札幌TOP楽器屋さんはパワーアンプの買取を行っています。

パワーアンプの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

パワーアンプ高価買取

不要なパワーアンプはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはパワーアンプを買取中。

札幌のパワーアンプ買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 TOP楽器買取屋さんでは、ミキサーやマイク、モニターアンプやパワーアンプなどのPA機材やMTRやシステムコンポなどの録音機器の買取を行っております。 また、売りたい楽器や機材が大きくて持っていくのが大変、というお客様はぜひ出張買取をご利用ください。札幌近郊でしたら、主張料金無料でご自宅まで伺わせていただきます。 電話やメールでの簡単見積もりも可能です。出張買取の対応地域や買取方法などのご質問ございましたら、お気軽にご連絡ください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

ネットで知った業者さんでしたが、説明が詳しくて安心しました。

アンプヘッドの買取でTOP楽器買取屋さんを利用しました。数年前から使っているギターアンプがあるのですが、スタックタイプのもので、ヘッドとキャビネットは同じメーカーのものを使っています。ギターは弾き始めて5年くらいで、バンドも同じく5年くらい、ずっと同じメンバーで続けています。先日バンド練習の際にメンバーの一人が新しく買ったアンプを使っていて、遊びで使わせてもらったり、自分のアンプとヘッドだけ交換して使ったりしました。その時に自分のキャビネットとそのメンバーのヘッドを組み合わせた時の音が、自分はとても気に入りました。それで、同じヘッドを購入し使うようになったので、以前に使っていたものが不要になりました。TOP楽器買取屋さんはたまたまネットで知ったのですが、使いやすくて良い買取業者さんだと思いました。お店に持ち込みをする前に電話で仮査定をしてもらったのですが、対応の感じが良くて、買取方法や査定の説明も詳しくて安心できました。お店では素早く対応してもらえて、時間も取られずスムーズに買取が済んだので、それも良かったと思います。買取額も満足でした。どうもありがとうございました。

札幌市手稲区にお住まいのお客様から、店頭買取でアンプヘッドを買取させて頂きました。この度のご利用誠に有難うございました。マイクや電子楽器から入力される小さな電気信号としての音を、調整しスピーカーで鳴らせる大きさに増幅するのがアンプの役割ですが、特に音の調整に大きく関わる部分をプリアンプ、増幅に関わる部分をパワーアンプと呼びます。増幅された音の信号はスピーカーを通して、私たちの耳に聴こえる音になります。このプリアンプ、パワーアンプ、スピーカーが一体になったものを便宜上アンプと呼びますが、実際には内部に異なるアンプ機能をあわせ持っているということです。さてギターアンプによく見られるスタックタイプ、すなわちヘッド+キャビネット式のアンプですが、このヘッド部分はプリアンプとパワーアンプが一体になったものです。ギターから送られてくる電気信号を調整、増幅する役割をしているのですが、メーカーやモデルによってその調整、増幅の仕方は変わってきます。これがいわゆる歪みというもので、好みでモデルを変えることもギタリストにとっては楽しみのひとつです。今回買取させて頂きましたのは、オレンジ製のアンプヘッドでした。イギリスの老舗メーカーであるオレンジは、その安定した品質と力強い音、更にステージ映えするオレンジ色のスタイルが人気のアンプを数多く製造しています。使用感は経年相応で、外観はとても綺麗に使われていたので相応の差定額とさせて頂きました。お客様にご満足頂けて何よりです。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

札幌楽器買取事例

ネットで知った業者さんでしたが、説明が詳しくて安心しました。[この記事を読む]

アンプヘッドの買取でTOP楽器買取屋さんを利用しました。数年前から使っているギターアンプがあるのですが、スタックタイプのもので、ヘッドとキャビネットは同じメーカーのものを使っています。ギターは弾き始めて5年くらいで、バンドも同じく5年くらい、ずっと同じメンバーで続けています。先日バンド練習の際にメンバーの一人が新しく買ったアンプを使っていて、遊びで使わせてもらったり、自分のアンプとヘッドだけ交換して使ったりしました。その時に自分のキャビネットとそのメンバーのヘッドを組み合わせた時の音が、自分はとても気に入りました。それで、同じヘッドを購入し使うようになったので、以前に使っていたものが不要になりました。TOP楽器買取屋さんはたまたまネットで知ったのですが、使いやすくて良い買取業者さんだと思いました。お店に持ち込みをする前に電話で仮査定をしてもらったのですが、対応の感じが良くて、買取方法や査定の説明も詳しくて安心できました。お店では素早く対応してもらえて、時間も取られずスムーズに買取が済んだので、それも良かったと思います。買取額も満足でした。どうもありがとうございました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

パワーアンプについて

パワーアンプは、音源となる機器からの音声信号を増幅してスピーカーに送るアンプリファイア(増幅器)のひとつです。プリアンプとパワーアンプを好みで組み合わせたい場合、音源となる機器がプリアンプの機能を持っていてパワーアンプだけが必要な場合、プリメインアンプに繋いで2台で音域を分けて音を増幅したい場合など、様々な用途で使われます。 メーカーはアムクロン、QSC、ヤマハが人気です。

アムクロン(Amcron)はアメリカの音響機器メーカーハーマン(Harman)のブランドです。アムクロンのパワーアンプは世界中のイベントで使われています。最新のXLS DriveCore 2シリーズは高音質超軽量化を実現した次世代モデルです。運搬や設置の負担を軽減する、全モデル5kg以下の軽量設計です。DriveCoreは、増幅回路の心臓部となる高精度のクロックや変調、誤差増幅、フィードバックなどの機能を1つのチップに集積したカスタムICです。

キューエスシー(QSC)はアメリカのプロ用音響機器メーカーです。PLD4.2は軽量の筐体に最先端のテクノロジーを詰め込んだフラグシップモデルです。音響機器メーカーのトップとして40年以上の実績を積み上げてきたQSCが最先端のテクノロジーを惜しみなく注ぎ込んだ史上最高のパワーアンプです。あらゆるシチュエーションにフレキシブルに対応し、ベストサウンドを提供する4ch仕様、軽量設計の筐体にDSPを搭載したマルチチャンネルパワーアンプです。

ヤマハは日本の楽器・音響機器メーカーです。「P2500S」は、歴代のモデルで培ってきた信頼性と音質に関わるノウハウを凝縮し、省電力、高音質、幅広いアプリケーションに応える、パワーアンプのスタンダードモデルです。入力部に周波数可変のLOW/HIGH CUTフィルターを搭載し、手軽にアウトシステムを増強できるようになりました。サブウーファーの増設時にもクロスオーバーネットワークなどの外部機器を必要としません。アンプドライブテクノロジーEEEngine(Energy Efficient Engine)に新たにMOSFET回路を搭載し、平均的なアンプの2倍の駆動効率、つまり約50%の省電力化を実現しました。

札幌楽器買取