札幌TOP楽器屋さんはヴァイオリンの買取を行っています。

ヴァイオリンの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

ヴァイオリン高価買取

不要なヴァイオリンはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはヴァイオリンを買取中。

買取事例

札幌市東区でヴァイオリンの買取

店頭買取

札幌市東区のお客様からヴァイオリンを買取させていただきました。

札幌市厚別区でヴァイオリンの買取

店頭買取

札幌市厚別区のお客様からヴァイオリンを買取させていただきました。

札幌市手稲区でヴァイオリンの買取

出張買取

札幌市手稲区のお客様からヴァイオリンを買取させていただきました。

札幌市西区でヴァイオリンの買取

出張買取

札幌市西区のお客様からヴァイオリンを買取させていただきました。

北海道帯広市でヴァイオリンの買取

出張買取

北海道帯広市のお客様からヴァイオリンを買取させていただきました。

北海道釧路市でヴァイオリンの買取

宅配買取

北海道釧路市のお客様からヴァイオリンを買取させていただきました。

北海道根室市でヴァイオリンの買取

宅配買取

北海道根室市のお客様からヴァイオリンを買取させていただきました。

北海道三笠市でヴァイオリンの買取

宅配買取

北海道三笠市のお客様からヴァイオリンを買取させていただきました。

札幌のヴァイオリン買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。電話やメールでの簡単見積もりも可能です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 札幌TOP楽器買取屋さんでは、弦楽器は本体だけではなく、弓の買取も行っております。 お売りいただけるメーカーは、カールヘフナーやペルマン、サルヴィなどの海外メーカーや、 落合マンドリン、横内の花子や青山ハープ、スズキなどの国内メーカーの楽器の買取も行っております。 また上記以外のメーカーの楽器の買取も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

ヴァイオリンの教室で使っていたものですが、不要になったので買取をお願いしました

私はヴァイオリン講師をしており、先日まで小さなヴァイオリン教室も開いていました。一時期は生徒さんの人数も40人程いて、その頃はとても忙しくしていましたが、近年趣味の多様化ということも影響しているのでしょうか、ヴァイオリンを習いたいという人は減ってきたように感じます。クラシックにこだわったレッスンというのが時代にそぐわなかったのかも知れません、生徒さんが誰もいなくなったのを機会に、教室を閉鎖することに決めました。これからも個人的に講師の仕事や演奏は続けていきますが、教室で生徒さんに貸し出していたヴァイオリンは不要となるのでまとめて売りたいと思いました。長くお付き合いしていたヴァイオリン専門の楽器店も、1年程前にお店を閉めてしまったのでアテもなく困っていました。そんな時かつての生徒さんからTOP楽器買取屋さんを教えて頂き、ご相談させて頂くことにしました。売りたいヴァイオリンは5挺あり、ストラディバリウスだとかのいわゆる名器ではありませんが、どれも大切に弾き込まれ良い音色がするものばかりです。しかし中にはラベルの無いものもありましたので、やはり状態を見てみないと判断がつかないということで、査定に来ていただくことになりました。私も仕事柄ヴァイオリンには詳しいと自負しておりますが、査定内容は妥当なものだったと思います。納得の金額で売却することができました。遠いところまで来ていただいて有難うございました。大変お世話になりました。

帯広市にお住まいのお客様から、出張買取でヴァイオリンを5挺買取させていただきました。この度のご利用誠に有難うございます。また複数の貴重な品をお売りいただき、スタッフ一同心から感謝しております。ヴァイオリンの価値を決めるのは非常に難しいもので、一般的に言われるように古いものがかならずしも良いヴァイオリンだとは限りません。しかしながら有名なバイオリニストが好んで年代物を使うことから、一般的にも古いものを使うことに抵抗の少ない楽器であるのは間違いありません。ヴァイオリンはそのボディの材質が木で出来ている為、年を経る程良い響きを持つようになるというのも事実です。一方でストラディバリウスやグァルネリのような名器と言われるものは、ラベルがあることがその価値を決める重要なポイントとなります。ヴァイオリンのラベルは価値を判断するのに非常に有効です。今回買取させて頂きましたヴァイオリンは、鈴木ヴァイオリンはじめその他のメーカーのヴァイオリン5挺です。ラベルのあるものはそのメーカー価値、製造年、状態、音質等を基準に査定させて頂きました。今回の査定にご満足頂けて嬉しく思っております。貴重な楽器をお売りいただき、誠にありがとうございました。何かございましたらまたお気軽にご連絡くださいませ。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

