕上がりました。お客さんの評判も上々で良い感じだったのですが、何せ持ち運びが大変なのでスタジオ練習へも持っていかないことがほとんどで、ライブでも会場が狭ければ諦めるといった感じで、なかなか使う機会はありませんでした。また練習するにしても音の大きさが気になり思い切り弾くこともできません。そしてバンドの中で弾くとやはり音が埋もれてしまうので、マイクやエフェクターで工夫してみたものの、アコースティックの良さが伝わる音で演奏することはとても難しいと感じました。結局ウッドベースは1年程使っただけで、手放すことになりました。TOPさんは楽器専門ということもあって、細かい査定をして頂けましたし納得のいく金額で買い取ってもらうことができました。サービスも良くて店員さんの感じが良かったのが印象的です。どうも有難うございました。

札幌市北区にお住まいのお客様から、ウッドベースを買取させて頂きました。この度はTOP楽器買取屋さんをご利用いただき有難うございます。ウッドベースはコントラバスの別名で、日本独特の呼び名ですが、主にジャズやアコースティックバンドの演奏で使われる時にこの名前で呼ばれることが多いようです。最近ではジャズに限らずポップスやロックなど様々な音楽シーンで見かけるようになりました。今回お客様から買い取らせて頂いたのは、ハルシュタット製の入門用ウッドベースセットでした。ハルシュタットは中国の工場で楽器を製造することで、初心者向けモデルの弦楽器を格安で実現しているメーカーです。こういったメーカーの登場が、敷居の高かった弦楽器を身近なものにすることに一役かっていることは間違いないでしょう。新品でご購入されたとのことで、弓、ソフトケース、保証書、取扱説明書、チューナー等の付属品もまとめて買取させて頂きました。初心者用モデルの楽器では中古ではあまり高値が付かない傾向がありますが、今回のように付属品をできるだけ揃えてお売り頂きますと差定額には大きく影響することがございますので、使われない場合でも付属品は全て保管していただくのが良いと思われます。お電話でご相談の際には付属品の有無もぜひお伝え下さい。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

札幌楽器買取事例

サービスも金額にも満足です。ありがとうございました[この記事を読む]

TOP楽器買取屋さんでウッドベースを買い取ってもらいました。私は数年前から組んでいるスカバンドでエレキベースを弾いているのですが、新しくウッドベースを使用した曲をやってみようということになり思い切って購入しました。エレキベースからウッドベースへの持ち替えは割とすんなりと出来て、曲もいい感じで仕上がりました。お客さんの評判も上々で良い感じだったのですが、何せ持ち運びが大変なのでスタジオ練習へも持っていかないことがほとんどで、ライブでも会場が狭ければ諦めるといった感じで、なかなか使う機会はありませんでした。また練習するにしても音の大きさが気になり思い切り弾くこともできません。そしてバンドの中で弾くとやはり音が埋もれてしまうので、マイクやエフェクターで工夫してみたものの、アコースティックの良さが伝わる音で演奏することはとても難しいと感じました。結局ウッドベースは1年程使っただけで、手放すことになりました。TOPさんは楽器専門ということもあって、細かい査定をして頂けましたし納得のいく金額で買い取ってもらうことができました。サービスも良くて店員さんの感じが良かったのが印象的です。どうも有難うございました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

ウッドベースについて

ウッドベースはコントラバスの別称で和製英語です。コントラバスはヴァイオリンの仲間です。ヴァイオリンの仲間はヴィオラ、チェロ、コントラバスです。

構造はヴァイオリンとほぼ同じですが、サイズが大きくなるにつれて音が低くなり、コントラバスは最も大きく、チェロよりさらに1オクターブ低い音です。チェロと同様にボディの下端のエンドピンと呼ばれる支柱によって床に立てて演奏します。全長が180cm前後あるため、奏者は立つか、立っているのと変わらないような椅子にかけて演奏します。弦が太いため弓はチェロよりさらに短く重くなります。チェロはヴァイオリンほどサイズが明確化されていないため、国によって基準の大きさが異なります。フルサイズ4/4の他に子供や女性用の3/4や1/2も作られていて、ヨーロッパの3/4が日本の4/4に該当します。

今はヴァイオリンの仲間ですが、かつてヴィオール属であった名残がボディに見られます。ヴァイオリン属の肩が円いのに対し、コントラバスはネックにぶら下がるようななで肩です。背面も、ヴァイオリン属の裏板は表面と並行に平たいフラットバックですが、コントラバスはフラットバックだけでなくマンドリンのようなラウンドバックと呼ばれる円い裏板のものもあります。弓も、ヴァイオリンと同じに手の甲を上にして持つフレンチ・ボウの他に、手の平を上に向けて持つジャーマン・ボウがあります。ジャーマンの方がより力強い音を出すことができます。

コントラバスは英語圏では単にバス、ベースと呼ばれることが多く、ポピュラー音楽で使われるときはエレクトリックベースと区別するためにアコースティックベースと呼ばれます。ウッドベースというのは和製英語です。ヴァイオリンの三大名器の製作者、アマティ、ストラディバリ、グァルネリはコントラバスも作りましたが、ヴァイオリンに比べると製作数が少なく、ストラディバリの現存するコントラバスはわずか5挺と言われています。

チェロと同様にクレモナだけでなくヴェニスでも発展しました。クレモナ派が華やかと評価されるのに対し、ヴェニス派は力強く豊かな音と評価されています。ヴェニス派で有名な製作者は、マッテオ・ゴフリラー、ドメニコ・モンターニャ、サント・セラフィンです。

ヴァイオリン同様、製作された年代によって、16世紀から18世紀末までをオールド、19世紀をモダン、戦後から現在をコンテンポラリーと呼びます。コンテンポラリーの最高峰と謳われているヴァイオリン製作者、ジオ・バッタ・モラッシとフランチェスコ・ビソロッティは、もちろんコントラバスの製作者でもあり、両氏のコントラバス高く評価されています。

札幌楽器買取