札幌TOP楽器屋さんはキーボードの買取を行っています。

キーボードの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

キーボード高価買取

不要なキーボードはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはキーボードを買取中。

札幌のキーボード買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。電話やメールでの簡単見積もりも可能です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 TOP楽器買取屋さんでは、電子ピアノ、電子オルガンやシンセサイザー、キーボード、デジタルピアノなどの買取を行っております。 また、売りたい楽器が大きくて持っていくのが大変、というお客様はぜひ出張買取をご利用ください。札幌近郊なら主張料金無料でご自宅まで伺わせていただきます。 出張買取の対応地域や買取方法などのご質問ございましたら、お気軽にご連絡ください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

無償で引き取りと言われたものが予想外の値段になりました

実家の押入れを整理していたところ、キーボードを見つけました。子供の頃に使った記憶があるような、無いような、とにかく古いものです。母に聞いたところ、一時エレクトーンを習っていた頃に買ったものらしく、もう使わないから処分するとのことでした。そこで楽器店に持ち込んだところ、古すぎて取扱いが無いとのこと、仕方なくリサイクルショップにも行ってみたのですが、無償で引き取りと言われてしまいました。私は諦めきれずインターネットなどで探したところ、TOP楽器買取屋さんを見つけさっそく電話してみることにしました。電話で対応してくれた方はとても親切で、キーボードの型番など詳しく聞いてくださり、仮の差定額を教えてもらいました。予想外に良い値段だったので、さっそくお店に持ち込むことにしました。お店で本査定をしてもらったところ、やはり傷や劣化があるということで仮の差定額よりは安くなりましたが、それでも良い値段で買い取ってもらえることになりました。諦めずにねばった甲斐があったので、私も母も大満足です。本当にありがとうございました。

札幌市南区にお住まいのお客様から、店頭買取でキーボードを買取させて頂きました。この度のご利用誠にありがとうございます。今回買取させて頂きましたのは、ハモンドの電子オルガンXBシリーズです。オルガンというと本来はパイプの中に空気を通して発音させる管楽器ですが、これを元に作られた電子楽器がハモンドオルガンです。電子楽器とはいえ開発当時その作りは原始的なもので、今のエレクトーンやシンセサイザーとは違った独特の音色を持つ物でした。元々はパイプオルガン同様、教会での使用を目的に作られましたが、やがてジャズやロックの世界で使用されるようになり、ポップスでも多用されるようになると世界中に広まりました。しかし電子鍵盤楽器の技術が発達するにつれ、重く大きいハモンドオルガンは衰退していきました。やがて90年代以降、かつてのハモンドサウンドが再評価されることになり、多くのメーカーからハモンドオルガンの音を再現したキーボードが作られるようになります。今回査定させていただきました物もそのひとつで、現在唯一ハモンドの登録商標を持っている日本の楽器メーカー、ハモンドスズキ製で、ハモンドオルガンの名機B-3の音色を忠実に再現したモデルのキーボードです。90年代に作られたものでした。この年代の製品にしては良い状態で残っていたと思います。今回の買取にご満足頂け、私どもも嬉しく思っております。また何かございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

札幌楽器買取事例

無償で引き取りと言われたものが予想外の値段になりました[この記事を読む]

実家の押入れを整理していたところ、キーボードを見つけました。子供の頃に使った記憶があるような、無いような、とにかく古いものです。母に聞いたところ、一時エレクトーンを習っていた頃に買ったものらしく、もう使わないから処分するとのことでした。そこで楽器店に持ち込んだところ、古すぎて取扱いが無いとのこと、仕方なくリサイクルショップにも行ってみたのですが、無償で引き取りと言われてしまいました。私は諦めきれずインターネットなどで探したところ、TOP楽器買取屋さんを見つけさっそく電話してみることにしました。電話で対応してくれた方はとても親切で、キーボードの型番など詳しく聞いてくださり、仮の差定額を教えてもらいました。予想外に良い値段だったので、さっそくお店に持ち込むことにしました。お店で本査定をしてもらったところ、やはり傷や劣化があるということで仮の差定額よりは安くなりましたが、それでも良い値段で買い取ってもらえることになりました。諦めずにねばった甲斐があったので、私も母も大満足です。本当にありがとうございました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

キーボードについて

キーボードは英語で鍵盤の意味です。広義で鍵盤楽器というと、ピアノ、オルガン、アコーディオンなどがありますが、狭義では、それら従来からあるクラシックで使われる鍵盤楽器ではなく、新しい鍵盤楽器を指します。主にロックやポップスで使われます。

電子楽器は様々なものが作られているため明確な定義付けが難しいのですが、一般に電子キーボードとは、様々な音色を出すことができ、簡単な伴奏と自動ドラムセット演奏ができ、単体で演奏できるスピーカーを備え、MIDI入出力で他の電子楽器と協調できるものといわれています。電子ピアノや電子オルガンはそれぞれピアノやオルガンの音色を追求するものですから除外できます。シンセサイザーは音を合成する機能を持つ電子楽器で、必ずしも鍵盤があるわけではありませんので除外できます。したがって、シンセサイザー、電子ピアノ、電子オルガンを除く鍵盤型の電子楽器ということができます。

カシオは、1980年1月にカシオトーンCT-201を発売しました。カシオ独自の子音母音システムによって29種の楽器の音色を出すことができました。子音母音システムとは、音の波形を、立ち上がり部分を子音、維持減衰する部分を母音とし、それぞれを変化させて合成することで音を作り出すしくみです。1982年のCT-701では鍵盤の付け根部分のLEDが光って運指を促すメロディガイド機能を搭載しました。メロディガイド機能を搭載したのはカシオが初めてでした。最新の2015年に発売したLK-222は、鍵盤そのものが光る光ナビゲーション、運指を声で教えてくれる運指音声機能、好きな音を取り込めるサンプリング機能を搭載しています。

ヤマハは、1980年12月にポータトーンを発売しました。自動コード演奏、4種のリズム、4~9種の音色、同時発音数8、という機能を備えていました。2012年に発売したEZ-J220は、鍵盤が光って運指をサポートするライトガイド、iPadとインフォサウンドで繋ぐことで、表示した譜面を曲の進行に合わせて自動的にめくるという自動譜めくり機能を搭載しました。インフォサウンドとはヤマハが開発した音響データ通信技術で、人にはほとんど聞こえない音域でデータを送受信する技術です。

札幌楽器買取