札幌TOP楽器屋さんはマンドリンの買取を行っています。

マンドリンの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

マンドリン高価買取

不要なマンドリンはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはマンドリンを買取中。

札幌のマンドリン買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。電話やメールでの簡単見積もりも可能です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 札幌TOP楽器買取屋さんでは、弦楽器は本体だけではなく、弓の買取も行っております。 お売りいただけるメーカーは、カールヘフナーやペルマン、サルヴィなどの海外メーカーや、 落合マンドリン、横内の花子や青山ハープ、スズキなどの国内メーカーの楽器の買取も行っております。 また上記以外のメーカーの楽器の買取も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

身動きが取りづらい中で、連絡も入金もスムーズで安心でした

TOP楽器買取屋さんでマンドリンを売ることが出来ました。ありがとうございました!ひとり息子が小学校へ上がり、以前より自由な時間が出来るということで、趣味でマンドリンを習い始めました。以前ギターをやっていたことがあり、また始めようかなと思って楽器屋さんにギターを見に行ったのですが、そこで試演奏させてもらったマンドリンの音に魅了されてしまい、結局マンドリンを買って帰ってきました。ギターよりも簡単だと聞きますし、いずれはマンドリン合奏をする楽しみもあります。実際、始めて2ヶ月程で簡単なマンドリン合奏曲を仕上げることが出来ました。しかしその頃、第二子の妊娠が分かり体調を崩した為、マンドリンの練習もしばらく休んでいました。ふたりめが産まれればまた何かと物入りになるでしょうし、何より自由な時間も一気に減るでしょうから、マンドリンのことは今回は縁が無かったと思い諦めることにしました。買ったばかりで手放すのは心苦しいですが、保証期間が残っている内に売る方が高く売れるだろうと言う主人の意見で、すぐに売りに出すことを決めました。TOPさんにお願いしたのは、便利な宅配サービスを利用したいと思ったからです。身動きも取りにくくなってきていたので、全て自宅で済んでしまう宅配サービスはとても助かりました。査定の連絡も入金もスムーズで、安心の業者さんだと感じました。

旭川市にお住まいのお客様から、宅配買取サービスをご利用頂き、マンドリンを買取させて頂きました。この度はTOP楽器買取屋さんをご指名頂き、誠に有難うございます。マンドリンはイタリア発祥の弦楽器ですが、日本でも広く愛され、その演奏人口は本家イタリアをはるかにしのぐものにさえなっています。イタリア発祥のマンドリンは丸い背中を持ったラウンドバックと呼ばれるタイプ。一方フラットマンドリンというタイプのものは、アメリカで派生しブルーグラス、カントリー、ジャズと伴に発展してきました。有名なメーカーにはギブソンがあり、フラットマンドリンと言えばギブソンと言っても過言では無いくらい、アメリカの音楽シーンに大きな影響を与えたマンドリンメーカーです。今回買取させて頂きましたものは、国内生産のフラットマンドリンでした。マンドリンの製作者は国内にも数多く、そのひとつひとつが職人の手造りです。ギブソンに勝るとも劣らない高品質のフラットマンドリンが低価格で手に入るので国産品は人気です。またメンテナンスも製造元で頼めるということも人気の理由となっています。国産の人気モデルとしては落合マンドリン、スズキマンドリンなどがあげられます。マンドリンもギターと同じように定期的にメンテナンスが必要な楽器ですから、使わなくなったのであれば早めに買取に出して頂くのは良い判断と言えるでしょう。マンドリンの買取にはどうぞ、TOP楽器買取屋さんをご利用下さい。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