よくあるご質問

ヴァイオリンはどんなメーカーのものでも買取は可能ですか?
はい。 カールヘフナー、鈴木ヴァイオリン、ピグマリウス、ヤマハブラヴィオールなど、あらゆるメーカーのヴァイオリンを取り扱っております。
どんなサイズのヴァイオリンでも買取していただけるのでしょうか?
はい。1/16〜4/4まで、どんなサイズの分数ヴァイオリンも買取致します。
若いころに使用していた古いヴァイオリンなのですが、そのようなものでも買取の対象になりますか?
はい。新旧問わずヴァイオリンの買取なら当店にお任せください。更にヴィンテージの価値が付いているお品物は高価買取させていただきます。
ケースがなく、本体のみの状態なのですが買取は可能でしょうか?
はい。本体のみでも買取は可能です。当店の専門スタッフがしっかりと査定させていただきます。
パーツの欠品や本体にキズやヨゴレがあるのですが、そのようなものでも買取の対象になりますか?
お品物の状態を見てからにはなりますが、キズやヨゴレのあるお品物でも買取が可能なお品物が大半です。まずは当店にお気軽に査定の依頼をしてみてください。
弓や肩当ての買取もしていただけるのでしょうか?
はい。ヴァイオリン本体は勿論ですが、弓や肩当てなどのヴァイオリン関連のお品物も勿論買取させていただきます。アルシェ、ベルントヒラー、ペゾルトなどの弓高価買取致します。
ヴァイオリンケースのみでも査定はしていただけるのでしょうか?
はい。ヴァイオリンケース一点のみでもしっかり査定させていただきます。MusAfiA、GewA、BAMなどのヴァイオリンケース是非お売りください。
ヴァイオリン教室を閉めることになり、大量にヴァイオリンがあるのですが買取していただけますか?
はい。ヴァイオリンの大量の買取喜んで承ります。数が多いと査定額のアップも期待できますので、お売りの際は是非まとめてお出しください。
買取の際に予約は必要ですか?
店頭買取の場合は営業時間内でしたら何時にご来店いただいてもすぐに査定致します。他にお客様が居て少々お待たせしてしまう場合もありますので予めご了承下さいませ。
出張買取は行っていますか?
はい。最短で当日のお伺いが可能な場合もありますし、お客様のご都合に合わせて日時を決定することも可能です。
店舗が非常に遠いのですが...
遠方にお住いの方には宅配買取をお勧めしております。お品物を送っていただき、到着次第すぐに査定に入ります。査定が終わりましたらご連絡を差し上げますので、金額にご納得いただけましたらお支払いとなります。
買取の際に必要なものはありますか?
買取が成立しましたら本人確認を行うために運転免許証や健康保険証などのご提示をお願いしております。
電話での問い合わせで査定額を出してもらうことは可能でしょうか?
おおよその査定額をお出しすることは可能かとは思いますが、状態などが非常に重要となってくるお品物によっては現物を見た際に査定額が大きく変動する場合もございますので予めご了承ください。
査定にはお金がかかりますか?
いいえ。店頭買取、出張買取、宅配買取のどいずれも査定は無料です。
査定額に納得がいかない場合はキャンセルは可能ですか?
はい。査定額が合わない場合はキャンセルすることが出来ます。その際のキャンセル料は一切かかりません。
ミュートなども取り扱っておりますか?
はい。演奏用から練習用までミュートも勿論買取させていただきます。
松脂や弦も買取していただけるのでしょうか?
はい。ヴァイオリン関連の消耗品も勿論買取致します。
ヴァイオリン奏者のDVDやCDなども買取の対象になりますか?
はい。DVDやCDは人気があるので勿論買取致します。
壊れてしまったヴァイオリンも買取していただけるのでしょうか?
お品物の状態にもよりますが、ジャンク品でも買取できるヴァイオリンはございますので、まずはお気軽に当店に査定の依頼をしてみてください。
買取の際は一点一点お値段を付けて頂けるのでしょうか?
一点一点お値段を付けられるお品物はしっかりとお値段を付けさせて頂きますが、一点ずつではお値段が付けづらいお品物に関してはまとめて査定額に上乗せさせて頂きます。
まだ売ろうか迷っているので査定のみお願いしたいのですが...
査定のみでもお気軽にお持ち込み・お問い合わせください。
査定はいつでもしていただけるのでしょうか?
定休日の水曜日を除く営業時間内でしたら基本的に何時でも査定いたします。
メーカーやモデル名が分からないヴァイオリンがあるのですが、そのようなものでも買取していただけるのでしょうか?
はい。当店にはあらゆるヴァイオリンに詳しいスタッフが常駐しておりますので、詳細が分からないヴァイオリンでもお客様に安心してお売りいただけます。
チェロやコントラバスも買取していただけますか?
はい。ヴァイオリンをはじめとするあらゆる弦楽器を取り扱っております。マンドリン、ハープ、ウッドベースなど是非当店にお売りください。
買取の対象とならないヴァイオリンはございますか?
基本的に買取出来るお品物ばかりではありますが、あまりにも状態の悪いお品物の場合は値段が付けづらい場合もございますので予めご了承ください。
ヴァイオリンをなるべく高く買取して頂く為には?
ヴァイオリンの状態が良いことは勿論ですが、ヴァイオリンケースや弓などをご一緒にお出しいただけると査定額のアップが期待できます。
宅配買取をお願いしたいのですが、どのようにすればいいのでしょうか?
当社から宅配キットを取り寄せるか、ご自身で梱包材をご用意されて宅配買取申込書に記入し、売却したい商品と同梱して発送してください。
宅配買取の際に必要なものはありますか?
売却したい商品と身分証明書となるもの(住民票・免許証・保険証のコピーなど)、お客様のお名前・ご住所・ご連絡先・お振込先の銀行と銀行口座のメモを同梱して発送してください。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

