札幌TOP楽器屋さんはハープの買取を行っています。

ハープの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

ハープ高価買取

不要なハープはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはハープを買取中。

札幌のハープ買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。電話やメールでの簡単見積もりも可能です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 札幌TOP楽器買取屋さんでは、弦楽器は本体だけではなく、弓の買取も行っております。 お売りいただけるメーカーは、カールヘフナーやペルマン、サルヴィなどの海外メーカーや、 落合マンドリン、横内の花子や青山ハープ、スズキなどの国内メーカーの楽器の買取も行っております。 また上記以外のメーカーの楽器の買取も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

弦がなくなっていたのですが、予想外の高額になって驚きです。

楽器買取のTOPさんで、ハープを買取して頂きました。このハープは以前から物置で場所を取っていたので処分したいと思っていました。母がずっと昔に知人に譲ってもらったものだそうで、詳細は不明。私は母が演奏をしているところは見たことがありません。しかも壊れているようなので、粗大ゴミに出してしまうことも考えたのですが、珍しいものなので楽器として売ることができないかと考えました。インターネットでTOPさんのことを知り、買い取っていただけないかと電話をさせて頂きました。TOPさんはとても感じの良い対応で親身になって話を聞いてくださり、不要品の買取は初めてでしたが安心できました。壊れていても買取出来る可能性が高いということで、さっそく見積りに来て頂くことになりました。私としては、引き取っていただけるだけでも有難いのですが、TOPさんはハープをしっかりと査定された後、予想もしていなかった高い値段で買取できますとおっしゃられましたので、喜んで売却することにしました。物置も片付いてとても嬉しく思っています。どうも有難うございました。

北広島市にお住まいのお客様から出張買取サービスをご利用頂き、ハープを買取させて頂きました。この度のご利用、誠に有難うございます。ハープというと、ギリシア神話に出てくるような長い歴史のある楽器です。世界各地でハープを原型としたものが民族楽器として演奏されています。私たちがハープと聞いて思いつく楽器は、西洋音楽の独奏やオーケストラ、室内楽で使われているタイプのものでは無いでしょうか。これはダブル・アクション・ペダル・ハープと呼ばれる楽器です。ハープは主に独奏で使われることが多く、オーケストラでは挿入楽器としての位置づけがされているように、あまり一般に普及しているとは言えない楽器です。ですから今回お売り頂きましたようなハープが中古市場にでまわることはほとんどなく、非常に希少なものと言えます。長年使われておられず、弦も全て切れていましたが大きな故障は無いようでしたので、メンテナンスを施せば楽器として十分に使えるものと判断致しました。ほとんど全ての弦楽器において弦は消耗品ですので、無くても買取には問題ありません。しかしながらハープの弦は非常に高価なものではありますので、弦の張替え、メンテナンスの費用を考慮した上で、今回のような差定額とさせていただきました。買取にご満足頂け、私ども嬉しく思っております。ご自宅に、使わない重たい楽器がございましたらご連絡下さい。無料の出張、または無料の宅配サービスにて買取させて頂きます。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

札幌楽器買取事例

弦がなくなっていたのですが、予想外の高額になって驚きです。[この記事を読む]

楽器買取のTOPさんで、ハープを買取して頂きました。このハープは以前から物置で場所を取っていたので処分したいと思っていました。母がずっと昔に知人に譲ってもらったものだそうで、詳細は不明。私は母が演奏をしているところは見たことがありません。しかも壊れているようなので、粗大ゴミに出してしまうことも考えたのですが、珍しいものなので楽器として売ることができないかと考えました。インターネットでTOPさんのことを知り、買い取っていただけないかと電話をさせて頂きました。TOPさんはとても感じの良い対応で親身になって話を聞いてくださり、不要品の買取は初めてでしたが安心できました。壊れていても買取出来る可能性が高いということで、さっそく見積りに来て頂くことになりました。私としては、引き取っていただけるだけでも有難いのですが、TOPさんはハープをしっかりと査定された後、予想もしていなかった高い値段で買取できますとおっしゃられましたので、喜んで売却することにしました。物置も片付いてとても嬉しく思っています。どうも有難うございました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

ハープについて

ハープは撥弦楽器です。ハープの起源は古く、古代エジプト時代の壁画やレリーフに描かれています。狩猟用の弓の弦をはじくと音が出て、弦の長さや太さによって音色が異なることから、楽器に発展していったといわれています。

現在オーケストラで使われているグランドハープは、19世紀初めにフランスのセバスチャン・エラールが作ったダブル・アクション・ハープが原型です。18世紀までは手でフックを上げ下げすることで半音の操作をしていましたが、操作している間片手でしか弾けなかったため、18世紀初めに足で踏むペダルで半音を操作するシングル・アクション・ハープが登場し、エラールはそれをさらに改良して全音の上げ下げもできるようにしました。その優れた操作性によってダブル・アクション・ハープは瞬く間に広まっていきました。

現代のグランドハープは、全長約180cm、47弦、7つのペダルが付いています。47弦のうち低音部12本は金属弦でそれ以外は普通ガット弦です。目印のために、ドの弦は赤色、ファの弦は青色になっています。奏者は両手の小指を除く8指で弦を弾き、両足でペダルを踏み分けて演奏します。オーケストラで使われる撥弦楽器はこのグランドハープだけです。気品のある形、美しい音色、音量の豊かさから“楽器の女王”と呼ばれています。

ハープの5大メーカーは、イタリアのサルヴィ、アメリカのライオン&ヒーリー、日本の青山ハープ、フランスのカマック、ドイツのホルンガッハです。グランドハープの原型を作ったセバスチャン・エラールのエラール社は経営が立ち行かなくなり1961年に他社に吸収されて無くなってしまいました。しかし、アメリカのライオン&ヒーリーはエラールの職人がアメリカに渡って作った会社であり、そのライオン&ヒーリーは現在サルヴィ社の傘下に入っています。つまり、エラールの技術がサルヴィとライオン&ヒーリーに受け継がれているといえるのです。セバスチャン・エラールが作ったダブル・アクション・ハープの一つは、紫音ハープミュージアムで見ることができます。

札幌楽器買取