よくあるご質問

マンドリンはどんなメーカーのものでも買取は可能ですか?
はい。AriA、EAstmAn、Kentucky、Gibsonなど、あらゆるメーカーのマンドリンを取り扱っております。
どんな種類のマンドリンでも買取していただけるのでしょうか?
はい。ラウンドマンドリン、フラットマンドリンなど、どんな種類のマンドリンでも買取いたします。
若いころに使っていた古いマンドリンなのですが、そのようなものでも買取の対象となりますか?
状態にもよりますが、新しいお品物は勿論ですが、古いお品物でも買取できるお品物はございますので、諦めて処分してしまう前にまずは当店に査定の依頼をお願いいたします。
本体にキズやヨゴレが多く見られるのですが、買取していただけるのでしょうか?
状態を見てからにはなりますが、基本的にはキズやヨゴレのあるお品物でもお買取りができますので、お気軽に当店にお売りください。
ペグやブリッジなども買取してもらえますか?
はい。マンドリンのパーツでしたらどのようなものでもお買取りいたします。
ピックガード一点のみでも査定していただけるのでしょうか?
はい。少量でも一点一点しっかり査定ししっかりお買取りさせていただきます。
コレクションの整理で、楽器が大量にあるのですが、買取していただけますか?
はい。楽器の大量の買取も喜んで承ります。数が多いと査定額のアップも期待できますので、お売りの際は是非まとめてお出しください。
買取の際に予約は必要ですか?
店頭買取の場合は営業時間内でしたら何時にご来店いただいてもすぐに査定致します。他にお客様が居て少々お待たせしてしまう場合もありますので予めご了承下さいませ。
出張買取は行っていますか?
はい。最短で当日のお伺いが可能な場合もありますし、お客様のご都合に合わせて日時を決定することも可能です。
店舗が非常に遠いのですが...
遠方にお住いの方には宅配買取をお勧めしております。お品物を送っていただき、到着次第すぐに査定に入ります。査定が終わりましたらご連絡を差し上げますので、金額にご納得いただけましたらお支払いとなります。
買取の際に必要なものはありますか?
買取が成立しましたら本人確認を行うために運転免許証や健康保険証などのご提示をお願いしております。
電話での問い合わせで査定額を出してもらうことは可能でしょうか?
おおよその査定額をお出しすることは可能かとは思いますが、状態などが非常に重要となってくるお品物によっては現物を見た際に査定額が大きく変動する場合もございますので予めご了承ください。
査定にはお金がかかりますか?
いいえ。店頭買取、出張買取、宅配買取のどいずれも査定は無料です。
査定額に納得がいかない場合はキャンセルは可能ですか?
はい。査定額が合わない場合はキャンセルすることが出来ます。その際のキャンセル料は一切かかりません。
マンドリンのケースのみでも買取していただけますか?
はい。ケースのみでも買取は可能なのでお気軽にお売りください。Ritter、SuperLight、ArAnjuezなどのマンドリンケース高価買取いたします。
マンドリンの弦なども買取していただけるのでしょうか?
はい。消耗品なども買取の対象となりますので是非ご一緒にお売りください。
修理が必要なマンドリンも買取の対象となりますか?
程度にもよりますが、メンテナンスして再販が可能なお品は買取可能な場合が多いです。
買取の際は一点一点お値段を付けて頂けるのでしょうか?
一点一点お値段を付けられるお品物はしっかりとお値段を付けさせて頂きますが、一点ずつではお値段が付けづらいお品物に関してはまとめて査定額に上乗せさせて頂きます。
まだ売ろうか迷っているので査定のみお願いしたいのですが...
査定のみでもお気軽にお持ち込み・お問い合わせください。
査定はいつでもしていただけるのでしょうか?
定休日の水曜日を除く営業時間内でしたら基本的に何時でも査定いたします。
詳しいことが分からないマンドリンが手元にあるのですが、そのようなものでも査定していただけますか?
はい。当店にはあらゆる楽器に詳しい専門スタッフが常駐しておりますので、詳細が分からないマンドリンでも安心してお売りいただけます。
管楽器や打楽器なども買取してもらえるのでしょうか?
はい。サックスやトランペット、ドラム、琴、三味線、電子ピアノなど、あらゆる楽器を取り扱っております。新しい物から古いものまでお気軽にお売りください。
買取の対象とならないマンドリンはありますか?
基本的には買取できるお品物ばかりですが、あまりにも状態の悪いお品物の場合は、お値段をつけにくい場合がございますので、予めご了承ください。
マンドリンをなるべく高く買って貰うためには?
お品物の状態がいいことは勿論ですが、付属品やケースが揃っていると査定額のアップにつながります。
宅配買取をお願いしたいのですが、どのようにすればいいのでしょうか?
当社から宅配キットを取り寄せるか、ご自身で梱包材をご用意されて宅配買取申込書に記入し、売却したい商品と同梱して発送してください。
宅配買取の際に必要なものはありますか?
売却したい商品と身分証明書となるもの(住民票・免許証・保険証のコピーなど)、お客様のお名前・ご住所・ご連絡先・お振込先の銀行と銀行口座のメモを同梱して発送してください。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

