札幌TOP楽器屋さんはホルンの買取を行っています。

ホルンの買取は楽器買取専門TOP楽器屋さんへお任せください。

ホルン高価買取

不要なホルンはぜひお売りください

査定無料・お電話にて簡単見積もり

北海道エリア 店頭買取

楽器買取専門店 札幌TOP楽器買取屋さん白石本店
札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16
  • 札幌中の島営業所

札幌のTOP楽器屋さんはホルンを買取中。

買取事例

札幌市南区でホルンの買取

店頭買取

札幌市南区のお客様からホルンを買取させていただきました。

札幌市清田区でホルンの買取

店頭買取

札幌市清田区のお客様からホルンを買取させていただきました。

北海道北見市でホルンの買取

出張買取

北海道北見市のお客様からホルンを買取させていただきました。

北海道網走市でホルンの買取

宅配買取

北海道網走市のお客様からホルンを買取させていただきました。

札幌のホルン買取は札幌TOP楽器屋さんにお任せ下さい。

札幌では店頭買取・出張買取でお客様の大事な楽器の高価買取します。 札幌本店は札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16に実店舗があり、ありとあらゆる楽器の買取を行っています。 当店の特徴としては店長が元バンドマン、査定スタッフも元楽器愛好者とあって札幌の音楽事情に強いということが強みになります。 こちらの店舗では簡単な楽器の調整や楽器選びの相談も行っていますので冷やかしだけでも大歓迎です。 楽器の好きな方のための店舗になりますのでご気軽にご来店ください。電話やメールでの簡単見積もりも可能です。 札幌本店は駐車場二台完備、地下鉄東札幌駅から徒歩五分の好立地なので店頭買取もお任せ下さい。 お客様のご自宅に不要になったトランペットやサックス、フルート、クラリネット、ハーモニカやホルンなどございませんか? 管楽器はヤマハやバック、ゲッツェンやセルマー、クランポンだけでなく、アマティやキャノンボール、キングなどの買取も行っております。 また、楽器本体だけでなく、マウスピースや教則本、DVDなどもお売りいただけますので、お気軽にご相談ください。

〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16 (札幌白石本店) TEL:011-598-6949

北海道のホルン情報

RISE音楽院

札幌を中心に北海道に7つほど教室を持つ音楽院
月謝10,000円 の月2回60分でトロンボーン・ホルン・ユーフォニアムコースが用意されています。

取り扱い アイテム一覧

ホルン
ピアノetc

札幌市豊平区月寒中央通6丁目3-35アーバンハイツ月寒1階

Tel: 011-859-5638

当店では、このようなお客様からの買取をお待ちしております。

部活動で使っていましたが、進学してから使わず、売ることに決めました。

私は中学、高校の6年間、吹奏楽部でホルンを吹いていましたが、大学に進学してからはホルンを続けることはなくずっと実家に置きっぱなしにしていました。今度結婚してもう実家に戻ることはないだろうということで、自分の荷物を出来るだけ整理しようと思い、このホルンも手放すことに決めました。中学生当時、両親に頼み込んで買ってもらった思い出深いものではありますが、誰にも吹いてもらえずに仕舞われているよりは、必要な人に吹いてもらえる方がホルンも喜ぶだろうと思いました。TOP楽器買取屋さんは始めて利用したのですが、査定してくださった方の対応は感じが良かったし、とてもスムーズに買取してもらえました。買取の価格も良くて良心的な買取業者さんだと思います。どうもありがとうございました。

石狩市にお住まいのお客様から、店頭買取でホルンを買取させて頂きました。この度はTOP楽器買取屋さんをご利用いただき誠に有難うございます。ホルンといえば、一般的にはフレンチホルンをさしますが、実はホルンとつく楽器はいろいろあります。フレンチホルンにはシングルホルン、ダブルホルン、トリプルホルンとあり、それぞれに出せる音域が異なります。通称カタツムリと呼ばれるその形、華やかで柔らかい音が魅力的な楽器です。吹奏楽やオーケストラではメロディーを担当することも多い花形パートでもあるのでとても人気があります。今回買取させて頂きましたのは、安定した品質に定評があるヤマハ製のダブルホルンです。長い間使っていなかったとのことでしたが、状態は良く、仕舞い込んでいた金管楽器にありがちな、サビ、抜差管が抜けないトラブル、レバーやピストンなどの動作不良も見られませんでした。おそらく毎回のお手入れが十分に施されていたのだと思われました。買取をする際の楽器の状態は、メーカーやモデル以上に重要なポイントです。ある程度破損、汚れ等があっても、修理メンテナンスを施して売ることが出きるので、買取はもちろん可能ですが、その分買取価格は当然下がってしまいます。使わなくなった場合でもお手入れは定期的に続けておくことをおすすめします。もう使わないということであれば、演奏に支障の無い内に査定に出されるのも良いでしょう。TOP楽器買取屋さんでは全てのタイプのホルンを取り扱っております。まずはお気軽にお電話かメールでご相談下さい。

