札幌TOP楽器屋さんはエレキベースの買取を行っています。

エレキベースの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

エレキベース高価買取

不要なエレキベースはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはエレキベースを買取中。

札幌のエレキベース買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 札幌TOP楽器買取屋さんでは、ギターメーカーの、ESPやポールリードスミス、アイバニーズ、 ギブソン、フェンダー、リッケンバッカー、マーチンやYAMAHA(ヤマハ)など幅広いメーカーの買取に対応してます。 また、ギター本体以外のケーブルやアンプ、エフェクターなどの買取も行っておりますので、ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

荷物整理のために青春時代のベースを売りました

ベースを弾き始めて三十数年になります。エレキベースが好きで何本か持っているのですが、今回荷物整理と他の趣味への投資の為に、その内の1本を売ることに決めました。今回手放すことを決めたのはミュージックマンのスティングレイ、4弦ベースです。スティングレイは青春時代に使っていた思い出深いものではありますが、実際に弾いていた年数は少なく、状態が最も良いかなと思ったので高く売れるのではと思っていました。たまたま知人に教えてもらったTOP楽器買取屋さんでみてもらったところ、非常に良い値段で言ってもらえたので、こちらで買い取って頂きました。知人に譲るのではあまり高い値段は言いにくいのもあり、また後で壊れたりすると面倒なこともあるので、今回は業者さんを利用して良かったと思います。対応してくださった方も親切で感じの良い方でした。また機会があれば、こちらでお願いしたいと思います。有難うございました。

札幌市豊平区にお住まいのお客様から、店頭買取でエレキベースを買取させて頂きました。この度のご利用誠に有り難うございます。今回買取させて頂きましたのは、ミュージックマン製のエレキベースでスティングレイシリーズです。エレキベースのメーカーというと、フェンダーが有名ですが、このフェンダーの創始者であるレオ・フェンダーが大量機械生産時代に買収されたフェンダーを去った後に設立した会社でオリジナルブランドを立ち上げます。これがミュージックマンです。ミュージックマンも後に他会社に買収されることとなりますが、かつてのフェンダー社のように大量生産を目指すことはなく、職人の手工に重点を置いた楽器造りを続けています。その中でもスティングレイはミュージックマンを代表するエレキベースと言えます。スティングレイはエレキベースに初めてアクティブイコライザーを内蔵しました。これによりベーシストが演奏中に、手元で音を切り替えられる様になったからです。今では他のメーカーでも一般的に採用されているシステムですが、当時のベーシストにとって、曲中で自在に音質を変えられることは革新的でした。ベーシストのプレイスタイルを変化させた程の歴史あるベースであることもあり、70~80年代当時のものは非常に人気が高く、現在でも当時の復刻モデルが製造されています。今回査定させて頂きましたものは79年製ということもあり、そのヴィンテージ価値は高く、また状態もとても良く、高価買取となりました。貴重な楽器をお売り頂き、有り難うございます。数多くのベースメーカーがありますが、当店ではどんなメーカーのものでも買取が可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

札幌楽器買取事例

荷物整理のために青春時代のベースを売りました[この記事を読む]

ベースを弾き始めて三十数年になります。エレキベースが好きで何本か持っているのですが、今回荷物整理と他の趣味への投資の為に、その内の1本を売ることに決めました。今回手放すことを決めたのはミュージックマンのスティングレイ、4弦ベースです。スティングレイは青春時代に使っていた思い出深いものではありますが、実際に弾いていた年数は少なく、状態が最も良いかなと思ったので高く売れるのではと思っていました。たまたま知人に教えてもらったTOP楽器買取屋さんでみてもらったところ、非常に良い値段で言ってもらえたので、こちらで買い取って頂きました。知人に譲るのではあまり高い値段は言いにくいのもあり、また後で壊れたりすると面倒なこともあるので、今回は業者さんを利用して良かったと思います。対応してくださった方も親切で感じの良い方でした。また機会があれば、こちらでお願いしたいと思います。有難うございました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

エレキベースについて

エレキベースはエレクトリックベースのことで、日本ではエレキベースあるいは単にベースと呼ばれています。ベースはエレキより1オクターブ低く、通常ギターが6弦であるのに対し、ベースは通常4弦、ギターがメロディラインを奏でるのに対し、ベースはリズムを刻むベースラインを奏でます。低音を出すために長い弦が必要である割には、全体の大きさはギターとさほど変わりません。弦を長くするためにネックを長くするのではなく、弦が始まるブリッジの位置をボディぎりぎりの下端にすることで弦を長くしています。

1951年アメリカのフェンダー社が、それまで主流であったウッドベースに代わる世界初のエレクトリックベース“プレシジョンベース”を発表しました。プレシジョンとは正確という意味です。ウッドベースにはフレットというネックに付けられる音程のガイドとなる突起がありませんが、“プレシジョン”にはギターと同様にフレットが付けられ、それによって正確な音を出すことができるようになったからです。正確な音とコンパクトなボディは、当時は革命的なことでした。1960年には“ジャズベース”を発表しました。パワフルな重低音の“プレべ”と繊細でシャープな音の“ジャズべ”は2大ベースと呼ばれ今もベースの定番です。“プレベ”と“ジャズべ”は日本での通称です。

フェンダーと共にエレキギターの2大ブランドと呼ばれているギブソンのエレキベースも有名です。エレキに比べてラインナップが少ないのですが、エレキ“レスポール”のベース版“レスポールベース”や、エレキ“ファイヤーバード”のベース版“サンダーバード”は、独特のサウンドや個性的なデザインが評価されています。

エレクトリックベースを生み出したレオ・フェンダーは、1965年に健康上の理由からフェンダー社を手放しましたが、1972年にミュージックマン社とG&L社を創設しました。1976年にミュージックマンが発表した“スティングレイ”は、アクティブイコライザーという装置によって手元でサウンドを切り替えることを可能にしました。“スティングレイ”は魚のエイのことです。その後G&Lから発表したL-2000は、3つのコントロールと3つのスイッチによってさらに幅広いサウンドを可能にしました。レオのベースはいつも画期的でした。G&Lのベースはレオの遺作として高く評価されています。メーカーを問わず、レオ・フェンダーのベースがスタンダードであると言えるでしょう。

札幌楽器買取