札幌楽器買取事例

身動きが取りづらい中で、連絡も入金もスムーズで安心でした[この記事を読む]

TOP楽器買取屋さんでマンドリンを売ることが出来ました。ありがとうございました!ひとり息子が小学校へ上がり、以前より自由な時間が出来るということで、趣味でマンドリンを習い始めました。以前ギターをやっていたことがあり、また始めようかなと思って楽器屋さんにギターを見に行ったのですが、そこで試演奏させてもらったマンドリンの音に魅了されてしまい、結局マンドリンを買って帰ってきました。ギターよりも簡単だと聞きますし、いずれはマンドリン合奏をする楽しみもあります。実際、始めて2ヶ月程で簡単なマンドリン合奏曲を仕上げることが出来ました。しかしその頃、第二子の妊娠が分かり体調を崩した為、マンドリンの練習もしばらく休んでいました。ふたりめが産まれればまた何かと物入りになるでしょうし、何より自由な時間も一気に減るでしょうから、マンドリンのことは今回は縁が無かったと思い諦めることにしました。買ったばかりで手放すのは心苦しいですが、保証期間が残っている内に売る方が高く売れるだろうと言う主人の意見で、すぐに売りに出すことを決めました。TOPさんにお願いしたのは、便利な宅配サービスを利用したいと思ったからです。身動きも取りにくくなってきていたので、全て自宅で済んでしまう宅配サービスはとても助かりました。査定の連絡も入金もスムーズで、安心の業者さんだと感じました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

マンドリンについて

マンドリンは古楽器リュートを起源として17世紀中頃にイタリアのナポリで生まれた撥弦楽器です。イチジクを縦に半分に切ったようなボディに2本1組4セット8弦のスティール弦を張っています。音階はヴァイオリンと同じで、全長もヴァイオリンの標準サイズとほぼ同じ60cmです。ギターやウクレレのように抱えて、鼈甲などで作ったピックという演奏用の爪で弾きます。ボディの共鳴穴が円形であること、ネックにフレットという音程のガイドとなる突起があることなどはギターと似ていますが、くびれのないボディ、円い背面、ボディの装飾は、ギリシャのブズーキや日本の琵琶を連想させます。

当初は、フィレンツェ型、シチリア型、ジェノヴァ型、ミラノ型、ナポリ型、ローマ型など産地によって特徴が異なる多くのマンドリンがありましたが、次第に音が明瞭なナポリ型とローマ型に集約されて現在に至ります。ナポリ型とローマ型の大きな違いはペグ(弦巻)です。ナポリ型は歯車がヘッドの裏側に付きペグはヘッドの横から水平に出ますが、ローマ型は歯車をヘッドの横に付けてペグをヘッドの横に垂直に付けますので、正面からあまり見えません。

19世紀後半から20世紀前半にかけてイタリアにマンドリンブームが起こり、多くの名工と名器が生まれました。この頃のマンドリンをオールドマンドリンと呼びます。製作者は、ルイジ・エンベルガー、パスクァーレ・ヴィナッチャ、ニコラ・カラーチェが有名です。それぞれ兄弟や息子たちと共に多くの優れた作品を残しました。ボディやヘッドに煌びやかな装飾が施された作品は芸術品とも言われています。カラーチェは今も一族が継承して製作を続けています。

日本では、比留間賢八が1901年にヨーロッパからマンドリンとギターを持ち帰り、1903年に現鈴木ヴァイオリン社に製作を依頼して、日本初のマンドリンが製作されました。1905年には学習院に日本初の合奏団が結成され、次々と大学に合奏団が結成されるようになりました。1924年にカラーチェ三代目のラファエル・カラーチェが来日して、摂政宮のちの昭和天皇の御前で演奏し、各地で演奏会を開いたことがきっかけで、マンドリンは広く普及していきました。国産では、スズキヴァイオリンと落合手工マンドリンが人気があります。

札幌楽器買取

よくあるお問い合わせ

買取に関するご質問はありませんか?
気になる質問をタップしてください。