楽器買取事例

ヴァイオリンの教室で使っていたものですが、不要になったので買取をお願いしました[この記事を読む]

私はヴァイオリン講師をしており、先日まで小さなヴァイオリン教室も開いていました。一時期は生徒さんの人数も40人程いて、その頃はとても忙しくしていましたが、近年趣味の多様化ということも影響しているのでしょうか、ヴァイオリンを習いたいという人は減ってきたように感じます。クラシックにこだわったレッスンというのが時代にそぐわなかったのかも知れません、生徒さんが誰もいなくなったのを機会に、教室を閉鎖することに決めました。これからも個人的に講師の仕事や演奏は続けていきますが、教室で生徒さんに貸し出していたヴァイオリンは不要となるのでまとめて売りたいと思いました。長くお付き合いしていたヴァイオリン専門の楽器店も、1年程前にお店を閉めてしまったのでアテもなく困っていました。そんな時かつての生徒さんからTOP楽器買取屋さんを教えて頂き、ご相談させて頂くことにしました。売りたいヴァイオリンは5挺あり、ストラディバリウスだとかのいわゆる名器ではありませんが、どれも大切に弾き込まれ良い音色がするものばかりです。しかし中にはラベルの無いものもありましたので、やはり状態を見てみないと判断がつかないということで、査定に来ていただくことになりました。私も仕事柄ヴァイオリンには詳しいと自負しておりますが、査定内容は妥当なものだったと思います。納得の金額で売却することができました。遠いところまで来ていただいて有難うございました。大変お世話になりました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

ヴァイオリンについて

弦楽器は、弓や棒で弦をこする擦弦楽器、指や撥などで弦をはじく撥弦楽器、ハンマーなどで弦をたたく打弦楽器に大別できます。ヴァイオリンは馬の尻尾の毛を張った弓で弦をこする4弦の擦弦楽器です。左手でネックを持ち、ボディの下端を肩に載せ顎で支えて弾きます。そのため、身体の大きさに応じた7つのサイズがあります。標準は大人用のフルサイズで4/4と呼ばれ、子供用の3/4、1/2、1/4、1/8、1/10、1/16は分数ヴァイオリンと呼ばれています。

ヴァイオリンは、1550年頃に北イタリアのクレモナでアンドレア・アマティが作ったものが最初と言われています。400年以上経ってもほとんど形を変えていません。16世紀のアマティ、17-18世紀のストラディバリ、グァルネリの作品は三大名器として現代も高く評価されています。ストラディバリが作ったストラディバリウスと呼ばれるヴァイオリンは、当時1,200挺ほど作られ、現在600挺ほど存在するといわれていますが、一般に数千万円から数億円で取引されます。2011年のオークションにかけられた“レディ・ブラント”と呼ばれるモデルは、980万ポンド(当時のレートで12億7千万円)で落札されました。

現在、三大ヴァイオリン生産国といわれているのはイタリア・ドイツ・フランスです。中でも三大名器を生み出したイタリアのクレモナは今もヴァイオリンの聖地といわれ、80以上のヴァイオリン工房があり多くの名工が活躍しています。

ヴァイオリンは製作された年代によって3つに分けられます。三大名器が生み出された16世紀から18世紀末までをオールド、19世紀をモダン、戦後から現在をコンテンポラリーと呼びます。コンテンポラリーの最高峰と謳われている製作者は、ジオ・バッタ・モラッシとフランチェスコ・ビソロッティです。モラッシは1,000挺、ビソロッティは600挺のヴァイオリンを世に送り出しました。両氏は指導者としてクレモナで後進の育成にあたりつつ、現在も後継者と共にヴァイオリンを製作しています。

ヴァイオリンは19世紀末から大量生産もされるようになりました。フランスのミルクールで作られたヴァイオリンは当時の植民地に輸出されました。戦後はドイツやチェコでも量産が始まり、日本や中国も参入しました。日本では、鈴木ヴァイオリンが先駆者で、現在も日本を代表するメーカーです。

ヴァイオリンを奏でるのに重要なのが弓です。18世紀にフランスのフランソワ・トルテが作った弓は、“弓のストラディバリウス”と呼ばれ、二千万円を超えるものもあります。現在5,000本ほど存在するといわれています。

よくあるお問い合わせ

買取に関するご質問はありませんか?
気になる質問をタップしてください。