札幌TOP楽器屋さんについて

札幌楽器買取屋さんが札幌に上陸したのは2015年9月とまだまだ短いですが、今までに沢山の常連さんやバンドマンに支えられて営業している店舗になります。 買取できる楽器はギターやドラムと言った定番の楽器だけでなくオーケストラや吹奏楽の楽器まで買取出来ます。 使っていない楽器がある方や楽器を買い替えしたい方はぜひ楽器の査定だけでも楽器買取屋さんのサービスを体験してください。 札幌にある他の楽器屋さんより買取金額が高いのはもちろんの事、お客様に安心して貰えるように駆け引きなしの金額で対応させていただきます。 また当店では楽器の買取金額に自信がある為電話でも金額の確認が出来ます。 まずは御電話下さい。

TOP買取専門店店舗一覧

買取専門店

北海道

札幌で楽器の買取
札幌本店楽器の買取

定休日:水曜日 AM 10:00-PM 20:00

札幌市白石区東札幌2条4丁目3-16

営業所

センター

札幌で楽器の買取
札幌センター

こちらでは店頭買取業務は行っておりません

札幌市内全域出張買取可能

お申し込み・相談のお問い合わせ

楽器の買取

TOP楽器買取屋さんではあなたの楽器を高額査定で買取します。お電話での無料査定も承っております。 お電話では商品名と状態をお伝えいただければ、簡易査定も可能です。 楽器を売りたいと思ったら、TOP楽器買取屋さんへご連絡をください。

選べる3つの買取方法

楽器買取事例

部活動で使っていましたが、進学してから使わず、売ることに決めました。[この記事を読む]

私は中学、高校の6年間、吹奏楽部でホルンを吹いていましたが、大学に進学してからはホルンを続けることはなくずっと実家に置きっぱなしにしていました。今度結婚してもう実家に戻ることはないだろうということで、自分の荷物を出来るだけ整理しようと思い、このホルンも手放すことに決めました。中学生当時、両親に頼み込んで買ってもらった思い出深いものではありますが、誰にも吹いてもらえずに仕舞われているよりは、必要な人に吹いてもらえる方がホルンも喜ぶだろうと思いました。TOP楽器買取屋さんは始めて利用したのですが、査定してくださった方の対応は感じが良かったし、とてもスムーズに買取してもらえました。買取の価格も良くて良心的な買取業者さんだと思います。どうもありがとうございました。

ご依頼の前の確認事項

  • ご依頼前に商品の型番を調べましょう。
  • ご依頼点数が複数あると査定額がUPします。
  • 商品の箱や付属品、清掃をしていただくと高価買取。
  • 身分証明書をご用意ください。
  • 20歳未満の方は取引対象外となっております。

ホルンについて

ホルンは金管楽器です。内部が空洞になっている管に息を吹き込んで鳴らす管楽器は、金管楽器と木管楽器とに大別されます。金管楽器は英語ではBrass(真鍮)といい金属製の管楽器と捉えられがちですが、木管楽器にも金属製のものがあるように、素材ではなく、音の出し方によって分けられています。木管楽器と金管楽器は材質によって分けられるのではなく、唇の振動によって鳴らすものが金管楽器、唇以外のリードなどを震わせて鳴らすのが木管楽器です。

ホルン(Horn)は動物の角を指す言葉です。馬に乗って狩りに出かけた時、後ろにいる人たちに合図を送るために使いました。後ろによく聞こえるようにラッパを後ろ向きにして吹いた名残が、現在のホルンの形に表れています。やがて吹き口やベル部分が金属で補強され装飾が施されて騎士や貴族の狩りの道具となり、馬上で肩や首に掛けておけるように管が巻かれていきました。昔のホルンの内側が黒いのは、狩りの時にホルンに反射した光で馬が驚かないようにしたためです。

管が巻かれたことでトランペットのような華やかな音が出るようになり、楽器としても吹かれるようになりました。オペラやバレエの狩りの場面でも使われるようになり、オーケストラでも使われるようになりました。当初のホルンは音程を変えることができなかったため、オーケストラでは音程の異なる何本かのホルンを使いました。18世紀にベル部分を手で塞いで音程を変える奏法が考案され、19世紀にヴァルヴ・システムで音程を変えることができるようになって、現在のカタツムリのような形に至りました。

メーカーはALEXANDER(アレキサンダー)、Hans Hoyer(ハンスホイヤー)、HOLTON(ホルトン)が有名です。アレキサンダー(Alexander)は、1782年に設立されたドイツのメーカーです。アレキサンダーを知らないホルン吹きはいない、と言われる創業225年の名門です。ハンスホイヤーは、旧東ドイツの国営工場のブランドで、ハンス・ホイヤーは製造部門長の名前です。ドイツ再統一後に大手管楽器メーカーB&Sの傘下に入りました。ホルトンは、トロンボーン奏者フランク・ホルトンが1898年にアメリカに設立したメーカーです。現在はスタインウェイ・ミュージカル・インスツルメンツ傘下のブランドです。日本ではヤマハが有名です。

札幌楽器買取