札幌TOP楽器屋さんはスネアドラムの買取を行っています。

スネアドラムの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

スネアドラム高価買取

不要なスネアドラムはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはスネアドラムを買取中。

札幌のスネアドラム買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。電話やメールでの簡単見積もりも可能です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 お客様のご自宅で不要になったドラムセットや木琴、ハンドベルや電子ドラム、ドラムのペダルやタム、シンバルなどがお売りいただけます。 取り扱いメーカーは、YAMAHAやPearl、REMOだけではなく、SABIANやジルジャン、PAISTE、PLAY WOODやラテン・パーカッション(LP)などの楽器を取り扱っております。 また上記以外のメーカーの楽器の買取も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

サークルメンバーのすすめでTOPさんに売って、新しいスネアも買えました。

スネアドラムの買取に、TOP楽器買取屋さんのお世話になりました。高校時代、吹奏楽部でパーカッションを担当していました。ポップスなどの編曲が好きな顧問だったので、ドラムセットでドラムを叩くこともよくあり、私もドラムを叩くのは楽しいので好きでした。その経験を活かして、大学に入学してからは軽音サークルに入りバンドのドラムをすることになりました。J-POPやジャズ、パンクなど、誘われれば何でも叩きました。ただ吹奏楽時代に使っていたスネアドラムでは、音質的にちょっと違うなということがよくあったので、このスネアは売って、新しいものを買いたいなと思いました。思い立ったらすぐに欲しくてたまらなくなったので、とにかく早く誰かにこのスネアを買ってもらえないかと聞いてまわっていたところ、サークルメンバーのひとりがTOP楽器買取屋さんを教えてくれました。さっそくお店に持ち込んで査定してもらうと、かなり高く買い取ってもらえることが分かったので、その場ですぐに現金買取してもらいました!そのまま楽器店をはしごして、新しいスネアを無事買うことができて、大満足です。どうもありがとうございました!

札幌市北区にお住まいのお客様から、スネアドラムを買取させて頂きました。この度のご利用誠に有難うございます。スネアドラムは元々マーチングのリズム隊の為の楽器として確立しましたが、後にバスドラムやシンバルと合わせてドラムセットが発明されると、あらゆるジャンルの音楽でリズムを刻む楽器として広く普及しました。オーケストラや吹奏楽ではドラムセットが発明される以前から、パーカッションとして重要なパートを担っています。誰もが一度は聴いたことのある、名曲ボレロの冒頭でも印象的な使われ方をしています。さて今回買取させて頂きましたのは、スネアドラムの中でもコンサートスネアドラムと呼ばれる、クラシックでの使用を目的に作られたスネアドラムでした。こちらはバンドのドラムで使われるスネアに比べると一般的に、スナッピーの音色を重視したものが多く、音色も繊細で粒のはっきりしたものを求める傾向があります。メーカーはヤマハ製で、シェルはメイプル材、スナッピーはステンレスでした。ヤマハはコンサートスネアも豊富に揃えており、安定した高品質で人気のあるメーカーです。使用感は有りましたが、致命的な傷や故障などは見られませんでした。ご満足頂けて、私どもも嬉しく思っております。またのご利用心からお待ち申し上げております。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

札幌楽器買取事例

サークルメンバーのすすめでTOPさんに売って、新しいスネアも買えました。[この記事を読む]

スネアドラムの買取に、TOP楽器買取屋さんのお世話になりました。高校時代、吹奏楽部でパーカッションを担当していました。ポップスなどの編曲が好きな顧問だったので、ドラムセットでドラムを叩くこともよくあり、私もドラムを叩くのは楽しいので好きでした。その経験を活かして、大学に入学してからは軽音サークルに入りバンドのドラムをすることになりました。J-POPやジャズ、パンクなど、誘われれば何でも叩きました。ただ吹奏楽時代に使っていたスネアドラムでは、音質的にちょっと違うなということがよくあったので、このスネアは売って、新しいものを買いたいなと思いました。思い立ったらすぐに欲しくてたまらなくなったので、とにかく早く誰かにこのスネアを買ってもらえないかと聞いてまわっていたところ、サークルメンバーのひとりがTOP楽器買取屋さんを教えてくれました。さっそくお店に持ち込んで査定してもらうと、かなり高く買い取ってもらえることが分かったので、その場ですぐに現金買取してもらいました!そのまま楽器店をはしごして、新しいスネアを無事買うことができて、大満足です。どうもありがとうございました!

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

スネアドラムについて

スネアドラムは、古来軍隊の行進で、ベルトで奏者の体に付けて演奏された打楽器です。サイドドラム、小太鼓とも呼ばれます。何よりの特徴は、スネア(響き線)という名の通り、ドラムの裏側に20本前後の束ねた金属線が張ってあることです。この金属線とドラムの裏面が接触して共鳴振動を起こすことで、シャーッという独特のシャープなノイズが生まれます。日本ではこの金属線(スネア)のことをスナッピーと呼びます。

ボディは、口径14インチ(約36cm)、厚さ5 インチ半(約14cm)が標準です。口径が小さくなるほど軽く、薄いほど音程が高く歯切れの良い音になります。シェル(胴)は金属あるいは木です。金属は切れのある大音量を、気は温かみのある柔らかい音を出すことができます。

両面太鼓ですが、裏面は金属線との共鳴振動を起こすために極めて薄い鼓膜を用います。現在は、表面裏面ともプラスチックフィルムが使われています。両手に持ったスティックで叩きます。屋外では体に吊るしたり、室内ではスタンドに据えて演奏したりします。打音を大きくするために厚さを30cm程度に深くし、派手な音を出すために金属線の代わりにガットを張ったマーチングスネアもあります。大勢で行進するときに使われます。

トップメーカーはラディック(Ludwig)です。ラディック社はドイツ人のウィリアム・フリードリヒ・ラディックと、弟のテオバルト・ラディックが、1909年にシカゴに設立しました。当初はサイレント映画のための音響効果装置を作っていましたが、次第に打楽器の開発をするようになりました。兄弟とも優れたパーカッショニストでもありました。ラディック社のスネアドラムは1911年からスタンダードとして認められています。現在も機械化を最小限にとどめ手作りを重んじています。多くのシリーズがありますが、中でも継ぎ目のないメタルシェルのLM400は、定番とも名器とも言われ、現在も作られ続けている人気のスネアドラムです。国産ではヤマハやパールが人気があります。

札幌楽器買取