札幌TOP楽器屋さんは木琴の買取を行っています。

木琴の買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

木琴高価買取

不要な木琴はぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんは木琴を買取中。

札幌の木琴買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。電話やメールでの簡単見積もりも可能です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 お客様のご自宅で不要になったドラムセットや木琴、ハンドベルや電子ドラム、ドラムのペダルやタム、シンバルなどがお売りいただけます。 取り扱いメーカーは、YAMAHAやPearl、REMOだけではなく、SABIANやジルジャン、PAISTE、PLAY WOODやラテン・パーカッション(LP)などの楽器を取り扱っております。 また上記以外のメーカーの楽器の買取も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

古いマリンバを買取に来てもらいました。

長い間使っていなかった木琴をTOP楽器買取屋さんで買い取ってもらいました。子供の頃音楽教室に通っていたのですが、ほんの一時期ですが木琴を演奏していました。教室に通い初めてしばらくした頃、弾いてみたい楽器を選ぶ為ということで、いろんな楽器のアンサンブル演奏を聴くことのできるコンサートへ行きました。よく覚えていないのですが、私はそこでマリンバを選び、両親はマリンバを私に買い与えました。しかし教室で他の子供たちと演奏しているうちに別の楽器がやりたいと思うようになり、途中からパートを変えてもらうことになりました。こうして木琴は使われることも無くなったのですが、処分されずにずっと家に置いてありました。両親はいつかまた私が弾きたいと言うのを期待していたのかも知れません。今度家を出ることになり、母は私に、この木琴はあなたの物だから持っていきなさいと言うのですが、弾く予定も無いし場所も取るので、処分したいと思いました。そもそもこんなに長い間、誰にも演奏されずに置いておくなんて勿体ないことだったと思います。TOP楽器買取屋さんに連絡すると、すぐに査定の為に出張して来てくださると言うので、すぐに来てもらうことにしました。ほとんど使っていないのでキレイな状態でしたが、なにせ古いので、買い取ってもらえるかちょっと心配していたのですが、予想外に良い値段で買ってもらえたので本当に良かったです。それにそのまま持って行ってくれたので、手間もなく簡単に買取が済んだことも良かったです。ありがとうございました。

札幌市西区にお住まいのお客様から、出張買取サービスをご利用で木琴を買い取らせて頂きました。この度のご利用、誠に有難うございました。木琴というと日本人には親しみの有る楽器ではないでしょうか。小学校の音楽の時間に使ったことのある人も多いでしょう。今ではひとり一台使うのは鍵盤ハーモニカが主流ですが、音楽室に一台はあるのが木琴です。誰でも簡単に演奏ができる親しみやすい楽器ですが、プロ奏者ともなれば技法を凝らした複雑な演奏をすることも可能で、オーケストラでも使われる楽器です。オーケストラで使われる木琴は特にマリンバ、シロフォンがあります。今回買取させていただきました木琴は、80年代以降に製造されたこおろぎ製の立奏木琴でした。こおろぎ社といえば、学校教材用の卓上木琴の製造で有名な日本の楽器メーカーです。プロ奏者用の本格的なシロフォンやマリンバの製造も古くから始めており、海外にも輸出しています。30年以上前に造られたものにしてはとても良い状態でした。またレトロな外観も美しく、中古市場でも良い値段で取引されるのではないかと判断致しました。今回の木琴のように、持ち運びが大変な楽器がございましたらTOP楽器買取屋さんへご連絡下さい。北海道全域で出張サービスをいたしております。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

札幌楽器買取事例

古いマリンバを買取に来てもらいました。[この記事を読む]

長い間使っていなかった木琴をTOP楽器買取屋さんで買い取ってもらいました。子供の頃音楽教室に通っていたのですが、ほんの一時期ですが木琴を演奏していました。教室に通い初めてしばらくした頃、弾いてみたい楽器を選ぶ為ということで、いろんな楽器のアンサンブル演奏を聴くことのできるコンサートへ行きました。よく覚えていないのですが、私はそこでマリンバを選び、両親はマリンバを私に買い与えました。しかし教室で他の子供たちと演奏しているうちに別の楽器がやりたいと思うようになり、途中からパートを変えてもらうことになりました。こうして木琴は使われることも無くなったのですが、処分されずにずっと家に置いてありました。両親はいつかまた私が弾きたいと言うのを期待していたのかも知れません。今度家を出ることになり、母は私に、この木琴はあなたの物だから持っていきなさいと言うのですが、弾く予定も無いし場所も取るので、処分したいと思いました。そもそもこんなに長い間、誰にも演奏されずに置いておくなんて勿体ないことだったと思います。TOP楽器買取屋さんに連絡すると、すぐに査定の為に出張して来てくださると言うので、すぐに来てもらうことにしました。ほとんど使っていないのでキレイな状態でしたが、なにせ古いので、買い取ってもらえるかちょっと心配していたのですが、予想外に良い値段で買ってもらえたので本当に良かったです。それにそのまま持って行ってくれたので、手間もなく簡単に買取が済んだことも良かったです。ありがとうございました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

木琴について

木琴は、木製の板をピアノの鍵盤のように並べて下に共鳴管を付けたものを、マレットという先端が球状の撥で叩く打楽器です。現在オーケストラで使われている木琴は、シロフォンとマリンバです。

マリンバの起源はアフリカと言われています。 アフリカのバントゥー語群で、“リンバ”は“木の棒”、“マ”が“多い”を意味することから、マリンバは、多くの木の棒でできた楽器を意味します。シロフォンもマリンバも、アフリカからヨーロッパやアメリカに広まったと考えられています。マリンバは南米グァテマラ、メキシコ、ホンジュラスで演奏されていました。それがアメリカに伝わり、1910年代にはアメリカで製作が始まり、共鳴管が木から金属になり、板の配列がピアノの鍵盤と同じになるなど多くの改良がされました。20世紀初頭には、鍵盤がすべて金属のヴィブラフォン、共鳴管のないグロッケン、グロッケンシュピールが生み出されました。

鼓笛隊などで手に持って演奏するベルリラもグロッケンシュピールの仲間です。演奏方法も、1台を複数の奏者が叩いていたのが、西洋楽器のように一人で演奏するスタイルへ変わっていきました。一方、シロフォンがヨーロッパの音楽に登場したのは19世紀、サンサーンス作曲の「死の舞踏」の骸骨が触れ合う響きに使われたのが最初と言われています。当時のシロフォンは、ハンガリーのジプシー音楽に使われるツィンバロムのような縦型でしたが、しだいに演奏し易いマリンバを模して変化していきました。

メーカーはアメリカのMusser(ムッサー)、FALL CREEK(フォールクリーク)、Deagan(ディーガン)が有名です。ムッサーは、マリンバ・シロフォン奏者のクレア・オマー・ムッサーが1948年にアメリカで設立したメーカーです。現在は、スタインウェイ・ミュージカル・インスツルメンツ傘下のブランドの1つです。ディーガンは1880年にJ.C.ディーガンが設立したメーカーです。日本のメーカーは、ヤマハ、斎藤楽器製作所、こおろぎ社があります。ヤマハはアルミで作ったメタロフォンも展開しています。

札幌楽器買取